カルロス・J・ゴメズ

PEOPLE

今月のシフトカバーをデザインしたのは、「med44」名義で活動する、カルロス・J・ゴメズ。彼は、ウェブでの作品制作や、インスタレーション作品など、様々なメディアを使って、作品とそれを鑑賞するものの様々な関わり方を模索し続ける。

この数年間に渡り、色々な展開を見せている彼のプロジェクトについてカルロスに話を聞いた。

Carlos Javier Gómez

はじめに、自己紹介をお願いします。

本名は、カルロス・ジャヴィエール・ゴメズ・ドゥ・ラレーナ・フィゲレードといい、これよりまだ続く長い名前です。ベネズエラのカラカスで生まれ、ここ8年間はニューヨークに住んでいます。


メディア・アーキテクトとして活動していますが、この言葉は、私の活動や興味のある分野をほぼ言い表していると思うので、そう呼んでいます。もともとは建築の分野にいましたが、テレビ局などの放送局やデジタル広告、インタラクションデザイン、クリエイティブディレクションなどの分野で働いていました。

ウェブや映像、インスタレーション、ゲームなど、様々なメディアを使って作品を作っていますね。代表作を紹介してください。

建築学校に在籍していたころから、ニューメディアを使った制作を始めました。その時は、映像、建築やビデオ・アートなどそれぞれの分野が重なるものに興味を持っていて、それが私の卒業論文の題材になりました。1997年に自分の出身の都市に関するビデオモザイクを作ることを考え始め、鑑賞者を取り込むアート・インスタレーション作品として、美術館に提案しました。その結果が「ヴィジョナリーCCS」という作品で、3ヶ月かけて撮影し、制作はすべて自ら行いました。

Carlos Javier Gómez
Videopsychosis (video / animation, 1998)

その後は、アニメーション、作曲、サウンドデザイン、VJセットのためのループ映像作りなどに取り組みました。ビデオゲームや撮影した映像を使って2Dアニメーションのミックスなどのパフォーマンスをレイブなどで始めました。当時自分が影響を受けていた有名な視覚文化の理論家の引用文と共に、このようなループ映像を同時に流す、「ビデオサイコシス」という短編映像を制作しました。

Carlos Javier Gómez
Parallel Space (video, 2001)

2000年にニューヨークに移り、ニューヨーク大学のインタラクティブ・テレコミュニケーションズ・プログラム(ITP)で学びました。その時学んでいたインタラクティブ技術と、私が今まで培ってきたものと、どのように組み合わせることができ、そこから発展していくのかに興味を持っていました。ウィリアム・J・ミッチェルの著書で、技術やテレコミュニケーションやアーバニズムについて読んだり、当時講師の一人だったアンソニー・タウンゼントが行っていた研究によって、将来は、ユビキタスコンピューティングも建築家の道具になるだろうということに気づかされました。これにより、建築物で構成された環境や社会的関係における私たちの捉え方が変わる空間を創りだすことや、そのようなデザインが可能になるのです。その時に、これを「メディアアーキテクチャー」と考え、データによって構築されている都会的インターフェイスや建築物などを想定した、「パラレルスペース」というビデオ作品を制作しました。

Carlos Javier Gómez
Swipe Wall (installation prototype, 2002)

修士課程での残りの学生生活は、これらのアイディアを実際の場所で試みることに集中し、「スワイプ・ウォール」など、メディアアーキテクチャーの試作品をいくつか制作しました。スワイプウォールは、地下鉄のホールで、地下鉄を利用する人たちが、壁に設置された立体物にある溝にメトロカードを通すことにより、自然と音楽を作りだすことができるというインスタレーションです。「ベクトリアル・サウンドスケープ」や「スコープ」では、地下鉄の駅、ロビー、美術館の反対側の道などの公の場に対する一般的捉え方にチャレンジするものです。ITPでは、建築の学校では学ぶ事ができなかったグループで共に活動することの大切さを学び、その後の自分のキャリアで色々な分野に渡ったコラボレーションをするきっかけとなったプロジェクトに、関わることができました。

Carlos Javier Gómez
Node Runner (wireless urban game, 2002)

修士課程を終える際に、アートのワークショップのため、ワイヤレス・インタラクションに関する屋外の都市規模プロジェクトを制作する機会がありました。2002年当時、ニューヨークに次々と設置されていた、新しいWi-Fiホットスポットを利用したゲームを制作するというのが案でした。ワークショップの主催は、アイビームとNYCワイヤレスで、同じくワイヤレス、都市、ゲームデザインに興味があり、以前一緒に仕事をした事もあるユーリ・ギットマンと、このプロジェクトのため手を組みました。そこでできたのが、「ノード・ランナー」で、2時間ごとに1番のホットスポットと繋がるというレースを2組に分かれて行うというゲームです。チームメンバーは、出発地点から終点までレースを行う間に、ホットスポットがある場所の写真を証拠としてブログに掲載しなければならないというもの。

同じ年に、私はR/GAで働き始め、ナイキ・ラボというナイキの新しいプロジェクトに関わっていました。私が始めた時は計画の段階でしたが、その後会社がそのプロジェクトを勝ち取り、私は2002年から2004年に発表された、異なる4種類のナイキ・ラボのインタラクションデザインをする事となったのです。

Carlos Javier Gómez
Urballoon (wireless installation & website, 2003)

2003年には、これもまたアイビームでのレジデンシープログラムの一環として、「アーバルーン」の制作に取りかかりました。3メートルもの大きなヘリウム風船に、ビデオプロジェクターとWiFiノートパソコンが取り付けられたものが、このアーバン・アートインスタレーションです。このプロジェクトでは、人々がサイトに掲載した画像やテキストが、公園や広場、屋内のギャラリーなどの公共の場所に風船から映し出されました。このプロジェクトは、私が今まで関わった中でも一番長いプロジェクトで、最終的には、友人のデイビット・イェーツと共に技術面を克服しました。

Carlos Javier Gómez
Double Cute Battle Mode (VJ game / performance, 2004)

2004年には、妻であるアヤ・カルピンスカと共に、ニューヨークのギャラリー・イベントのため、イベントのプロジェクト案を出す機会が与えられました。そこで出した案は、「ダブル・キュート・バトル・モード」という、2人ペアになって対戦するVJバトルゲームでした。プレイステーションのリモコンを使って、二人のVJが3Dの層になっているテキストと画像を回転させることにより、ビジュアル・ジャムセッションを行う事ができるというものです。

Carlos Javier Gómez
Operation 6453 (mobile urban game, 2004)

オペレーション6453」という、もうひとつのナイキのアーバンゲームデザインプロジェクトにも取り組みました。これは、オリジナルの数字コードがついたポスターを探すため、町中を放浪するというものです。これらのコードは、携帯でサイトにメールすることでポイントを獲得することができ、グラフィティーアーティスト、スタッシュによる限定デザインモデルの予約をする権利が与えられます。プレイヤーのランキングが載っているサイトもあり、そこには、既に知られたポスターの場所が、4日間のゲームの開催中に知らされます。

Carlos Javier Gómez
Mobile City Maps & Guides (mobile advertising campaign 2006)

ノキアがR/GAのクライアントになったのは2005年で、Nシリーズのデジタルマーケティングのためのインタラクションデザインや、コンセプト作りに関わることになりました。ロンドンの地下鉄の駅でブルートゥースを使って携帯端末にマップを送る事ができるというモバイル広告キャンペーンのプロジェクトなどがありました。それぞれのマップは、各駅から1キロ圏内の範囲を含み、バーやレストラン、店など、スーパーフューチャーのスタッフがおすすめする場所なども載っています。

Carlos Javier Gómez
Fulton Fence (outdoor installation & website, 2007)

2007年には、ベネズエラ人の友人であるキャロリーナ・シスネロスやマテオ・ピントと共に「フルトン・フェンス」という作品に取りかかりました。ニューヨークの工事現場のフェンスをボーダーで埋め尽くすアートインスタレーションで、現在も設置されています。路上の工事現場で雑然として見える都会的地域を改善させるというコミッションでした。しかし、QRコードやコンピューターを使って携帯からアクセスし、実際のインスタレーションとオンラインの「フェンス」をつなげるメディアアーキテクチャー的な案を使いました。サイトは代わるがわるに実際のフェンスを映し出し、情報を発信するもの、集約するものとしての工事現場の概念を模索するものです。

Carlos Javier Gómez
MetropoliPhone (mobile site, 2008)

今年、特にiPhone向けに、携帯端末用のサービスとしてのプロジェクトを発表しました。「メトロポリフォーン」は、世界中の都市の地下鉄マップがいつも載っているシンプルで無料のサービスです。iPhoneのズームやパニングを利用して、マップを使い勝手良く使用する事ができます。今後は、バスマップなどもサイトに追加する予定です。

使い勝手がいいものや、携帯電話のためのインタラクションデザインなど、日々の生活に関わる作品が多いですが、このようなプロジェクトを考えだす時は、どのようなものから発想を得ていますか?

想像できないようなパターンで、不明瞭なネットワークをつなげることにより、アイディアを生み出します。普通の生活で、自分がしたり、読んだり、聞いたりすることで、発想を得る事もあります。私にとって最も発想を刺激するものとは、ニューヨークのような都会に住む事で、エネルギーをもらったり、視覚的発想が得られるという点では、通りを歩くという行為だけでも素晴らしいものがあります。道で見つけたもののディテールなどや、人々がどのように都会的環境を利用しているかなど、写真に収めたりします。

例えば、電話で地下鉄マップを見るというアイディアは、ニューヨークでは地下鉄の中で多くの人が上を見上げ、マップを見ていることに気づいたことから始まりました。これは、マップの目の前に立っている人や、席に着いているひとがマップをみようとするときに、(体を曲げて見なければいけないため)大変邪魔だということに気がつきました。2005年からは、私はニューヨークの地下鉄JPEGマップをブルートゥースで携帯に飛ばしているので、いつでも見る事ができます。

このような計画は、人やブログ、ビジネスがどのようにネット上で行われているかを見る事でこのようなアイディアに補足できるのですが、最近はそんなに行っていません。

ビデオゲームをよくするのですが、とても入り込みやすく、インタラクティブな体験ができるので、とても発想を刺激すると思います。

と言うように、特別決まったやり方はありませんが、技術的になりすぎず中身のある、より賢くシンプルなアイディアを好みます。

ノートとペンを常に持ち歩き、いつでもアイディアが浮かんだ時は書き込みます。

建築を勉強したそうですが、どうしてインタラクティブ・メディアの道をたどる事になったのでしょうか?

私は、1993年から1998年までベネズエラ中央大学で勉強しました。しかし、先にも述べたように、この期間ではすでに、VJセットやウェブデザインをしながら、デジタルビデオやアニメーション制作に関わっていました。建築の学士号が与えられた後、ニューヨークに住んで映像制作を勉強したかったのですが、その年は、叶いませんでした。1999年にこの街に来て、学校の面接を受けたのですが、そのプログラムの印象はあまり良くありませんでした。その時の滞在期間中に、幸運な事に、ITPですごく変わった楽しそうなことをしていることを知り、そこで、映像の学校よりもデジタルメディアに開放的なマルチな分野の環境で学びたかったので、ニューメディアを勉強することにしました。

この決定は自分の人生を変えましたが、本当によかったと思っています。

今までパブリックアートを手がけてきた中で、一番印象的な反応はどんなものでしたか?

プレスや知名度の点では、ノードランナープロジェクトが一番好評でした。2003年に、アルスエレクトロニカでゴールデン・ニカ賞を獲得し、その後はすごくメディアに取り上げられました。

使用している人たちの反応という点では、アーバルーンには、地球規模で多くの人たちが関わりました。2004年の最初のフライトでは、開始発表から1週間で世界中から1000件もの画像やテキストが送られてきました。その時は、内容的に不適切なものが送られてこないか心配でしたが、驚く事に、削除しなければいけなかったのはたった3点のみでした。

今後、インタラクティブメディアと社会の変化の関係はどうなると思いますか?

社会がインタラクティブメディアと急激に関わることとなる、というのが、私の経験から考える推測です。コンピューター技術が普及する勢いが着実にあり、これは私たちの日常を変えることとなるでしょう。

地球温暖化や情報過多、プライバシーの問題など、考えなければいけないことや解決するために試みなければいけないことがたくさんありますが、マルチ分野に渡るデザインがこれらの問題を解決してくれるのに役立つと思っています。

しかし、それに必ずしも満足しているというわけではなく、現在のビジネスのあり方や消費の仕方では、維持し続けることはできません。消費者は、この地球に長く住みたいのであれば、自らの姿勢を変えることが必要です。

とは言うものの、この変化に何らかの役割を果たせることができるので、インタラクションデザイナーにとって良い将来に思います。

今月のシフトカバーのコンセプトについて教えてください。

最近ずっとアニメーションを作った事がなかったので、原点に戻りたいと思いました。VJセットではよく1秒2秒のものをループで流しましたが、抽象的な幾何学模様や色で遊びました。シフトというテーマで考えると、2つのアイディアが浮かびました。ひとつは、移動の動きで、もうひとつは、色の変化という考えです。これらのアイディアをアニメーションで結びつけ、シフトという言葉を表示し、動きが何重にもなる色でデザインすることにしました。

あなたの家族、もしくはあなた自身がベネズエラのカラカス出身と伺いましたが、ベネズエラやカラカスとはどんなところですか?クリエイティビティーという点において、ベネズエラのどのようなところがあなたに影響がありますか?

ベネズエラは、私の出身です。まだ家族のほとんどがそこに住んでいます。ベネズエラはとても天気がよく、緑がどこでもたくさんあり、一年中暖かい春のような天気であることが、一番恋しく思うところです。景色は変わり、ターコイズブルーのカリビアン海のビーチのすぐ隣には、雪がつもっている山々が連なります。現在の大統領が人々の暮らしを分けてしまっていますが、普段は幸せにくらしている人々がほとんどです。

私は、ベネズエラの太陽と、景色、その色にとても影響を受けています。そして、アルマンド・レヴェロン、ヘスス・ソト、カルロス・クルーズ=ディエズ、などの地元出身の有名ネイティブアーティスト、そして、私の母校をデザインした建築家のカルロス・ラウル・ビラヌエバにも影響を受けています。

これからのプロジェクトについて教えてください。

これからは、都市、環境、携帯端末としてや埋め込んで使用するコンピューターなどに関するプロジェクトにもっと関わっていきたいです。マイクロコントローラーやセンサーに繋がれたサイトで、WiFiサーバーを使用するアーバンインスタレーションのためのアイディアもいくつかあります。

もう一つ現在やってみたいアートプロジェクトは、とても大きな、ひとつの都市くらいの規模のもので、技術はあまり必要ありませんが、制作するにはお金も時間もかかりそうです。

アーバニズムや建築、インテリアデザイン、お店やイベントなどの分野でクライアントのためにデザインの仕事をしたいです。ですが、今のところお願いされているのは、携帯端末でのプロジェクトがほとんどです。

日本でもいつかプロジェクトをやってみたいですね。これで、今まで関わってきた場所に実際に行く事ができます。

そして、パートナーと共に、自分自身のスタジオを持ちたいです。

カルロス・ジャヴィエール・ゴメズ
住所:17 w 54 st, Apt 8-d, New York, NY 10019
Tel:+1.212.765.4364
http://www.med44.com

Text: Kyoko Tachibana

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE