デイドリーム・ネイション

PEOPLE

兄弟や姉妹、ファッションと演劇、小説と記憶、キャットウォークと物語、声と静寂、現実と想像、夢と白昼夢、そして喪失と発見の間にあるような私達の興味をそそらずにいられないコラボレーション、それが「デイドリーム・ネイション」である。

考えてみよう、それは私達がこれから向かっていくものではないだろうか?なぜ私達は幾度も幾度も気づかされているのだろう?私達自身、十分に順応させていないのだろうか?自身を否定しすぎてはいないだろうか?何かに変えられてはまた、再び何かに変化しているのだろうか? 私達は… 私達は… 

いや、もしかして、おそらくこれがケイとジンの二人が成し遂げたいものではないだろうか?古いクローゼットから僕らを連れ出し…。何にもとらわれずに考える。自由に発言する。自分自身でいることにインスパイアされる。そして、彼らの作品に浸るのだ。

今シーズン「Good Morning, I’m Sleeping is Spring/Summer 2008」の背景を聞かせてください。


ある朝、シーツに穴が開いているのを見つけたことから、このコンセプトが浮かびました。捨てる前に、よく子供がやるようなヒーローの格好のようにシーツを肩にかけてみたんです。そして同じシーツでも違う扱い方によって、こんなにも美しい装飾ができることを発見したのです。ケイにその写真を送ったところ、彼女はこれがシーズンのテーマになると確信してくれました。そして仕事にいくためのコーヒーカップと目覚まし時計のような辛い現実から逃れ、主人公がベッドで夢を永遠に見続けるようなストーリーをまとめはじめました。ここでいう「Dreaming」とは、人生における個人の信念と向上心のメタファーであり、そして何か起ころうと動じないでいられることを表現しています。

2008年の秋冬コレクションに向けてのプランを教えてください。

秋冬のコレクションは、春夏のコレクションとはとても対象的です。「Good Night Deer」というテーマで、不吉な予感がするようなダークなイメージです。「Good Night Deer」では、自身が殺した鹿に呪われているハンターについての物語で、最後には彼が鹿に変わってしまい、逆に捕らわれる身になってしまうというストーリー。今シーズンは特に物語の要素を強く打ち出していて、洋服とアクセサリーもストーリーのいろいろな部分に強く結びついています。例えば、首に突き刺さるような形のアクセサリーなど。もちろん本物ではないので安心を。

なぜ「デイドリーム・ネイション」とつけたのですか?何か背景があるのでしょうか?

恐らくソニック・ユースのファンなら誰でも知っていると思うけれど、これは彼らの最高のアルバムのひとつのタイトルと同じなのです。しかし実際のところは私の大好きな監督、フェリム・マクダーモットがこうコメントしたことがありました。『社会は空想家に対して確実に差別意識がある』と。この言葉が頭から離れませんでした。ロンドンから香港に戻ってきて、ケイと僕はさらにそのことを強く感じています。少しでも主流から外れ、普通じゃなく振舞えば君は人々から変な目で見られ悪い批評を受けるでしょう。私達は、デイドリーム・ネイションを通して馬鹿げた考えを持った人々が境界線なく共感できるような、安全な天国のような場所を作れたらいいと思っています。そしてその馬鹿げた行動から想像力が生まれ、いつの日か社会がその想像力の重要性を尊重できればいいなと。

発展性の点において、物語とデザインのどちらが先にくるのでしょう?

私達には特に決まった方法はありません。先ほど言ったように、春夏のテーマはシーツの穴からきたものです。今シーズンの「Good Night Deer」は僕が恐ろしい物語を作り上げ、その絵からインスパイアされたものです。傾向としては、実際服を作る前にコンセプトやストーリーが最初にくることがきっと多いと思います。かといって逆の順番にならないというわけではないですが。ある午後に、もしコーヒーを服の飾りなどにこぼしてしまったとしたら、それを意図的にこぼしたように見せるようもっとこぼしてしまいたくなると思います。こういうようなことからコンセプトは生まれていくのです。そしてそこからはどこへでも自由に進むことができるんです。

その下側には依存が隠れていたりはしないのですか?変わりやすいものにこそ、それ自身の抑制の中での独立ができるのでしょうか。その二つの間には何か逆の魅力や矛盾があるのでしょうか?

ストーリー性とデザインの事についてですか?ああ、その間には確実に奇妙なテンションがあると思います。時に、ストーリーなしでは服が成り立たなかったり、逆にストーリーが成り立つために服が助けてくれたり…ということがあって。それは男と女のようで、おおざっぱに言うと恋人間のテンションのよう。愛が先かセックスが先か?愛が先という人々もいれば、その逆の人々もいる…。

演劇とファッションを愛する人々に常にメッセージを発信していますか?それとも単に彼らの感覚を刺激することが大事なのでしょうか?

メッセージは常にデザインの鍵となっています。演劇とファッションを跨ぐことでさらに幅広いオーディエンスにメッセージを広げることができると信じています。ファッションはいつも表面的な印象を与えがちですが、それだけではないということを伝えたいんです。

デイドリーム・ネイション

インスピレーション自体は抽象的なものです。どのようにして発展と並行させていけることができるのでしょうか。何か不安や衰えなど感じることはありますか?

面白いことに私達には問題が起こったことが一度もないんです。インスピレーションは思うよりも抽象的ではないのです。アーティストやデザイナーが常に好奇心を持ち、オープンで子供のような無邪気でまわりの物事に興味を持っていれば、世界はいつも新鮮で驚きに溢れています。少し生きる速度を落とし、「心から」注意深く物事を見つめるとインスピレーションは永遠に無くなることはないのです。しかし、アイディアがありすぎる事も、焦点がそらされたり、自身が残酷になったり、しまいにはそれらをゴミ箱に捨てなければいけなくなったりと問題にもなりえます。

もしもその日がきたらどうしますか?

本を読む、写真を撮る、絵を描く、物を書く。インスピレーションがくるのを待つ以外のことは何でもやりますね。そうなったらインスピレーションは決してこないと思うので。

もし、デイドリーム・ネイションが民族衣装をデザイン、もしくは再デザインするとしたらどのようなものを選びますか?その理由も教えてください。

デイドリーム・ネイションの民族衣装ですか…。それはきっとDIYになるでしょうね。みんながそれぞれの服をカスタマイズしたり、少しばかり混沌としているかもしれないけれどすごく楽しそう!皆が同じに見えるような、フォーマルなものには確実にならないでしょう。

今日、人々はどのようなことについて空想していると思いますか?

世界で起こっている全ての戦争の終わりを夢見ているでしょう…でも馬鹿な政治家は何も理解ってはいません。そして彼らは新鮮な空気を吸うことも夢見るでしょう、マクドナルド以外の何かおいしいものを思いっきりほおばることもね。

どのようにデイドリーム・ネイションは人々に記憶されていたいですか?

年齢、時代、人種は関係なくみんなが常に楽しんでいて、普通見逃してしまうような人生のディテールに喜びを見出せるようなイメージかな。

お互いを表す色を選び、その理由も教えてください。

ケイはジンに赤を。なぜなら彼は情熱的だから。
ジンはケイに紫を。ケイには赤と青の両方の面があり、理性を失ったような衝動的な部分とクールで落ち着いた部分があるので。

読者に何か絵を描いていただけますか?

デイドリーム・ネイション

最後に読者にメッセージをお願いします。

何が何でも、夢を見続けること!あなたは一人ではないのだから。

Daydream Nation
住所(UK):The Old Curiousity Shop 13-14 Portsmouth St, London WC2A 2ES, UK
住所(香港):1035 Yee Kuk West Street, Kowloon, Hong Kong
TEL: +44-(0)7909553361(UK)/ +852-3741-0758(香港)
info@daydream-nation.co.uk
www.daydream-nation.co.uk

Text: Waiming from Unit9
Translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE