SHIFT 2008 カレンダー

THINGS

フレッシュなクリエイター発掘を目的に、オンラインマガジン「SHIFT」の企画で2003年より毎年行われている「SHIFTカレンダーコンペティション」。本コンペティションの応募総数は回を重ねるごとに増え、5回目の開催となる今年は、世界45ケ国から1793作品が集まった。そこから選び抜かれた12作品がそれぞれの月を飾る、小さなアートブックのようなカレンダーとなって誕生する。

さらにそれらの作品は、三菱製紙株式会社の運営するグラフィックス作品プリントアウトセンター「PRINT’EM」の協賛により、「PRINT’EM」ウェブサイトでも1年間展示され、お気に入りのビジュアルは大判ポスターとして購入することができる。

また、2007年12月には、札幌のギャラリーカフェ「SOSO」で、PRINT’EMによりA0サイズにプリントされた珠玉の作品たちが展示される展覧会も行われる。

選ばれた12作品は以下の通り。作者のコメントと作品解説と共に、作品の数々をご覧下さい。

SHIFT 2008 カレンダー

森 美菜子 (日本)

1985年生まれ。2007年より、墨田区にあるアトリエ(LIBERATED±)を拠点としアート活動を始める。
主にグラフィックでの作品を中心としているが、独自の可能性の幅を広げるため、ドローイング、コラージュ、写真、等にも力をいれている。

作品解説:小さい頃からキャンプによくいってました。その時から『カラフルなテントが欲しい』と思っていました。たった今、自分のなかでその夢が叶いました。

SHIFT 2008 カレンダー

きたざわけんじ (日本)

1971年長野県上田市生まれ、現在横浜市在住。イラストレーター。1993年武蔵野美術大学短期学部デザイン科空間演出デザイン専攻卒業。2007年、HB FILE コンペ副田高行特別賞、ユニクロ・クリエイティブアワード2007森山大道賞、第28回グラフィックアート「ひとつぼ展」入選、第152回ザ・チョイス入選、第1回、第2回イラストノート展入選、TOKYO illustration 2007入選など。

作品解説:「象工場の跡地」昔ここには象工場がありました。今は飛行機工場になっています。今も昔も変わらずに心地よい風が吹き抜けています。

SHIFT 2008 カレンダー

アンドレイ・バーディン (ロシア)

1979年ウクライナ生まれ。彼は現在モスクワを拠点にデザイナー、作家、クリエイター、発明家として活動しており、彼の特性は左利きであること。アンドレイはエアボーン・トゥループス・ミリタリースクールで学び、過去7年間で、店の店員からクリエイティブデザイナーの仕事にいたるまで、20もの職に着いた。2005年より彼は、「ゼロ−ワン」という会社の最高経営責任者を務める。

作品解説:この作品では、自分が描く女性の性質、表面的でありながら内面的で、わかりやすいようで秘密があり、体と心がある、そんなことを表現することに努めました。ぼやけた形や輪郭で表すことによりこれらの性質が表現できているのではないかと思っています。

SHIFT 2008 カレンダー

ゲディミナス・シャウリス (リトアニア)

ゲディミナスはアーティスト一家に生まれ、幼いときからものを作ることに熱心だった。鉛筆やペンで何枚もスケッチを描いていたのが始まりで、彼はデザインの修士予備過程を修了している。色々なデザイン事務所で働いた後、デンマークでグラフィックデザインとイラストレーションを学んだ。2005年にはアンドリアス・キルヴェラと共にペットパンク・スタジオを設立しました。現在はリトアニアの首都ビリニュスに在住。

作品解説:「バランディス」という名前は、リトアニアの暦で4月のことで、「鳩」という意味もある。この作品はシフトカレンダーのために特別に作った作品。文字がグラフィックの要素と混ざり合い、その本来の目的を解き放つ。
このイラストレーションは「バランディス」というタイトルを反映していないが、ひと月の飾りとしての作品。

SHIFT 2008 カレンダー

長尾 洋 (日本)

愛知県在住。アーティスト、グラフィックデザイナー。作品制作活動だけでなく、プリント、CI、ウェアなどのデザインも手掛ける。自身のアートワークを扱ったオリジナルライン「Yogurt」を主宰。ジャンルやカルチャーに縛られないよう、できるだけニュートラルなスタンスでの作品づくりを心がけてます。トリエンナーレトヤマ2006入選、ユニクロクリエイティブアワード2005トップセレクションなど。

作品解説:とある日、公園で子供達と一緒に遊んで過ごした楽しい時間。そのとき感じた空気感や温度感の様なものを、実際に撮っておいた写真と”カレンダー”というキーワードを絡めて表現しました。

SHIFT 2008 カレンダー

イゴール・ツィマーマン (スウェーデン)

心からの映像作家で、普段はとても好奇心旺盛。イゴールは、砂浜で光る石をポケットに拾い集めるように、日々の暮らしのなかでアイディアを見つけてまわる。

作品解説:ジーン・セバーグへのトリビュート。形と色での冒険。

SHIFT 2008 カレンダー

クェル・ヴァルヴィン (ノルウェー)

1939年ノルウェー生まれ。彫刻、絵画、スケッチ、版画、インスタレーションを制作。オスロ、パリ、セビリア(スペイン)、ポルト(ポルトガル)、バルセロナにてアートを学ぶ。

作品解説:短い時間の中、狭い空間にインスタレーションを構築することは、室内楽に似ている。弦楽四重奏団やジャズグループの作品で、特に壮観でも盛大でもない。私のヴィジョンはコンサートホールには向かない。形、線、色は、音、リズム、間がそうであるように、後に記憶に残るかもしれない。自由に深呼吸ができ、リラックスできる空間、そんな雰囲気に関心がある。ここで公開しているこの物体は、今という瞬間だけにしかなく、そしていつかはなくなってしまう。人々は音楽を聞いたり、おしゃべりや話し合ったりするために集まる。例え理解し合わないとしても、互いに影響しあい、それに反応することで対話が成り立つ。すべての人やものからメロディーが発せられ、そこには楽しみの瞬間によってバランスが保たれる。
インスタレーションとは、未知の世界を探検する者が知らないことや見たこともないことを見つけるための方向を示すものである。チェスのように、今まで見つけられず、挑戦もされずにいたコンビネーションや、音楽のように、そのリズム、言葉や色では全く聞いたことのない音符の組み合わせのようなものがあるのだ。物理学者や数学者が求めていたこの未知の法式はまだ挑戦したことがなく、更なる可能性へと視野を広げるだろう。どんな分野にも、未だ発見されていない新しい方向や新しい道があるのだ。

SHIFT 2008 カレンダー

チャン・ユック・リン (香港)

香港生まれのデザイナーで、香港城市大學のクリエイティブ・メディア学部を卒業、アート作品制作やアート評論に熱意を持っている。それと同時に、現在彼女は地球温暖化に非常に悩まされている。

作品解説:宇宙の自然現象を模倣するため、偶然性により詩的な影像が生成された。

SHIFT 2008 カレンダー

木村 高典 (日本)

1979年、青森県生まれ。2003年から広告制作プロダクション勤務。

作品解説:丸は、さすがに、見える。とおもいます、もう、まるで、緑で その時、四角を 
すこし良くしました。

SHIFT 2008 カレンダー

清水 将之 (日本)

1984年東京に生まれる、23歳。現在東京を拠点に、空間デザイン、グラフィックデザイン、壁画ペインティング、ストリートアートなど幅広く活動。2007年デザインユニット「Planet Market」設立。

作品解説:心臓図のカラーをモチーフにキューブを重ね、本能のままにレイアウト、Transformer, transparent をイメージしました。

SHIFT 2008 カレンダー

キャサリン・デンバー (イタリア)

キャサリン・デンバーは、イタリア・トスカーニ地方のコルトナにある城に、夫と将来アーティストになるであろう息子と住んでいる。家族三人はアーティストとして活躍する傍ら、3Dアニメーションソフト(Maya、3DS Max、Softimage XSI)を使った授業を行う学校を経営している。

作品解説:この作品は、たくさんのスケッチなど計画されたものでもあり、モデル構成、骨組みに付け加えながらポーズやレンダリングを行うなど、3Dアニメーションソフトを使った実験的な作品でもある。これは、ここ何年かで私がやろうとしてきたことのひとつ。この作品はいわばアニメーション向きだったので、その通りアニメーションにすべきと考えています。

SHIFT 2008 カレンダー

エンドコ/エンドウ図案工場 (日本)

1974年生まれ。静岡県出身。東京、静岡を拠点に2003年エンドウ図案工場を設立。
趣味、寝ること、甘いものを食べること。特技、童謡をオペラ風に歌うこと。

作品解説:小さい頃の記憶、新鮮に見えた風景、そして現在、、混沌とした世の中、行き場の無い感情、それらをシンプルに自然体で表現したかった。

SHIFT 2008 CALENDAR
リリース:2007年11月10日発売予定
仕様:All Color / 28 p / 210 x 297mm
価格:1,360 円(税込)
企画・制作・販売:SHIFT FACTORY
取り扱い:SHIFT FACTORY の他、世界各地のセレクトショップにて販売予定。

SHIFT 2008 CALENDAR 展
会期:2007年12月4日〜27日
会場:ソーソーカフェ
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL :011-280-2240
http://www.shift.jp.org/soso/

PRINT’EM
販売期間:2008年1月5日〜12月26日
価格:A0/13,400 円、A1/9,400 円、A2/6,800 円、A3/3,900 円(税込)
http://www.PRINTEM.org

※SHIFT 2008 CALENDARは、SHIFT FACTORYで販売予定。(11月10日より)

世界各地のショップでも販売予定。販売店も募集中です。お問い合わせは、 staff@shift.jp.org まで。

Thanks to CBC Net, Creative Behavior, db-db, Defunktion, Heavy Backpack, Hint Fahion Magazine, iBlog, iSh Magazine, Japan Design Net, Netdiver, Praktica, TAXI Design Network, Urban Collective, Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE