マイクロウェーブ 2007

HAPPENING

1996年から始まり、その基盤を作り上げてきた香港のマイクロウェーブ・フェスティバルが「ルミナス・エコー(発光反響)」というテーマのもと、恐らく今までで一番大きな成功を納めた。2006年に完全に再生されたこのフェスティバル、そして2007年度は公式に独立した組織となり、今年はマイクロウェーブの発展にとって確実に重大な出来事が見られたようだ。しかし、年一回行われるこのイベントは、新しいメディアアートのディスプレイは土地特有の問題に悩まされており、香港ではなかなかアートステージに触れる機会も簡単ではないのが実状らしい。

マイクロウェーブ 2007Microwave2007


今年のテーマは「ルミナス・エコー」。都会人の住む(とりわけ香港の話だが)オーディオとヴィジュアルの刺激が海の反射となり、水中に沈められているよう。

都市の景観の中の浮かび上がるネオンやビルボード、ショップのウィンドウからラジオが鳴り響いていたり「発光する」もしくは「反響する」要素は明らかに、無駄だと思われがちである。マイクロウェイブの、今回一番記憶に残るイベントは、商業的な公共の景観の構造から直に変えることだった。

マイクロウェーブ 2007

アメリカの集団、グラフィティ・リサーチ・ラボは「シティ・ハック・スペシャル:L.A.S.E.R. Tag」と題された二つのイベントを行ない、ハイパワーのレーザープロジェクターによるビームで、巨大なデジタルグラフィティが九竜と香港のビルの上に浮かび上がった。数えきれないほどのオーディエンスが見る中、チャイニーズキャラクターやアニメキャラクターの顔がスターフェリー乗り場、文化センターのようなシティランドマークシンボルがレーザータグで装飾された。あいにく香港警察は観客の多さに頭を悩ませていたようで、しばしばタガーにルートを変えるように促していた。

他の作品とイベントはその壮大さよりも商業的な自然に対抗する事により注目が集まり、しばしば視覚と音という共通のテーマから離れてしまうものもあった。

マイクロウェーブ 2007

シティホールのメイン展示スペース(前年は、このようなショーには不十分な設備と言われていた)では、北京のアーティスト、ヤオ・ビンが「ルミネセント・レイン」(マイクロウェーブのタイトルのからのインスピレーションかそれとも単に偶然の一致?)という作品を披露した。ビジターがまっすぐなグリーンのレーザーラインの下に手をかざすと、雨音が聞こえる仕組みである。

マイクロウェーブ 2007

香港のキングスレー・ンはフランスのモーションセンサーで動く織機のレプリカを製作した。ビジターが彼らの手を「音楽の織機」に手をやると、様々な音が作られるのだ。

マイクロウェーブ 2007

スペインの「インタラクティブ・ソニック・システム」は彼らの現在のアイコンでもある「リアクタブル」という楽器を提供した。(世界に4つしかなく、ひとつはビョークが所有している)テーブルの上で、模様のついたプラスティックブロックが動かされると様々な光と音のサンプルが現れる。(アバンギャルドなDJセットのように、リアクテーブルを再生することも可能なのだ)ウォルフガング・ミュンヒ、古川聖、藤幡正樹による共作の「スモール・フィッシュ」プロジェクト(予想できるように、大きなスクリーンに映されるオーディオビジュアル効果に働きかけるべく、小さな部分を操作することができるのである)は展示スペースにフィットせず、最後の最後で彼らにより以前の作品に取替えなければいけなかったのは非常に残念である。結局、これらのインタラクティブ作品のほとんどが共通して何か不運をもっていたようで、(実際、いくつかの作品は数年前の物であった)現在のメディアアートのトレンドの波を動かすことにはならなかった。

マイクロウェーブ 2007

オランダのアーティスト、ダーン・ローズガードによる「Dune 4.1」は、ビジターが通り過ぎるときの音(メイン会場の外に設置されていた)に反応する、20メートルの電子「リード」から成っており、おそらくその背景と自然に起こるオーディエンスの相互作用により、この作品がさらにユニークなものになったと思われる。(そして香港のスナップ好きな市民のためにも最高の撮影の機械になったはず!)

マイクロウェーブ 2007

「反響する」面においては、「ウォッチ・ミュージック」というタイトルのライブパフォーマンスが香港のインディーズから最高のミュージシャンを5組、中心部にあるバー「Popbites」でのコラボレイティブセットをプレイするために集めた。(Ah Sunのようなノイズ実験系からマイ・リトル・エアポートのAh Pといったバロックポップスターなどのラインナップ)そして北京のサウンドアーティスト、FM3は独創的な2006年の装置、「ブッダ・ボクシング」というセッションのために「ブッダ・マシーン」(スピーカー付きの小さな電子音楽プレーヤー)を披露した。それは仏教徒の詠唱マシンのマスマーケットに基づき、FM3はキャンディ色のマシンの中にループする自身の音楽のサンプルを作成しました。

マイクロウェーブ 2007はブッダ・マシーンのスペシャルエディションを披露し、2日間にわたるFM3によるジャムセッションパフォーマンスを私達は見ることができた。

ああ、マイクロウェーブ2007は賃貸料の上がるシティホールの中で、七日間という短い期間ですぐ終わってしまった。その壮大なエネルギーとたくさんの可能性があるのにも関わらず、残念なことに彼らはまだ香港政府、または関係のあるスポンサーから必要なサポートを受けることができていないのだ。オーガナイザーが説明した通り、新しいメディアのインスタレーションでさえも、技術的にかなりの助けが必要らしく、複数の作品や最新、最先端の作品にかかるコストは急速に止められてしまうのだ。現在の作品でさえも短いショーの数日間、十分な証明が与えられていなかったり、またはなじみのない聴衆がメカニズムを理解する十分な説明にかけていたりということもあった。マイクロウェーブが二年に一度のイベントになるとも言われていたり、さらに磨かれた大きなショーができるとも言われている。しかし新しいメディアアートは成長し続けるばかりで、マイクロウェーブが香港、または幸いアジアで関係のある団体のままで残っているのは確実であろう。今のところは、定期的に観客に様々な音楽や何かエキサイティングなものを紹介し続けてくれることを願う。

Microwave New Media Art Festival 2007
会期:2007年11月10日〜18日
開催地:香港
info@microwavefest.net

Text: Samantha Culp
Translation: Junko Isogawa
Photos: Samantha Culp, Diane To, Microwave Festival

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE