176 ギャラリー

PLACE

遅く起きた日曜日に散歩がてらに出かけたい。そんな気持ちにさせられるアートスペース「176」が、昨年9月、北ロンドンのチョークファームにオープンした。以前紹介したニューカッスルにあるバルティックでも企画展が開催されていたザブルドウィック財団の、こちらはオウンスペースにあたる。イギリスを代表する美術収集家であるザブルドウィック夫妻の所有する、千点を超えるコレクションの一部が公開されている。

176


名前の意図する通り、プリンスウェールズ通り176番地に位置するこのギャラリーは、1876年に建てられた教会を改装した作り。英国博物館のミニバージョンのような、といってもまだ見上げるほど巨大なギリシャ建築風の柱をくぐると、意外にもガラス張りのモダンなレセプションスペースへ抜ける。

176

エキシビジョンスペースは大きな展示室が二つと、迷路のように入り組んで位置する8つの小さな部屋で成っている。一度はドラマスクールとして使用されていた名残がうかがえる二階席からは、一階の大展示室を見下ろすことができる。狭い階段や暗い廊下をみしりみしりと歩く時に感じるちょっとしたおっかなびっくり感は、そのときどきのコレクションへの期待感を高める自然なエフェクトになっているかもしれない。

176

オープニング展の「AnArchaeology」に続き、二番目の企画展はドキュメンタリーフィルム作家である南アフリカ出身のゲーリーフォックスのロンドン初ソロエキシビジョン。展示室に入ると、上下左右前後と6面すべてに大きなスクリーンが取り付けられ、それぞれのイメージを映し出す。映像がすすんで行くと自分を中心としてフロアのイメージが実際に地面を、天井には空を、前後左右もそれぞれ、その場所にいれば自分で見るはずの映像を映していることが分かる。ロンドンで一番大きな交差点であるピカデリーサーカスで人ごみをぬけてすすんでゆく映像は、まさに人がぶつかってきそうなあの感覚まで感じられそう。

176

その都会の喧噪が終わると、次に見えてくるのはマイナスイオンたっぷりの林道。風のそよぎや鳥の声まで聞こえて来てほうっと安堵のため息がでそう。それこそまさに市の中心部にさえ、目を休められるグルーンがたっぷりの大きな公園がいくつもあるロンドンの一つの側面であるとうなずいてしまう。

176

同じような多面スクリーンの手法で、それぞれにマルチカルチャリズム、消費と廃棄の問題、カーニバルやマーケットの映像が映し出される。ドキュメンタリー作品を多く手がけるフォックスならではの着眼点で、ロンドンのリアルが描かれている様は、ロンドナーでなくとも心に響く何かがあるはず。

176

さて、176のもう一つの魅力はプリムローズヒルにキッチンを構えるロラカフェが、ギャラリーカフェとして入っていること。カラフルなアイシングの手作りカップケーキは、ファッションショウのお土産になったり、レセプションパーティに登場したりと、今ロンドンで一番セレブな(?)カップケーキ。スイートな気持ちで家路につくにはぴったりなラストでしょう。

176
住所:176 Prince of Wales Road, London NW5 3PT, UK
TEL:+44(0)20 7428 8940
開館時間:木・金 11:00〜15:00/土・日 11:00〜18:00/その他要予約
入場料/年間会員費:5ユーロ
www.projectspace176.com

Living London展 4月20日まで開催

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE