NON-FORMAT

PEOPLE

日本と日本のデザインは、私達にとってインスピレーションの宝庫。

Non-FormatNon-Format
The Chap / Ham – Lo Recordings
Music packaging, Front of CD slipcase with sticker and front of jewelcase

ロンドンに住むノルウェー出身のケル・エクホルンとアメリカに住むイギリス出身のジョン・フォースによるクリエイティブアートチーム「Non-Format」。イラストレーション・ジャーナル誌「Varoom」のアートディレクターでもあり、幅広く活躍する現代的なグラフィックワークが目を引く彼らだが、日本の伝統的美術もからも影響を受けている。
今年ゲシュタルテン出版社より作品集「Non Format – Love Song –」を発表、12月1日には日本に「HIGH5™」のスピーカーとして来日する予定の彼らに、インタビューを行った。

まずそれぞれの自己紹介をお願いします。


ケル・エクホルン:ノルウェーの北部の外れにある、ノルヴィクという町で生まれ育ちました。学校を卒業した後、広告の仕事を短い間ですがしました。それから世界を旅しようと思いノルウェーを出たのですが、その後ロンドンのセントラル・セントマーチンズでグラフィックデザインを学ぶことにしたのです。カレッジの後、独立しデザイナー、映像作家として主に出版業界でクライアントと仕事をし、1999年にジョンと会ったのです。Non-Formatを一緒に設立したのは一年程後になります。

ジョン・フォース:僕はイギリスの田舎町、グロースターシャーで育ちました。1989年にレスターポリテクニック大学でグラフィック・デザインの修士号を取得し、バースで広告デザイン会社でしばらく働いた後、ロンドンに移りました。出版業界へのデザインを主にしていて、その後ケルに出会いました。

Non-Format
The Epitaph – The Fader Magazine, Editorial contribution.
A typographic interpretation of the lyrics for Where Are They Now by Nas

Non-Formatが設立された背景を教えて下さい。

ジョン:インディペンデント音楽雑誌「The Wire」からアートディレクションをしないかという話を頂いて、雑誌を完全に再デザインできるという条件で始めました。僕たちが独立するきっかけと、この依頼を捉え、EkhornForss Ltdを設立し、のちNon-Formatとして知られるようになったのです。

Non-Format
I did mediocre stuff while you were still at school – Grafik magazine/Letraset
Hand drawn poster for Grafik magazine’s Felt-Tip exhibition

最近の活動について教えてください。

ケル:ロサンゼルスを基点とした建築家、グレッグ・リンの作品についての本を現在デザイン中です。また、インディーズレーベル「Lo Recordings」のほぼ全てのジャケット制作を続けていますし、年に3回出版される「Varoom」というイラストレーション・ジャーナル誌のアートディレクターとデザイナーでもあります。広告業界のデザインの仕事に関係してることが多いですが、現在はメジャーなスポーツウェアのブランドの仕事もしています。

アメリカ/イギリスと離れた場所で活動されていますが、共同作業の場合どのように作業が行われるのでしょう?離れていることで問題はありませんか?

ジョン:インターネットの力は、とても大きいです。高速インターネット接続がなければ、私達の状況は確実に全然違うものになっていたと思います。常時、Eメールを送り合いますし、スカイプもプロジェクトのディスカッションのために使います。こういった形のコミュニケーションはとても有効的ですが、数年一緒に働いていたことはとても役に立っています。

Non-Format
Cursor Miner / Danceflaw – Lo Recordings
Music packaging, Illustrations by Non-Format

共通のデザイン・ポリシーは何ですか?

ジョン:私達はなぜか同じ種類の真理を探究する傾向にあるようで、より理知的で、分析的であったり、感情的で、もっと個人的な場合もあります。たとえそのような考えがデザインをとても表現力豊かにしたり、デコレイティブな美意識を証明したとしても、根は現代主義者なので、デザインを明確なアイディアに集中させたいという気持ちが強い傾向にあります。

ケル:私達にとって物事の序列がとても重要です。働いている時間のほとんどは、そのデザインにとってどの部分が最初に取り組まれればよいか、二番目、三番目はどれかということに時間を費やしています。

Non-Format
Make A Fuss Exhibition – Vallery, Barcelona
Non-Format’s 2006 exhibition Make A Fuss at Vallery, Barcelona, Spain

バルセロナ、VALLERYでの展覧会はいかがでしたか?どのような内容だったでしょうか?

ケル:今までのプリントワークだけではなく、「Make A Fuss」というタイトルのもと、新しくポスターデザインのシリーズを製作しました。これらのポスターは、Fussという新しく幾何学的な書体、写真とイラストのシリーズで、後に、ゲシュタルテン出版社より発売された私達の作品集「Non Format – Love Song –」の表紙とデザインのために改良されました。展示した全てのポスターと多くの他のポスターはVALLERYウェブサイトで購入可能です。

今後どのような場所で展覧会や活動を行ってみたいですか?

ジョン:東京の「ggg ギャラリー」での個展ができたらと願っています。

1.jpg

今回12月1日にデザイン・カンファレンス「HIGH5™」のスピーカーとして来日しますが、日本の印象について教えてください。

ジョン:日本と日本のデザインは、私達にとってインスピレーションの宝庫です。直感的かつ感情的なアプローチを抱く意欲がありますし、チェルと僕がとても魅力的、解放的と感じるモダニズムの素晴らしい伝統もはっきりと表していますしね。日本のデザインはイメージを制作する時や、タイポグラフィー、構図の面でかなり影響も受けていますし、そういった面でとても感謝しています。早く東京に行きたい気持ちでいっぱいです。

今月のシフトのカバーデザインのコンセプトは何ですか?

私達がクリエイティブな姿勢を保つ上で、感情が重要な要素を持たせるため、コラボレーションすることやそれに対する熱意が映し出されたものです。

今後の目標、予定を教えてください。

ケル:ジョンがアメリカに越してしまったことで、Non-Formatは現在少しの間休止状態です。今後は、もっと様々な映像作家やフォトグラファーやデザイナーとのコラボレーションができる機会を作ることができればいいなと思っています。

最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

自分の本能を信じること。近頃はすぐに地球上の誰とでもコミュニケーションをとることが出来るといっても過言ではありません。ということは、あなたの世界観に共感するであろう他人が、いくらでもいるということを意味しています。

Non-Format (UK)
住所:Studio 1, 20 Ebenezer Street, London N1 7NP, UK
TEL:+44 (0)20 7684 3184

Non-Format (US)
住所:277 Wilder Street N, #5, Saint Paul, MN 55104, USA
TEL:+1 651 603 0767

NONFORMAT_press_cover.jpg

Non Format – Love Song –
著者:Kjell Ekhorn, Jon Forss / Non-Format
仕様:192ページ、24x28cm、英語 、オールカラー版 / ハードカバー
定価::EUR 44,00 / USD 60,00 / UK 30,00
発売:2007年6月
ISBN:978-3-89955-185-3
出版:Die Gestalten Verlag
問い合わせ:dgv Japan(03-3749-3675)

Text: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE