山口情報芸術センター (YCAM)

PLACE

山口県山口市、湯田温泉のホテルや旅館がひしめきあう温泉街を通り抜けると、いきなり開けた空間に出くわす。緑の芝生が広がる先には、大中小の波が3つ、山口情報芸術センター(通称YCAM)がある。何故こんなところに、そんな驚きを隠せないロケーションと建物である。
広報の方のお話によると、山口市は日本の県庁所在地の中で一番人口が少ない都市なのだそうだ。そこにメディアテクノロジーを共有するプラットフォームとして、芸術と情報の新たな創造的価値を追求する、まったく新しいタイプの文化施設があるのである。

山口情報芸術センター (YCAM)


オープンは2003年11月。建物は磯崎新アトリエの手による大胆な外観を構成する大中小3つの波は、それぞれに異なる機能をもつスペースとなっている。

山口情報芸術センター (YCAM)

正面向かって左の大波はスタジオA。劇場スタイルの空間だが、シートが可動式になっているので大きな空間としても利用できる。ホールではなくスタジオと呼んでいるのは、そこが創作の場でもあるからだ。

山口情報芸術センター (YCAM)

建物真ん中の中波はエントランスとしての機能も持つホワイエ。ガラス張りの中庭に囲まれた開放的な吹き抜けの空間だ。中央に大階段があり、ここを客席やステージとしても利用できる。実際に私が訪れた時にはこの大階段を客席として利用したイベントが開催されていた。大階段を上ると、展示や公演など多目的に使用されるスタジオBや映画を上映するスタジオC、創作活動を支えるラボがある。

山口情報芸術センター (YCAM)

左の小波は山口市立中央図書館。大きな吹き抜けの開放的な図書館である。ここでなら何時間でも過ごしたいと思わせる洗練されたリラックス空間である。他にイタリアンレストランも併設されている。

山口情報芸術センター (YCAM)

YCAMでは、既存の優れた作品を展示・上映するだけでなく、アーティストを招聘しての滞在制作にも力を入れている。そして、YCAMで制作された作品が世界に発信(巡回)されていくという新しい流れも作っている。

メディアアートは比較的新しい分野のアートであるため、作品に触れる機会が少なく、認知度もまだ低い。一見ハードルが高く、難解と思われがちなメディアアートを、YCAMでは誰もが楽しめるように、ワークショップの開催なども行っている。

山口情報芸術センター (YCAM)

YCAMには、図書館に行ったついでに展示を見たり、また中庭でレストランのジェラートを食べたり、ワークショップに参加した後で芝生に寝転んでみたりと、限られた人たちが限られた目的で訪れるのでなく、生活の一部として自由な楽しみ方がある。
私の街にもこんなところが欲しい!と誰もが思うような素敵な公共施設なので、山口に行ったことが無い人もぜひ一度足を運んでみて欲しい。アートと人が共存共栄する理想のかたちがそこにあると思う。

山口情報芸術センター
Yamaguchi Center for Arts and Media
開館時間:10:00〜20:00 (イベント開催時は22:00閉館)
休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/3)
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
http://www.ycam.jp

Text: Yuko Matono

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE