IDN 15周年

PEOPLE

創刊以来、香港を中心にアジアのクリエイティブ業界をリードしてきたIdN magazineが今年15周年を迎えた。「フレッシュ・カンファレンス」「デザインエッジ」などのデザイン・カンファレンスの開催、「A Nice Set 展」をはじめとする展覧会の企画なども数多く行い、クリエイターと読者の橋渡しを行ってきた。また、IdN (international designers’ network) という名前の通り、クリエイター同士のコミュニティ形成にも大きな影響を与えている。
IdNの15周年を祝うべくIdNのディレクター、クリスにインタビューを行った。

IdN 15th AniversaryIdN 15th Aniversary


このような形跡をこれまで残せてきたのはどうしてでしょうか?

ただ楽しく仕事をしている人々もいれば、利益のために働いている人々もいる。何人かは不満を持ちながら仕事をしています。様々な人がいるからではないでしょうか。

IdN 15th Aniversary
IdN v14n2: Ornamental Graphics – Idea: Two who are tuning up the world

簡単に今まで行ってきたプロジェクトを紹介してもらえますか?

4つの世界的なデザイン・カンファレンス、展覧会を20回、本を100冊と、コラボレーションプロジェクト、そして様々なデザインの分野から膨大な数の才能を発見してきました。

IdN 15th Aniversary
IdN v14n4: Cut & Paste Issue – Feature: Re-ordering the Disorder

一番思い出深いプロジェクトは何ですか?

それぞれ全てのプロジェクトが忘れられない瞬間があるのですが、デザイナーズ・リパブリックの言葉を借りれば、『一番思い出深いプロジェクトは、常に次のプロジェクト』だということです。

IdN 15th Aniversary

15周年記念に行う予定のイベントについて教えていただけますか?

15周年記念本を発行するのと、今年はコンテストとイベントのシリーズを行っています。それに向けて、15周年記念アートを掲げて世界の主要な都市を回りアート・イベントを開催します。さらにたくさんのクリエイターと様々なプロジェクトを行うつもりです、例えば10月に香港のIdNギャラリーでの展覧会を行うユニクロとのTシャツデザイン・プロジェクトもありますし、イベントも行います。

ユニクロとのTシャツデザイン・プロジェクト参加しているアーティストについて教えて頂けますか?

ゲームというテーマでのUTインスパイアド・プロジェクトは、取り組む上で自由な部分が多く、とても興味深い物でした。ローカルアーティストやアジアのアーティストをプロモーションできたことも良かったです。結果としてはとても驚くことが多く、Victionaryが本当にゲームを制作していたり、私達の想像を超えた作品が多々ありました。他の作品について紹介します。

コーラン・ホー – オールドスクールのイメージとアイコンをうまく使った非常に面白いデザイン。

クリーム – ヒーロータッチなスローガンを用いた戦争ゲームのアイディアは、私達に勇気についてポジティブな姿勢を提示。とても意味深な作品になりました。

ファイワン – 日々の基礎に基づいたファッション・グラフィックを用い、彼はアイディアを表現するのに標識のようにアイコンを使うことが好きなようです。シンプルで直接的。

IdN 15th Aniversary

ヘンリー・チュウ – GAMEに対してとても抽象的なアプローチ。ヘンリーは様々なゲームに対するビジョンを合わせ、勝敗のメタファーとしてこのデザインを解体し、再構築して作り上げました。

IdN 15th Aniversary

ケニー・ウォン – 彼のキャラクター、Mollyを使い幼少時代すなわちゲームを表現したケニー。タンポポで遊んでいる愛らしいキャラクターは子どもの頃の夢のよう。

エムリー – 彼のデザインはビデオゲームについての物ですが、決して見逃すことはできません!

IdN 15th Aniversary

利志達 – 全てのアジアのスクール・ガールが遊んだに違いないトラディショナルなゲームを面白いイラストレーションで表しています。

Siuhak(小克) – “人生とはゲームだ、死ぬまで誰が勝者かなんてわからない”というアーティストのメッセージがデザインを見れば一目瞭然です。

ステファン・ラウ – ニューヨークで撮影した写真を使った彼。彼のデザインは経験と観察、そして娯楽についてである。

2000年にもインタビューをさせて頂きましたが、以前と同じ質問をしたいと思います。

創刊の時と今を比べて現在のあなた自身をどう思われますか?そして2000年の頃を振り返ってみるとどのように思われますか?

2000年の頃と比較すると、かなり寛大になったと思います。15年分の知識と知恵を得れたことは本当に贅沢なことだと思います。

IdN 15th Aniversary
IdN Gallery

現在のIdNは十分に面白いと思われますか?

私達はそうだと思っています。ただ、他の人々がどう思っているのかが課題ですよね。そしていつも向上する事も大事ですが、いつも締め切りという物がくるんですよね。

今日、デジタルデザインワールドでの重要な傾向とは何でしょう?

このデジタルな時代では社会基盤はほとんど意味がないと言えます。全ての人が同じグラウンドで勝負をし、創造性によって限りない可能性を求めるのです。

これからIdNにとって何が起こると思いますか?どのように展開していくのでしょう?

例えばその時その物は有名ではないとしても、マルチメディアもしくはインタラクティブ・メディアになるかもしれませんが、常に私達が様々な物を発掘しようとしているように、結局IdNは違うプラットフォームで関わることになると思っています。IdNがこれからどうなろうとも、私達の最終的なゴールは、世界中のクリエイティブなデザインとデザイナーに繋がっていて、ゆくゆく見えてゆくことでしょう。

15年前と比べて、2007年の香港はどのような違いがありますか?

IdNが創刊してからたくさんの物事が変わりました。あの時はデジタルワールドのほんの始まりの時でしたから。人々はテクニカルな話題を見つけ始め、それゆえ現在デジタルデザインがこれほど普及したのです。そして私達はグラフィックからマルチメディア、インダストリアルまで様々な種類のデジタルデザインを扱っています。これはほぼどこの国でも同じでしょうが、香港ではグラフィックがそこらじゅうに広がり、人生に欠かせないものにまでなったと思うのです。

香港を訪れた人々にどこかおすすめの場所はありますか?

その日のうちに見つけられるであろう、セントラルエリアの小さな路地にある小さなギャラリー達ははずせません。そしてバー、クラブ、ラウンジでのクレイジーなナイトライフももちろん欠かせませんね。彌敦道も見逃せないエリアです。ネオンのライトと古い建物、そして行商人。このような場所は世界中どこに行っても似た場所は見つけられません。

IdN – International Designers’ Network
住所:Shop C, 5-9 Gresson Street, Wan Chai, Hong Kong
TEL:+852 2528 5744
info@idnworld.com
http://www.idnworld.com

※ユニクロの‘Game’シリーズの展覧会が10月25日から11月1日まで香港の IdN galleryで行われます。

Text and translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE