ブルーマン・グループ日本公演

HAPPENING

「ミュージック」「アート」「コメディ」の融合

ブルーマン・グループ

無口でミステリアス、そしてコミカル。想像を超えるバカバカしくも高度なパフォーマンスを展開するクリエイター集団「ブルーマン・グループ」が遂に日本にやって来る。

ブルーマン・グループは、1980年代後半に、マット・ゴールドマン、フィル・スタントン、クリス・ウィンクの3人が集まり、ニューヨークでパフォーマンスを始めたのがきっかけで結成。1991年に最初の公演地である、ニューヨークのアスター・プレイス・シアターでの公演がはじまった。


ブルーマン・グループ
Photo by Ken Howard ©BMP

ブルーマンの廃屋を喚起させる無機質な舞台装置は、芸術の分野でも高く評価されている。実際、彼らはニューヨークのグッゲンハイム美術館などにも登場し、そのコラボレーションは大きな話題となった。ショーの中では、こうした“廃材達”がまるで命を与えられたように楽器として、小道具としていきいきと躍動する。

ブルーマンは上述の“廃材”を巧みに操り、ユニークなサウンドと全く新しいパフォーマンスを披露する。“廃材”を使って作られたオリジナルの楽器から奏でられる音楽は、「Audio」というタイトルでCDリリースされ、グラミー賞にもノミネートされた。

現在、ブルーマン・グループは世界3か国8都市でロングラン公演を行っている。今まで日本では、海外の「ツアー版の招聘」による数ヶ月間の公演や、日本人俳優による「日本版のロングラン」などはあったが「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」は、アメリカのパフォーマー、ミュージシャンをそのまま日本に呼び、ロングラン公演を実施します。 いわば「日本ではじめての本物のロングラン」です。

ブルーマン・グループのパフォーマンスはニューヨークでの開幕以来、常に進化し続けており、日本公演ではその最新バージョンを観ることができる。
舞台には、インターネット社会の無機質さを揶揄するような場面も登場し、ブルーマンの描くテクノロジー社会から、コミュニケーションの本質を再認識するだろう。随所に舞台と観客が共に驚き、笑い、互いの存在を認識する場面が用意されている。

会場となるのは、世界で初めてブルーマン・グループのために作られた専用シアター「インボイス劇場」。インボイス劇場の誕生で、アートの街・六本木が一層文化色にあふれる街になるだけでなく、アジアのエンターテインメントの発信基地となることだろう。

木下工務店 presents BLUE MAN GROUP IN TOKYO
第一期公演日程:2007年12月1日(土)〜2008年1月31日(木) チケット完売間近
第二期公演日程:2008年2月1日(金)〜2008年4月25日(金)
第二期公演チケット発売日:2007年12月1日(土)午前10時より各プレイガイドにて発売開始
※一般発売に先駆け、10月6日(土)〜14日(日)まで、blueman.jpにて、先行予約実施
チケット料金(税込):ポンチョシート 8,500円/S席 7,500円 (小学生未満入場不可)
※ポンチョシート:舞台に最も近い前4列、パフォーマンスを間近でご覧頂きます。
上演時間:100分
会場:インボイス劇場(座席数/900)
住所:東京都港区六本木5-11-12
主催:ブルーマンジャパン制作委員会

公演に関するお問い合わせ
ブルーマンジャパン事務局(TEL. 03-5414-3255)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE