NIKE 公式オンラインストア

サマーケース 2007

HAPPENING

毎年恒例のプリマベーラサウンドソナーに続けと、バルセロナで最も重要な音楽イベントになるべくして、サマーケースが今年で二回目を迎えた。

Summercase

他のフェスティバルとの大きな違いのひとつ、そしてこのフェスティバルを最も価値のあるポイントとして、集客のうちの75%がスペイン人、そしてスペイン各地から来ているという事実がある。他の2つのフェスティバルではほぼ同じパーセンテージが外国からの来客であり、この事実はかなり大きな違いをもたらすのだ。

今回はマドリードとバルセロナで同時に行われ、109,000人もの観客が訪れた。


2007年度のラインナップは素晴らしく、エール、ジーザス・アンド・メリー・チェイン、アーケイド・ファイヤー、フレミング・リップス、ピージェイ・ハーヴィ、!!!、ブロック・パーティ、ケミカル・ブラザーズ、OMD、ジャービス・コッカー、そして輝かしい才能を持ったニューカマー達、ザ・ゴシップ、リリー・アレン、ザ・グリマーズ、エディターズ、1990sアンド・ザ・ビューのようなアーティスト達を見ることができた。

Lily Allen

このようなセレクトでバルセロナフォーラムは、カナダ出身のバンド、ザ・ヒドゥン・カメラズで始まりを告げ、彼の甘いメロディックなポップがターミナルEのステージをすでに熱狂的に盛り上げていた。そのすぐ後に、ロンドンのストリートサウンドのニュープリンセスこと、リリー・アレンがデビューアルバムから「Alright, Still」をシャープなリリックとともにパフォーマンスを繰り広げた。

Editors

その間にオープンエアーターミナルOでは、ザ・エディターズが「SMOKERS OUTSIDE THE HOSPITAL DOORS」からのヒット曲とともに、セカンドアルバム「AN END HAS A START」からのナンバーを聴かせ、オーディエンスを沸かせる。

ターミナルSではその後、最も期待されていたコンサートのひとつが行われようとしており、オーディエンスがテントステージの小ささに悲鳴をあげていた。しかしピージェイハーヴィがお姫様のような格好をしてギターを奏でたソロコンサートは、サマーケースの中で確実に心に残る時間であった。

PJ Harvey

他とのアーティストセレクションの違いはサマーケースにおいて重要な部分である。
ピージェイ・ハーヴィのコンサートの後、オープンスペースのターミナルEでは、ザ・フレミング・リップスによる活気にあふれるショーが行われていた。

The Flaming Lips

陶酔したようなウェイン・コインに連れられたオクラホマの格好をした男達が、たくさんのおもちゃをもってステージに現れ、巨大なグリーンのバルーンや、紙吹雪、レーザーライトと共に20人以上がサンタクロースや他のキャラクターに仮装して踊っていた。曲目は新旧問わずヒット曲の連発。ひとつつけ加えるとすれば、実は、このパフォーマンスは1年前に彼らが行ったものと同じなのだ。次回は何か新しいアイディアが浮かぶといいのだが…。

Arcade Fire

深夜を過ぎたところで、皆が待ち構えていたアーケイド・ファイアーをターミナルOは完璧に満員の状態で迎えいれた。彼らのエネルギーに満ちた姿勢と人々の気持ちをどこまでも高めていくサウンドは、確実に今年のサマーケースでの一番のショーだったといえるだろう。ビッグヒットとなった「Funeral」からの曲はもちろん、さらに彼らの名前を世に知らせたニューアルバム「Neon Bible」からの曲も最高だった。

初日の夜がシザー・シスターズのおふざけなディスコグラムサウンドによってパーティタイムに変わってゆく。

2Many Dj’sによってダンスタイムは土曜日の朝まで続き、人々は熱狂的に最後まで踊り続けていた。

2日目のフェスティバルは初日と同様にエキサイティングなものになった。ターミナルOでは早い時間にマンチェスターのベテランミュージシャン、ジェイムスを見ることになる。
観衆は彼らの80’sからのビッグヒットを覚えていたのだ、かなりの盛り上がりを見せていた。

The Jesus and Mary Chain

ターミナルHでのベテランミュージシャン達によるコンサートは続き、ついに再結成したジーザス・アンド・メリー・チェインが登場した。オープンエアースペースは彼らの名曲レパートリーを熱心に聴こうという人々でいっぱいで、もちろん彼らが孤立を感じることはなかった。

Jarvis Cocker

カリスマ的、そしてアイコンであり続けるジャービス・コッカーはPulpの過去を消し去ったかのように成熟したアーティストとして現れた。彼の魅力と一風変わった曲で観客を魅了し、素晴らしいシンガーソングライターになったという印象を残していった。

The Gossip

ザ・ゴシップによるショーはかなり強く印象に残るものであり、このフェスティバルの中で最も衝撃を与えたバンドだろう。ライオット・ガールの記憶とともに、彼らのパンク精神、そして莫大なエネルギーを持つシンガーは観客を奮い立たせ、最初から最後まで飽きることなく楽しませていた。見事である。

DJ Shadow

DJ Shadowによる洗練されたミックスを聞ける時間になった。ビッグオープンエアーステージでのショーはテクニックとエモーショナルな表現のデモンストレーション。ラップとインディー音楽を組み合わせた素晴らしいサンプルと素早いスクラッチを見せた。

Air

その後立ちっぱなしの観衆は座りながらリラックスして聞ける場所を探し求めたのか、フレンチマスター、エールによるサウンドと空間をゆっくり味わっていたようだ。
熱狂的な雰囲気が続く日々の中で、ピースフルで、少し変わった時を過ごすことができるのもまたフェスティバルの醍醐味である。

Kaiser Chiefs

ひとやすみの時間は終わり、エネルギーがブリティッシュバンド、カイザー・チーフスによりまた戻ってきた!観衆は彼らのヒット曲を熱狂的に歌い続け、大きな成功を証明して見せた。

The Chemical Brotherse

ターミナルEに別れを告げるべく、集団のための音楽の名人、ケミカル・ブラザーズがついに登場した。彼らは常に我々の一歩先を行っている。そしてそれは時に良く、時に悪い方向にもいくのだが、今回のショーはとても心地のよいミュージックカクテルの組み合わせで、特にオーディオヴィジュアルは心に残る素晴らしく印象深いものだった。

気がつけばすでにこんなに時間がたっていたのだ、人々は音楽とヴィジュアルを心いくまで堪能したようだ。サマーケース2007は大成功を収めて幕を閉じようとしている。

今回で見せてくれた素晴らしいテイストを保ち、そしてフェスティバルとしてさらなる成長を見せてくれることを心から今後のサマーケースに望む。

SUMMERCASE 2007
会期:2007年7月13日、14日
会場:Boadilla del Monte (マドリード), Parc del Fòrum (バルセロナ)

Text and photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE