イグアポップ展

HAPPENING

イグアポップが寒くて古めかしいハンブルグの街に地中海の風を吹き込んだ

Iguapop!

「イグアポップ展」は今年最も楽しめたヘリウムカウボーイ・アートスペースでの展覧会。それはきっと9人の素晴らしいアーティストの作品をみることができたからか、スペインのギャラリー「イグアポップ」が寒くて古めかしいハンブルグの街に地中海の風を吹き込んだからかもしれない。いや、おそらくイグアポップのギャラリスト、イニゴー・マルティネス・メラーと彼が連れてきた3人のアーティスト(ブラミマイク・スワニービクター・カスティージョ)がとても気さくで親しみやすく、展覧会の準備がとても楽しかったからだろう。彼らが隣室に用意したトルティーヤ・デ・パタス(スペイン風オムレツ)、とっても美味しいガスパチョ、大盛りのサラダ、溢れんばかりのパン・コン・トメテ、8キロはありそうなハモン(ハム)をごちそうになった。ハモンはオープニングで差し出される予定にもなっていて、全てを食べきったわけではない。まずは、展示の準備に取りかからなくてはならない。


Iguapop!

天井の高い1階には6人のアーティストが展示をした。入り口に向かい合った、目につく場所にティム・ビスカップの作品を展示出来るように壁のサイズを大きくすることになった。右側の壁には人気のフランス人アーティスト、ミス・ヴァンの2つの大きな絵が掲げられ、セルジオ・モーラアドルフ・ジルのアートワークが額装され展示された。

Iguapop!

階段がある為にいつも困難を極める左側の壁は、カタリーナ・エストラーダライ・エスカーレの作品、雑誌をインクや溶剤で書き足した美しいその作品を間近で眺めることができるように配置した。
2階のスペースは一緒にいた3人のアーティストにそれぞれ3カ所の壁が託された。ビクター・カスティージョはソーセージやチェーン、稲妻、回虫などを強く印象に残る絵を描いた。それは強いディズニー的な啓示を含んだ雰囲気を発するものであり、また、印象的に浮かぶ背景のペインティングから、彼のゴヤへの賞賛を感じ取ることができる。

Iguapop!

いつも様々な技術を用い、訪れる人に作品がどのように作られたのかを理解して欲しいというブラミは、それぞれの作品に説明書きを書き添えるというアイデアを試みた。彼がスペイン語で書き出し、マイク・スワニーが英語へ、そしてベロニカ(ギャラリーの可愛い同僚)がドイツ語へ翻訳した。ブラミによってそれらは奇妙に曲がりくねったかたちで壁へ書き込まれていった。無邪気というべきか、誤字もあり、だからこそ面白みも増した説明書きとなった。実際のところ、純粋のポエムとなった今、オープニングでもっとも人々が立ち止まって読みふけり、階段がごった返したのも事実である。

Iguapop!

右手の壁に作品を配したマイク・スワニーは、フレームの間の白いスペースを可愛らしいコラージュで飾った。土曜日のオープニングの前に、ドイツのイラストレーター・マガジン「jitter」による取材があった。まず2階でのマイクへのインタビューから始まり、私は下で本を読んでいた。時折聞こえてくる言葉は「Schlumper」。「art brut」のファンであるマイクは、このヘリウムカウボーイ・アートスペースの右隣にある「Galerie der Schlumper」(精神的にハンディキャップをおった人々によるペイント、カット、縫い物など、彼らの真のアート作品に触れることのできるギャラリー兼スタジオ)を見付けたことがとても嬉しかったようだ。

Iguapop!

ブラミの取材は線の重要性、構成要素としての額、そしてそれらを上手に組み合わせることでアート作品が象られていくといった内容であった。

ブラミが音楽を担当し、イニゴーがハムを切り分け、ヨルグが販売を担当、他の皆は飲みすぎるといった具合で、いつも通りのオープニング・パーティーは成功裏に終えた。それからは皆で翌朝までクラブへ。次回の企画も楽しみだ。

Iguapop! Exhibition
会期:2007年8月25日〜9月21日
会場:heliumcowboy artspace
住所:Sternstr. 4, 20357 Hamburg, Germany
http:// www.heliumcowboy.com

Text and photos: Gudrun Rau
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE