NIKE 公式オンラインストア

カワニシタカヒ

PEOPLE

再構成して飾り直すことによって違う角度での“何か”を生み出す


“鬼の子”カワニシタカヒが4年ぶりに個展を開催。東京POINTと札幌SOSOを巡回する。
美しさへの破壊、何もしない強さ、成功への失敗。
彼の内面に宿る3人以上の人格が、そういった言葉を、 色、線、モチーフ、そして感情に、迷いなく落とし込んでいく。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

カワニシタカヒ。画家です。

ご自身のポートレートにも書かれていた”鬼の子”とは?

鬼の子供。

二十歳を過ぎた頃、何かを表現するとき人に生まれた以上、「そこ」は超えられないことに腹を立て鬼になってやろうと思ったが、所詮人間、そこまではなれねーなー、と甘さが出て、せめて鬼の子ぐらいだったら何とか成れるかと思い「鬼の子」登場。鬼の子なら成長したら鬼に成れるしね。あくまでニュアンスね。

これまでの主な活動を教えてください。

言葉で伝えることをあまりしていないので、基本は画家として絵を描いています。

国内やニューヨークの合同展に参加したり、H.P FRANCE Bijoux 等お店のディスプレイを制作したり。
2003年に「カワニシタカヒ」展@space TRYが最初の個展。

あとは「DAZED&CONFUSED JAPAN」創刊用ポスターや休刊してしまった「relax」のポスターに作品を提供したり。
「Weetzie bat」(Francesca Lia Block)や「Smart Cunt」(Irving Welsh)の装丁用作品も描きました。

最近ではSOIL&”PIMP”SESSIONS の「PIMPOINT」のアートワークも描かせていただきました。

とりあえず、エージェントphilのサイトを見てください。

6月に札幌SOSOでも行われる展覧会「EVERESTS」は4年ぶりの展示とのことですが、4年間の活動について教えてください。

当時どうしても絵や自分、世間を軽視してしまうところがあり、絵以前に深みがまったく感じられず、表面的なマスターベーションが主に課題でもあった。だから一度、自分本人に振り返り「個」と向き合うことを少しずつ無理せずやってみた。それは今でもやっているし、当分の間続くと思う。
いま少しだけ感じることができたのは、息苦しく自分でしていた事、そして、当時その方が自分にとって楽なことだったんだろうと思う。
解りやすく言うと絵や自分、世間から、ただ逃げていたということかな。本来もっと自由だし自由であっていいことだし。けどそれゆえに厳しさを伴うよ。あとは素直に、サボっていた(笑)。

作品をいくつか紹介してください。

今回の展示のために制作した作品からご紹介します。

JAPANESE © 2007 takahi kawanishi/phil

逆版画的な作品、ですね。(*版画の版のような、という意味)
そこから、削る、破る、燃やす、縫い合わせる、という行程を加えることによって、崩れたバランスを敢えて、国旗というモチーフに与える。解釈の仕方はあくまで受け手に任せます。

PIGHEAD © 2007 takahi kawanishi/phil

自分の中で「横」という絶対的なイメージに当てはまったモチーフが“豚”だったんです。そのモチーフに時間を与えることによって、圧倒的な存在感を生み出した作品。

TRASH GOLD © 2007 takahi kawanishi/phil

今回のSHIFTカバーに提供した「MATERIALS」の更なる再構成(解釈)とも言えます。展示の作品というよりディスプレイとして制作しました。

展示やオープニングはどのようなものになる予定ですか?

現段階では正直予定の事なんか分からない。当日の匂いや音、温度、肌で感じるものや空気感、気分によって変わるものだし、変えないといけないことなので頭の中にイメージはあるが、あくまで柔軟に保っているのでこれに関しては答えづらいし、本人が語るよりも観る側の自由をとりたい。

ただ、「ひずみ」を感じさせると思う。

今月のSHIFTカバーについて教えてください。

タイトルは「MATERIALS」。様々な固定方法で貼り付けられているひとつひとつのアイテムは単体ではあまり価値を見出さないが、再構成して飾り直すことによって違う角度での“何か”を生み出す、コラージュ的な作品です。

現在の表現に影響を与えた人や物、出来事はありますか?

基本的に「影響を与えた人や物」と聞かれたらすべて。善し悪し関係なしにすべてに深いところで反応してしまう(疲れるけど)。そこでなにを取り入れるかだと思うので。
     
抽象的でひねくれていると誤解を招くと思うので、あえて言うと「一般的に必要とされなくなったモノ」。

今後の活動予定や、計画はありますか?

今年中にPARISの某所で作品新たに個展予定。東京でも新たに個展を予定しています。

あと大人になる。

最後に読者にメッセージをお願いします。

たまには一つ前の駅で降りて、そこから歩いて帰れば。

EVERESTS – Takahi Kawanishi Exhibition SAPPORO
会期:2007年6月9日〜6月28日
時間:11:00〜21:00
会場:SOSO
住所:札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
TEL :011-280-2240
主催:phil co.,ltd.
協力:SHIFT production

初日6日9日にオープニングパーティを開催。19時〜。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE