ハモニカビル・ご主人様展

HAPPENING

「お帰りなさいませ、ご主人様。」

tanaamiface

「メイド喫茶」。そこはお店に入ると「お帰りなさいませ」と声をかけられ、黒または濃紺のフリルのついた白いエプロン、カチューシャをつけたエプロンドレス、いわゆるメイド服を着た店員さんがいるカフェ。メイドさんと一緒に写真を撮ることができたり、イベントや、グッズ販売もある。各店ごとの特色等も打ち出し、アニメーション、マンガ、ゲームの愛好者が集まり、ひとつのカルチャーを作り出している。東京の秋葉原にもっとも出店されているという。札幌は絶対数は少ないが、メイド喫茶の歴史でいうと全国的には早くメイド喫茶がオープンしている土地である。


h001.jpg

harmonica bldg.(ハモニカビル)」は札幌を拠点に活動するアートディレクター藤田直樹と、デザイナー小島歌織、男女2人のデザインユニット。作品は国内外で入選、受賞歴があり、SHIFT2007カレンダーに採用され、2月のシフトにてカバーデザイン&インタビューされたのも記憶にある方も多いだろう。

僕も彼らの作品が好きで、手がけたアパレルの販促ツールや書籍のアートディレクション、オリジナルの作品など、よく見せてもらっている。僕が感じるのは、少しクセのある作家性を、デザイナーらしく品のある形と明確なコンセプトをもって作品にしていること。アヴァンギャルドな要素を出しつつ、デザインとしての安定感と清潔感があるのが気に入っている。

h001.jpg

ハモニカビルのエキシビションが SOSO CAFE で開催。オープニング・パーティに行ってみた。パーティでは秘密の(?)催しがあると聞いていたので楽しみにしていた。10分程度遅れて着いてみると、エントランスの雰囲気でお客さんはいっぱいだとわかる。店内には複数のメイドさんがいて、メイド喫茶空間となっていた。みなさんメイド喫茶で勤務経験のある人だという。店内のDJブースからはアニメのサントラが鳴り響いていた。会場の一番広い壁面に「撮影スポット」が作られ、お客さんは、メイドと記念ポラの撮影。ポラは壁面に貼られてひとつの作品になっていく。また、メイド達はキッチンで作られたオムライスにケチャップでお絵かきしたり、お客さんにプリンを食べさせたり、ケーキにデコレーションを行うなど、メイド喫茶なサービスがパーティ時間中たっぷり行われた。

h001.jpg

ハモニカビルの二人も執事、メイドといったコスチュームに身につけて、イベント空間にすっかりとけ込んでいた。お客さんはメイド喫茶に日頃から足を運んでいるような人達とと、グラフィックデザイン関係の人達と大きく2つの層に感じられた。このイベントがなければ一緒の空間にいることのない人々ではないか…それらをつなげるハモニカビル。メイドの存在。なんともいえない不思議な雰囲気のあるパーティだった。

h001.jpg

今回のエキシビションのハモニカビルの作品には「不思議の国のアリス」を思わせる雰囲気がある。この絵本の主人公もメイドのようなエプロンドレスを着ている。「不思議の国のアリス」というクラシックと、「メイド喫茶」という日本のモダン・カルチャー。それらを併せてグラフィック・デザインでまとめ上げたのが今回のエキシビションであり、オープニングパーティではないか。期間中のSOSOの店内は2000年代における札幌発の「不思議の国」があったのかもしれない…そういったことに頭を巡らすのも楽しく、同時にハモニカビルらしさに心の中でニヤリとしてしまう。

ハモニカビル「ご主人様」展
会期:2007年3月3日(土)〜16日(金)
開場:11:00〜21:00
会場:SOSO
住所;札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
TEL:011-280-2240

オープニングパーティー
日時:2007年3月3日(土) 19:00〜22:00

Text: Shinichi Ishikawa from Numero Deux
Photos: Sharima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE