NIKE 公式オンラインストア

ノルウェー アイスコンサート

HAPPENING

124ice6.jpg

世界中で「暖冬」の言葉が飛び交っている。北海道の雪も例外なく少なく、数々の雪像や氷像が雨に打たれた。第29回となる「千歳・支笏湖氷濤まつり」は、そんな中、今年も湖水をふきかけて創る氷濤で支笏湖の神秘と幻想の世界を再現し、多くの来場者を集めた。会期中の2月14日〜17日、ノルウェーを代表するアーティスト、テリエ・イースングセット一行がこの会場を訪れ、楽器製作の2日間を経て、日本で初めての実施となる「アイスコンサート」を繰り広げた。


124terie.jpg

テリエ・イースングセット。20年以上ものジャズ及びスカンジナヴィア音楽での経験を土台にし、ヨーロッパで活躍するパーカッショニストである。「パーカッション・プロフィール」という本では世界の最もクリエイテイブな25人のパーカッショニストの一人として選ばれており、ノルウェーの木、石、羊の鈴や氷を楽器として使う詩的で簡潔な音づくりのユニークさが注目を集めている。

また、テリエと共に演奏を行うアルヴェ・ヘンリクセンは、同じくノルウェーのトランペット・プレイヤー。トロンハイム大学院音楽部門を卒業後、1989年に活動を開始。その才能は高く評価され、2004年には、ノルウェージャズのニュージェネレーションを代表する1人として選ばれているアーティストだ。

124ice3.jpg

コンサート最終日、まだ日が落ちる前の時間帯。会場では彼らがエンジニアと共に、入念なサウンドチェックを行っていた。『昨晩の演奏はよくできた。が、また昼間に楽器が溶けて壊れてしまった。コンディションを管理することがいちばん大変なんだ。』氷を削って調節したり、『ほんの微妙な角度と接近によってのみ音を拾うことができる』マイクの取り付けを微細に行ったり、大敵であるという風を防ぐためのカバーを取り付けたりする。時おり駆け寄ってくる会場の子供たちに使わなくなった楽器の一部をプレゼントしたりしながら。

124icecon2.jpg

『風が吹いたら中止』という最もデリケートなコンサート。それはとても静かだった。というよりはまず、静かでなければならなかった。開演時間が近づくと、『お静かに』というボードを持ったスタッフが歩き回り、それを伝えるアナウンスが流れる。『手袋を外す音も拾ってしまう』という場内では、携帯電話はもちろんのこと、演奏時間の40分はステージエリアでの移動をも制限された。観客は息をひそめ、ここに日本で初めて公開される氷が奏でる音に耳を傾けた。

124icecon.jpg

足踏みをするテリエから、ザクザクという低くて乾いたビートが響いて演奏はスタート。アルヴェの高温のボイスとアイストランペットが呼応し、寒さに縮こまりながら静かに見守る観客と、クリアなステージに反射するライトのコラボレーションで、幻想的な40分間が作り上げられる。

124icecon3.jpg

当初は一体どんなテリエのパーカッションテクニックが披露されるのだろうと注目したが、パフォーマンス自体はとてもとてもシンプルなものだった。それがさまざまな種類の繊細な氷の音や、生まれる全体の空気感をとても自然に生かしていて、よかった。また印象的だったのは、氷のドラムの幅のあるやわらかい意外な音。

制作2日間で創られた楽器は、トランペットからバスドラムまで、マウスピース以外の全てが氷。ノルウェーではマイナス30度以下の気温の中でも行われ、気温は低ければ低いほど良い条件で良い音が出るという。彼らにとっては少し暖かすぎるかもしれない今年の支笏湖の冬に、しかしこの条件下のこの一瞬でしか成し得ない時間が流れた。
『演奏は披露するのではなく、来場者や周りの環境と一緒につくりあげるもの。』これを全てのライブパフォーマンスの一瞬一瞬に通じる言葉だと思っているが、冬の自然が生む繊細な音に、それが最も静かに強調されたコンサートだった。

TERJE ISUNGSET ICE CONCERT
日時:楽器製作/2007年2月14、15日
   コンサート/2007年2月16、27日 19:00〜
会場:第29回千歳・支笏湖氷濤まつり会場 特設ステージ
主催:支笏湖まちづくり機構Neoステージ
後援:ノルウェー王国大使館、千歳市、千歳市教育委員会
協力:支笏湖まつり実行委員会、Office Ohsawa

アーティスト:テリエ・イースングセット/アルヴェ・ヘンリクセン

Text: Yurie Hatano
Photos: Hiroshi Kotake

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE