NIKE 公式オンラインストア

トゥモロー・メモリーズ

HAPPENING

コレクションテーマは「Re=様々な固定概念をリメイク」

070329sleeper.JPG

And A」は服、雑貨、音楽そしてアートを「And A」という切り口で発信してきたコンセプトショップだ。
オリジナルウェアや小物、雑貨を中心にヨーロッパを中心としたインポートアイテムも展開するほか、多くのデザイナーやアーティストとコラボレーションを行ってきた。また、数々のイベントや展覧会を開催し、お客様とのコミュニケーションをとり、刺激を与えてきた。
今回は新たな試みとして「パケ-ブティック」というプロジェクトのもとショップ店内がラッピングをされるかのように一人のアーティストの作品によって演出された。

ヴィルジニ・ラヴェイはフランス出身の空間アーティスト、アートディレクターである。2005年には雑誌ICONによる最優秀インスタレーション賞を受賞し、様々な形式や媒体を使い、数多くのプロジェクトを手がけてきた。彼女は2006年10月にAnd Aで行われたイベントでもコラボレーションを行っている。And A の今期のコレクションテーマ「Re=様々な固定概念をリメイク」のもと彼女が製作したのは人型にデザインされたカッティングシートをショップ空間に縦横無尽に貼リめぐらせた遊び心のあるインスタレーションだ。

0703291stfloor.JPG

人型は目をつむって眠っているようなポーズでその周りには抽象的でインクを落としたような点が散りばめられていた。私にはその人々が空想しているようにも見え、周りに散りばめられた点は彼らの取りとめのない夢や空想を表しているようだった。物を作るときや何かを考える時、私たちは頭の中にある象徴的なものを捉えて姿形にしてゆく。彼女のインスタレーションはそうした人間の創造行為を表現しており、店内に並ぶ独創的でユニークな服、アクセサリーもその創造行為を経て出来上がったものであることを考えると、とてもファンタジックにショップ全体をラッピングしていた。また、彼女の作品は観ている者に何らかのインスピレーションを与える。それは観る者と作品、もっと言えば And A とお客様のコミュニケーションに繋がっていく。

070329wallon.JPG

And Aは常に私たちへのコミュニケーションを中心にショップのあり方を考えているように思える。それは彼らが行ってきた数多くのイベントや展覧会、店で取り扱うアイテム、そして彼らが手がけるプロジェクト「Wall on」からも伝わってくる。
Wall onは、毎月違うアーティストがデザインし、第3火曜日に配布するというコンセプトの基生まれたアートフリーペーパーで、新たなコミュニケーションを生みだしている。

And Aが発信していくカルチャーはファッションだけでなくライフスタイルにまで影響していく。生活の中にたくさんのアートが存在することに気づくだろうし、またそういったヒントをたくさん提供している。 店内を巡りながら商品やディスプレイを見ているとそれぞれのこだわりや遊び心が見えてくる。アートギャラリーで作品をひとつずつ見るのと同じように。
今後 And A がどのような斬新な形で私たちに問いかけ、話しかけてくるのか。それに対して私たちがどのように返事をしてゆくのか。このポジティブなコミュニケーションは続く。

AND A “TOMORROW’S MEMORIES”
会期:2007年2月23日〜3月26日
時間:11:00〜20:00
会場:And A 大阪店
住所:大阪市西区南堀江1-19-29

Text & Photos: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE