しずおか コンテンツバレー・フェスティバル 2007

HAPPENINGText: Naoko Wowsugi

今年で2回目となる「しずおかコンテンツバレー・フェスティバル(SCVF)」が穏やかな地方都市で開催された。この催しは日本国内外で活動するクオリティーの高いクリエーターやデザイナーが集まり、彼らのジャンルを超えた作品の展示やデジタル作品の上映など内容の濃い3日間となった。

scv002.jpg

SCVFは静岡が世界に向けたコンテンツ産業の発信地になろうという目的のもと設立された組織「しずおかコンテンツバレー推進コンソーシアム(SCV)」の様々な活動の発表の場であるとともに、彼らの事業の一環であるクリエーターと企業とのクリエイティブ・コラボレーションを促進する目的で作られたICNに参加しているデザイナー達がこのフェスティバルのために制作した作品を発表するなど観る側に多くの刺激を与える場でもある。

soba.jpg

このフェスティバルの広告デザインを手がけたスイス人デザインユニット「so+ba」が「こんなにクオリティーの高いデザインや映像作品が集合するのは東京でも実現できないことで、とてもエキサイティングだ」と話す通り、スクリーニングショーケースでは最高のラインナップで定評のあるミュージックビデオ・フェスティバル「ミラーボール」や世界の優れたCMを集めたSHOTS+カンヌ・ライオン「グランプリ」が上映された。

tokyoplastic.jpg

また、デザインショーケースの展示では有名デザイナーのみならず静岡で活動をしている学生やクリエーターの作品展示もある。トーキョープラスティックの作品で参加者が思わず奇声を発してしまうインタラクティブなアニメーションはUKの奇才アニメーター達の最新flashを駆使したアニメーション展で展示されていた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE