マーティン・ローレンツ

PEOPLE

今月のSHIFTカバーは、バルセロナを拠点にTwopoints.Netとして活躍するマーティン・ローレンツ。札幌SOSOで2007年の幕開けとして展開される、彼のプロジェクト「The One Weekend Book Seriess」展に連動してフィーチャーする。エキシビション、カバー、インタビューを合わせてマーティンの旅をお楽しみください。


まず始めに自己紹介をお願いします。

マーティン・ローレンツです。Twopoints.Netの設立者です。ハノーバー(ドイツ西北の港町)に生まれ、18歳の時にコミュニケーションデザインを学びにダルムシュタットへ。その3年後、先生や学校、国を変える必要があると感じ、オランダに移りました。オランダ語を学び、グラフィック/タイポグラフィックデザイン専攻でハーグのロイヤルアカデミー・オブ・アーツに2年通い、卒業しました。先生達は、国際的に評判の企業/タイプデザイナーだったので、企業デザインを専門化する機会を得て、タイプデザインに対する自分の熱意を発見します。2001年にフランクフルトへ移動し、4年間働きました。僕と妻はその間、本当にたくさんの旅行をし、たくさんの場所を知りました。その中で一番気に入ったのがバルセロナです。街、人、気候、食べ物、すべての人生を豊かにするものを、ここバルセロナで見つけました。スペイン語を勉強し、スペインに移ってきました。

そしてやっと腰を落ち着け、戦略的デザイン/コミュニケーションの会社を設立しました。学校で教えているデザインプロジェクトの他に、デザインワークショップや講義も行っています。

2000年以降には、自分たちのプロジェクトも開始しました。これまでにリリースしてきたプロジェクトは「The One Weekend Book Series」「Chinese Whisper」「Poster Series」「Color Combinations」「Cover Of The Week」です。

これらの全ての活動の他にも、バルセロナ大学でデザインの博士課程で研究をしています。今年は、他のヨーロッパの大学と共同で取り組む博士論文からスタートします。デザイナーとアカデミック調査員は、情報、知識、経験等を取り交わす機会のない平行な世界に生きていることが多いです。これが両方の分野の裕福さを意味するとしても。僕の目的は、デザインの可能性を発展させるために、デザイン、社会学、哲学、経済学、と分野を広げて調査を拡大することにあります。

拠点としてきたフランクフルトと現在のバルセロナのアートシーンはどのように違いますか?

この2都市を比べるのは不可能なくらい、違いすぎます。フランクフルトはこじんまりとした良い街です。アートシーンの範囲もとても小さく、ほとんどが主に「Hfg Offenbach」と「Stadelschule」という2つのアートスクールに関係しています。ベルリンの方がアーティストにとって面白いようなので、ある程度の段階でみんなベルリンや、他の大きな都市に移って行きます。
バルセロナはとてつもなくエネルギーにあふれた場所です。僕の友人であるボリス・ホペックが、バルセロナに住んでいるから世界を旅する必要がもうない気がする、と言っていたことがありました。本当にたくさんのことがここでは起こっています。常に世界が訪れる場所といった感じです。


最近の主な活動を教えてください。

Twopoints.Netは、戦略的デザインとコミュニケーションのための有限会社として設立しました。バルセロナの中心にオフィスを構え、研修員を得ました。年末にはもう1人雇うことを望んでいて、つまりTwopoints.Netはオフィスをベースに4人、それから頻繁に一緒に働くネットワークからの多数から成ることになります。より大きなプロジェクトを運営するのに最適のシステムです。

SOSOで展開されるエキシビション「The One Weekend Book Series」の見どころは何ですか?

「The One Weekend Book Series」は2003年から運営しているプロジェクトです。その名の通り、一回のウィークエンドに一冊の本を制作します。それぞれの本で、僕とゲストアーティストはその都市を体験するための48時間を与えられ、それを記録し、コンピューターを使わない条件でビジュアルダイアリーをつくるのです。その結果、48時間のビジュアルエンターテイメント調査の記録と、訪れる都市の定義が生まれます。

通常のシティガイドには載せられていない場所や状況をレポートすると共に、そのレポーター達の個人的なメッセージを露呈します。この場合、都市を理解するということは、主に本を制作するということに繋がっています。

過去4年間で、フランクフルトアムマイン、コペンハーゲン、ニューヨークシティ、ハーグ、ミラノ、バルセロナで本を制作し、エキシビションを展開してきました。スペインの出版社Actarが、このプロジェクトが大きなものになると認識し、始めの5冊を編成して再出版することを決めました。2006年からこの美しい300ページの本は世界に流通しています。エキシビションでもこの本は販売される予定です。

SOSOでのエキシビションではこの本の他に、本から選出15作品のノーカット版オリジナルプリントと、ベルリンの「Hey-Presto」が、バルセロナの「Trafalgar13」のサウンドと共に手がける「The One Weekend Book Series」のムービーを公開します。世界初公開です。お見逃しなく!

このプロジェクトの旅中に起こった印象的なストーリーはありますか?

面白いストーリーかどうかはわかりませんが、講義の際に喜ばれる話があります。ニューヨークシティの本の始めに掲載されている髪の毛についての話です。

僕達は金曜の午後、ニューヨークシティーに着きました。ひどい時差ぼけで落ち着かない夜を過ごし、土曜の朝にヨシ・ソデオカのスタジオに到着しました。数時間、活動を始めようと試みたのですが、あまりにも疲れすぎて、インスピレーションが湧いてきませんでした。近くでコーヒーを飲みに出かけました。ヨシのスタジオはマンハッタンの低い位置、SOHOにあり、僕達は側のセルフサービルのコーヒーショップに行きました。僕は、目に入るものをなんでもスケッチし始めました。ニューヨークシティの全ての要素が、フィルムやドローイングなど、メディアに収められているように思えます。僕のドローイングも、すでにあるもののコピーのようなつまらないものに見えました。そして、僕は通り過ぎる人達を描き始めたのです。マンハッタンを知っている人、人がどれくらい速く歩くか知っている人達を。つまり僕が髪の毛のシリーズを描いた理由とは、彼らが通り過ぎるのが速すぎて、髪の毛以外のものを描けなかったからです。

このプロジェクトの醍醐味は何ですか?この先の計画はありますか?

コペンハーゲンの本のゲストアーティスト、スネー・エラーズはこう言っています。『ドローイングや何かを通したコミュニケーションについて、何十億の決まり文句を聞いてきましたが、それは壮大な経験でした。「The One Weekend Book Series」の場合、まさに私が「コミュニケート」した、と感じたものです。2人のチームメイト(キャスパー・リースホルトとマーティン・ローレンツ)とは、メールだけで実際に会ったことはありませんでした。少なくとも私にとってこのセッションは、ビジュアルの会話だったのです。ペンと紙の上で低く構え、どうしようもないいたずら書きに反応し、奇妙な言語が具体化して、引き継がれていきました。それはスリルなことでした。』

この先に関しても、エキサイティングなプランがたくさんあるのですが、確定していないものが多いので、ここでは話さない方が良いでしょう。ぜひ、サイトをチェックして、ニュースレターのメーリングリストに登録してください。随時お知らせします。

SHIFTカバーのコンセプトを教えてください。

もっと自然の中で時間を過ごしてみてください、そうすれば隠されたものを発見できるでしょう、というとてもシンプルなメッセージです。

プロジェクト以外のこの先の計画は何ですか?

計画とは言えないと思いますが、近い先に起こる一番大事なことは、2月に初めての息子が誕生することです。みんなが想像もできないほど、僕は彼の手を握ることを楽しみにしています。

最後にメッセージをお願いします。

見たものや読んだものを気に入ってくれましたら、一言ください。


Martin Lorenz | Twopoints.Net

住所: C / Bertrellans 4, Ppal 2a, 08002 Barcelona
TEL: 0034 933 185 372
http://www.Twopoints.Net
http://www.TheOneWeekendBookSeries.com

Text and translation: Yurie Hatano

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE