ジュン・オソン

PEOPLE

今月のカバーを手掛けたのは、「SHIFT2007カレンダー」で作品がフィーチャーされたイラストレーター、JUN OSON。ユーモアのセンスを持つ独特なタッチが印象的だ。カバーはストーリー仕立てになっている。インタビューをご覧になったあとでまた見て頂きたい。


はじめに自己紹介をお願いします。

こんにちは。イラストレーターのJUN OSONと申します。1979年日本生まれ、日本育ちです。
大学でデザインの勉強をした後、1年ほどデザイン事務所に勤務しました。退社後、イラストレーターとして活動を開始しました。

イラストレーターとして活動を始めたきっかけは何ですか?

子どもの頃から絵は好きだったのですが『絵を描かないと生きてゆけない』というほど好きでもなかったので、絵と同じくらい好きだった商業デザインのほうが現実的だと思い、デザインを勉強するために大学に入りました。大学卒業後もデザイナーになりたいという気持ちに変わりはなく、名古屋の小さなデザイン事務所に勤務しました。しかし、そこには自分が想像していたデザイン業務とはあまりにかけ離れた現実がありました。そんなことから、初心に戻り『自分の好きな絵で食べていけないか?』という想いが強くなり、イラストレーターを目指す決心をしました。

主な作品をいくつか紹介してください。

僕のホームページJUNOSON.COMにて掲載している作品が主となります。

まずはフラッシュアニメーション。「AllWAYS マナーモード・マナちゃん」と言います。
実はこれがフラッシュアニメーション初挑戦の作品です。


<!–//–>

僕は街に出たりして公共のマナーを守らない人間を見るととても気になります。と同時に『自分が神経質なだけではないか?』という発想も浮かぶのですが。
「AllWAYS マナーモード・マナちゃん」ではいろんな解釈のあるマナーについておもしろおかしく、そしてかわいくアニメーションにしました。

次にミニマンガですが「FREEMAN」というタイトルです。
その名の通り、職に就いていない主人公アレックスやその回りのキャラクターが巻き起こす、シュールコメディです。
先にお話した通り、僕は普段ルールばかり気になる性格なのですが、その逆の事をアレックス達にやらせている感じです。

最近の活動について教えてください。

最近は主にウェブに使用されるイラストレーションや、Tシャツのグラフィックの仕事をこなしつつ、精力的に個展開催やコンペティションへの応募などをして、自分をより広く知ってもらう活動をしています。

タイトルやコピーが印象的だったり、作品の裏にはストーリーも見えますが、そういった言葉やメッセージのポリシーについて教えてください。

そう感じ取っていただけるととても嬉しいです。僕はポップ・アートが好きなのですが、ポップ・アートが持
つ“茶化す”部分にとても惹かれるのです。例えばウォーホルはキャンベルスープそのままを印刷し、デュシャンは便器にサインをして、『芸術です』と言い切りました。それらを見たときにとても衝撃を受け、今でも強く残っています。

現在、僕の回りにもそうした“茶化す”感覚をバランス良く持っているアーティストが多数いますが、彼らが作る作品はものすごく格好良いのです。僕の作品はそんな大層なものではありませんが、“茶化す”感じは常に意識しています。

ストーリーに関しては架空の物語を想像しながら描くこと多いので、そういう印象を与えるのかもしれません。その架空の物語の延長として「妄想CDジャケット」というシリーズを作りました。
誰からも頼まれていないのに、ありもしないバンドのCDジャケットを制作するのです。

SHIFT2007カレンダー・コンペティションにご応募されたきっかけは?

SHIFT自体は学生時代から知っていました。そのうちにカレンダーコンペティションが行われていることを知りましたが、憧れだけを抱きつつ『自分では到底無理だろう』と思っていました。しかし、一年前に上京したのをきっかけに意欲的にコンペティションに参加するようになり、その一環として前々から憧れていたカレンダーコンペティションに応募してみようと思い立ちました。

カレンダー選出作品について教えてください。

ピーナッツ頭のヴィーナスと山と波と水色の背景です。ゴチャゴチャしたものがあまり好きではないので、できる限り無駄なものは削ぎ落としました。
このヴィーナスはご存じの通り、「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスをピーナッツ頭にしたものです。
元々は手描きでキャンバスに描いてあったものを、Macに取り込んでベクトルデータ化して他の要素と組み合わせました。

今月のSHIFTカバーのコンセプトを教えてください。

インタビューを受けている左の男が『ちょっと待って』と途中でインタビューを中断します。ポケットに手を突っ込んで股間のポジションを直して『オッケー』とインタビュー再開の合図を出しました。“ポジションをシフト”というタイトルが妥当かもしれません。
このアニメーションだけを見て『あぁ、そういう意味でシフトか』と分かる人は恐らく存在しないと思いますので、この説明を読んだらもう一度見ていただきたいです。新たな面白さが発見できると思います。特に男の表情は見物です。そして、会話内容を想像してもらったり、「なんか面白い」と思っていただければ制作者冥利に尽きます。

これからの予定は?

今回のカバーを作っていて再確認しましたが、アニメーションの制作は大変であると同時に思い通りの動きになった時の気持ちよさはかなりのものです。ですので、今後は積極的にアニメーションを制作していきたいと思っています。あと、海外に一度も行ったことがないので行ってみたいです!

最後にメッセージをお願いします。

今後も地道に頑張っていきますので、少しでも気に留めておいて頂けると幸いです。
また、一言でもいいので今回の表紙の感想など頂けると嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


JUN OSON

住所: 東京都練馬区練馬3-13-2 アミューズ練馬203
TEL:03-3993-1741
info@junoson.com
http://www.junoson.com

Text and translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE