NIKE 公式オンラインストア

イリーナ・フィゼレウ

PEOPLE


突然にジュエリーへの関心が高まっているようだ。ファッショナブルなジュエリーが常にいろいろなところに出回わり、展示会では洋服メーカーよりもジュエリーデザイナーの方が多いくらいだ。実際、ファッション・ブエノスアイリスはこのトレンドの高まりを証明し、その後押しをしている。

ここでファッションにスピリットを持ったイリーナ・フィゼレウを紹介したいと思う。彼女はコレクションごとに世界を作り、またその作品の裏にコンセプトを持っているデザイナーだ。それが彼女の作品をより美しくしている。アイリナは根気よく作品を紹介し、寛大で人と繋がっているのが好きな人である。まるで皆が彼女の作品の一部になったように、それらは再結合(ジュエリーと身につける人が)したときだけに意味をなす。『私はいつもコレクションのコンセプトに基づいて作品を作ります。』と、イリーナは言う。『私は言語やシステムを見つけ、そしてそれと同じアイディアのもとにコレクションを作りたいのです。』

イリーナはグラフィックデザイナーであるが、ステージシーン、ペーパークラフトテクニック、ピアノ、ジュエリーの勉強もしてきた。オフィスで科学の研究をしていた間も、他の何かを探していた。その何年間の人生は複雑であったが、ついに彼女はプロフェッショナルジュエリーデザイナーという自分の道を見つけ今に至る。2001年にブエノスアイリスのジュエリー・マニシパル・スクールを卒業し、また、素晴らしいアーティストであるサーキスとプジアと共に学んだ。

身近にいいブランドがなかった事もあり、イリーナは自身のブランドを立ち上げた。オマ・デザイン、プロ・ディセオ、エクスポ・トラスティエンダや2006年9月のファッションブエノスアイリスデザインのイベントなど、様々な展示会に出席するようになり、そしてまた賞も取り始めた。最初の賞はアルゼンチン・ジュエリーデザイナー協会で、「プレイオメトリー(Playometry)」という彼女のコレクションがブエノスアイレスの市政府からデザインインダストリーコンテスト賞を与えらた。

『ジュエリーデザイナー達は最近互いの結びつきを強くし、そしてそれが一種のムーブメントになっています。私たちはエスパシオ・エクレクティコで作品を発表し、コンプリシス(アコンプリシス)という名のグループを作りました。展示のテーマは「メモリー(記憶)」で私にとっては可能性への挑戦でした。そして私は新しい素材を試して何か新しい物を作ろうと決めたのです。私はメモリーのコンセプトを容器にして作業を
進めたので、丸みを帯びたもの、女性らしい物になりました。私にとってこれはリスクをともなうチャンスでした。』と、イリーナは語る。

彼女はまたブラジル人とアルゼンチン人のジュエリーデザイナー達と合同で、お互いの繋がりに関連した作品の展示会の開催にも取り組んでいる。この展示会は後数日でオープニングを迎えるため、イリーナは追い込みで大忙しである。『このようなグループワークがとても好きです。私たちの作業はとても孤独なので。』

ある人はこの分野での競争は疲れるものだと思うかもしれない。またある人はデザイナー達はお互いに嫉妬し合ってると思うかもしれない。しかしそれは間違いで、少なくともイリーナはすべての知り合いのデザイナーにメールをしてブラジリアン展示会の機会を与える人であった。彼女に取ってこれは、分かち合える、遊び心のある経験であり、それを彼女自身が楽しんでいるのだ。彼女の目と作品をみればわかる。私達はもちろん全部の作品を持って帰りたい。

しかし、私達は一つをギフトとして頂いた。最近もらった一番素敵なギフトだった。

Text: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Kimiyo Nishihara

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE