オクトマニア 展

HAPPENING


私は7歳の頃、1989年の香港映画「God of Gamblers」でギャンブルの世界を知った。チョウ・ユンファの超クールなギャンブラーのキャラクターによる神わざと巧妙なテクニックの影響を受けて、友人と私はトランプゲームにのめり込み、「Go Fish(伝統的なカードゲーム)」を卒業して「Big 2(大富豪のようなゲーム)」までするようになった。「Big 2」では、チョウ・ユンファのサインの動きのまねをし、2のエースに変えることを願いながら手のひらの間でカードをこする。実際ただの手ふざけにすぎないのだが、魔法のようにカードを変えたいというお茶目な願望と共にとても魅力的な技だった。私がこれまでギャンブルをした経験をあげるとしたら、1番近いのがこの「Big 2」だ。
パラ/サイト・アート・スペース」にて、クリスティーナ・リーがキュレーションを務めたギャンブルと占いの関係を考察するグループ展「オクトマニア(オン・ドローイング・ザ・ナンバー・エイト)」のオープニングに足を運んだ時、この懐かしい記憶が私の頭に浮かんだ。

「God of Gamblers」に起因するギャンブル映画のローカルジャンルにインスパイアされた「オクトマニア」は、珠江デルタ地方、香港、廣州、マカオ出身の5人のアーティストをフィーチャーする。珠江デルタに位置するこのエキシビションは、中国の背景における伝統的な民俗文化とギャンブルの関わりの役割を証明するものだ。信仰のシステムは別として、聖職者の宗教に影響をうけている中国の民俗宗教は毎日の文化に組み込まれている。同様に、ギャンブルの最も初期の話が中国(2000-1500紀元前)で記録されたように、家庭麻雀からマカオのカジノホールにまで及ぶ現代の顕現は、中国人の生活への統合を明らかにする。さらに民間信仰と迷信の影響はギャンブルの習慣として信仰して来た。一番の例は、ラッキーナンバー、アンラッキーナンバーの同音異義語の役割だ。例えばこのエキシビションの中国名(拾發)は広東語の18番の斉唱であり、「確実に成功」というフレーズの音に近い。

ペインティング、インスタレーション、ミクスド・メディアなどの作品で、現代の流通や、古い習慣、偶像崇拝、空虚な願望などのテーマを探る。ジョウ・タオのインスタレーション「Wish you make a pile」は“ビジネス・スリーブ”に関する彼のとんでもない解釈を提供する。古い中国映画に描写されているように、拡張されたスリーブ(袖)は通過交渉の際の秘密の握手を隠すためのもの。タオのビデオは現代のビジネス・スリーブのための露天商人としての試みを記録したもので、アメリカの星条旗プリント、オサマ・ビン・ラディンのプリント、アクリルの毛皮など、様々な素材でできた2フィートの長いチューブなどがある。さらにビデオは、細長いスリーブが付いたスリーピースのスーツを着ている2人のビジネスマンの間で行われる、おかしくて静かな握手取引の場面も含む。そのビデオに登場するスーツ、露天商人のディスプレイなどがタオのインスタレーションに加わわる。

デューン・チェンユイのペインティング「Art Chicken No. 11」にもまた、繁栄の現代の意味が現れている。高貴で繁栄の意味を持つおびただしいイメージを使用し、ユイは現代の中国内における伝統的な農耕の役割の奇妙な分析を投げかける。はさみを持って鶏に行う農業者の儀式を囲むキクを表現し、ユーは急速に発展する社会の変化値に対する反映を投げかける。オットー・リーのシリーズのタイトル「黄金の右足」は、デイビッド・ベッカムの伝説的な手足のような中国名から翻訳されたもの。一枚の「黄金の右足」のペインティングに、ルーレットテーブルのレイアウトを解釈した同じシルエットのペンティング。リーの分析は、運動と宗教の図像を明らかにする。ベッカムの神のような存在の結果がサッカー界を天国のような領地に押し上げ、特に賭けが関わる時、高められる。

チュウ・ユンの「人生行路(II)」は中国広東省警察によって発行された指名手配人のリストが増刷されたポスターを提供する。自由に持ち帰ることができるこれらの再現には、社会的に擾乱されるものと、道徳律と自分達の規格を是認する人々の間のパワー力学が反映されている。各犯罪者が5000民元を負担するため、賞を与えることで取り締まりへの公衆参加を促している。

ビアンカ・リーのインスタレーション「Faith in fakes – Make your bet!」は、回転ライトの周りの38個の鳥篭をアレンジしたもの。天井、壁、床に影を回らせながら投げかける。ルーレットホイールの上のスロットの数に基づいたレイの作品は、ギャンブルの負の衝撃を強調しながら、都市の自己罠としてゲーミングを解釈し、マカオのポスト植民地のギャンブル活性への批判的な分析を提供する。オープニングでは、1人の若い少女が影の中でジャンプし踊り始め、彼女に誘われるまま私も参加した。他の客は同じくらいエネルギッシュではなかったが、ワインを飲んで、軽食をとって楽しんでいた。

信じることとギャンブルは共に盲信と危険を必要とする。テーマをからみ合わせたアーティスト達の激しくて遊び心満載の作品は、それらがどう明確に珠江デルタの人々の人生を強調するかをハイライトする。様々な作品を密着したアンサンブルにし、「オクトマニア」は「良いギャンブルを待て!」といったエキシビションを展開している。

Octomania (On drawing the number eight)

会期:2006年9月7日〜10月8日
会場:Para/Site Art Space
TEL:(852) 2517 4620
http://www.para-site.org.hk

Text: Becky Ip
Photos: Joseph Cheung & Horia Coran
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE