NIKE 公式オンラインストア

ミュージック & スカルプチャー

HAPPENINGText: Shinichi Ishikawa

札幌のアーティステックなイベントといえば、ソーソーカフェなどがある西方面か、クラブのあるススキノ方面という印象がある。札幌駅周辺はどうだろうか?JR札幌駅の北口から7〜8分も歩くと市内最大の規模の北海道大学。北大の構内は自然が多く、休日は観光客や一般の人も多くみかける。そのあたりも楽しんでみるのも、ススキノや時計台周辺とは違った楽しみ。そのエリアで行われたイベントを紹介しよう。

「MUSIC & SCULPTURE – 音楽と彫刻」その名のとおり「音楽と彫刻」のイベント。音楽はライブで、そして彫刻もライブ。プロデュースは札幌を拠点に「感じるクリエイション」をテーマに芸術文化事業の企画制作を行っている「sastro」(主宰 木野哲也)。スタートは17時より。会場は「呑喰龍」。札幌駅から歩いて6〜7分の北大キャンパスにほぼ隣接している。

中にはいると本日のイベントの受付があった。そこのすぐ左にいくと店内に入る。入ってすぐに、DJブースと、ドラム、キーボードのライブ・セット組まれてあって,ちょうどDJ中川貴博がプレイを行っていた。その空間は、フロアと飲食の空間が一緒になっていて、奥にカウンターがありDJバーのような雰囲気。お客さんがお酒や食事を楽しんでいた。

庭に出てみる。森林があって全体的に地面がくぼんでいるようで視線が下がる。そのため敷地外の光景がほとんど見えない。1分も歩けば、ビル街のはずなのにそういった光景がまったく見えないので、札幌市から遠く離れた自然の中のレイヴ・パーティの会場に迷い込んだ感じ。

ここでは、このイベントのメインのひとつ彫刻が行われていた。観客の見まもる中、丸太一本をチェインソー削っている人物。その人が彫刻家、国松希根太。1977年札幌出身。現在、文化女子大室蘭短大の美術講師を務めながら、北海道白老町で制作活動を行っている。3年ほど前より、展示会など道内を中心に精力的に活動をしている若きアーティスト。今回のイベントでは、作品の制作をイベント中に行い、作品をステージセットのひとつとしてバンドのライブを行う予定だ。

彫刻の制作というと、ミノとかトンカチのような道具で、コツコツやるというイメージがあった。しかし、今回の国松希根太の制作風景は、チェインソーや、バーナーも使用する。静かというよりも、攻撃的とも思える。作品のイメージは女性の全身像。スケッチが置いてあって、それを見ながら制作が進む。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE