鹿野護

PEOPLE

今月のSHIFTカバーを手がけたのは、仙台と東京に拠点をおく、 コマーシャルやプロモーションビデオを中心としたクリエイティブ・プロダクション「WOW」。「存在する映像」というコンセプトを軸に、インスタレーションやDVDなど様々な表現の実験を試みる「モーションテクスチャー」プロジェクトを初めとし、高品質で常に新 しい映像表現を追求した様々な作品を手がけている。WOWアートディレクターの鹿野氏にお話を伺った。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

鹿野護。私は「WOW」でアートディレクションを手がけています。
これまでコンピューターグラフィックスの技術を使って、CMを中心に様々な映像表現に携わってきました。
また一方で個人的には「未来派図画工作」というサイトを立ち上げ、アルゴリズムによる映像表現をプログラムアートとして発表してきました。
現在は、WOWでやってきたコンピューターグラフィックスと、個人的にやってきたアルゴリズムによる表現を一体化しようとしています。
元々私は情報デザインに興味があったので、プログラミングを映像制作に積極的に取り入れてきたのですが、今後はプログラムだけでは難しい表現を、コンピューターグラフィックスの技術で補おうと考えています。

WOWについて、教えてください。

WOWは仙台と東京に拠点をおき、コマーシャルやプロモーションビデオを中心としたクリエイティブ・プロダクションです。
最初は仙台のメンバーによって始まりましたが、数年前に東京にもオフィスを置き、様々な個性を持ったデザイナーが集まることで、一気に表現の幅が広がりました。

仕事には大きく2つのタイプにわけられると考えています。
一つは「高品質」な映像。これは表現するテーマがすでにあって、それをいかに高い品質で映像化するか、という仕事です。
そしてもう一つは「新しい」映像。インスタレーション作品や新しいメディアへの挑戦、という意味合いが強い仕事です。こちらは前例がないことが多く、いかに柔軟に発想できるかが勝負です。
特に仙台と東京のオフィスの役割を決めているわけではないのですが、仙台では「新しい」映像が生まれる傾向が強いようです。たとえば「レスフェスト」でワールドツアーに選出された「JURYOKU」や「UONUMA」という社内のユニットも、「モーションテクスチャー」も仙台のデザイナー達が作り出しました。
東京のオフィスには、クライアントの高い要求に答えられる、素晴らしいCG技術を持ったデザイナーがそろっています。アイデアをいかに効果的に視覚化するか、そして自然現象をリアルに再現するか。そうした難題をデザイナーの表現力によって日々応えています。
WOWではこの2つ表現力を組み合わせていくことを目標としています。新しい発想と、高い表現力。いまその融合は進行中で、モーションテクスチャーはその始まりだと思っています。

モーションテクスチャーについてもう少し詳しく教えてください。

「存在する映像」というコンセプトを様々なメディアで表現していくプロジェクトです。
定期的にオリジナル作品発表を行っているのですが、今回は作品そのものを中心にするのではなく、コンセプトを中心にしたはじめての試みです。作品はあくまでもメッセージを伝えるための媒体という考え方で、作品作りをしています。これまで、せんだいメディアテークにおけるインスタレーションの展示、そしてDVDをリリースしました。今後もウェブを始めとした様々なメディアでコンセプトを表現していきます。
まずインスタレーション作品では、見る人と作品の相互関係をテーマにしました。これは道を歩くと草木が揺れるような、水たまりの上を歩くと水が波打つような、さりげないインタラクションを「Quartz Composer」という技術を使って表現しました。
DVDでは作者と作品の相互関係がテーマになっています。制作する過程に、シミュレーションやアルゴリズムによるモーションデザインを大胆に導入したのです。デザイナーは彼らの想像力によってイマジネーションの世界を作り出し、そこで様々な現象を起こしました。そしてまるでその世界を記録するかのように映像をデザインしていったのです。これはまるでイマジネーションのドキュメンタリーのような作品になったのではないかと考えています。

せんだいメディアテークでの展示はどのようなものになりましたか?

はしゃぎ回る子供たち、静かに横たわる女性、ゆっくり映像の中を歩き出す人々・・。映像作品と見る人が直接ふれあう瞬間を見て、これから作るべき新しい映像作品のあり方を実感しました。
特に今回は子供たちと年配の方々に好評だったようで、「明日また来ます」と通ってくれた年配の方もいらっしゃったようです。
また巨大な空間に作品を展示することが初めての経験だったのですが、メディアテークの素晴らしいスタッフに素晴らしいサポートをしていただき、準備や展示を通して非常に有意義な体験をしました。来場者数も予想を上回り、我々自身も驚いています。

モーションテクスチャーに関して今後どのような展望がありますか?

現在、東京でのインスタレーション展示の準備を進めています。せんだいメディアテークでの経験を通して見えてきた、いくつか課題をクリアしつつ、バージョンアップしたシステムで展示をする予定です。また、モーションテクスチャーのウェブバージョンも企画進行中です。CGの技術とウェブの表現を融合させた「存在する映像」を我々にしか出来ないオリジナリティのある作品が作れたら良いなと思っています。

最近手がけられてるプロジェクトをいくつか紹介してください。

まず、オリジナルの映像作品を制作中です。これは毎年オリジナル作品を発表しようという一環で作られているものですが、人を宙づりにして撮影したり、背景をフルCGで構築したり、なかなか気合いの入った作品になっています。
また直接作品とは関係がないのですが、社内で様々な取り組みを行っていて、「仕事の3%の時間に読書しよう」という事を始めています。
決まった時間にデザイナーが皆で集まって、様々なジャンルの本を読んでいます。

SHIFTカバーのコンセプトを教えてください。

何かが風にざわめく様子は、その見えない風を想起させ、心を揺さぶり、これから起こる何かを予感させます。本質は変わらない。しかし時間は流れ世界は変わる。“Change”ではなく“Shift”。無常でありながらそれは永遠であるような、そんなイメージを映像化してみました。

今後の計画や、チャレンジしたいことは何でしょうか?

今の時代にしか出来ない表現を追求していきたいです。そのためには視覚的な表現だけを追わずに、その根底にある根拠や理念をしっかりと基礎にする必要があります。すなわち科学や哲学の流れの延長線上にあるようなビジュアルのデザインを目指していきたいと考えています。
そうしたデザインを通して感性を表現したい。それは個人の自主制作だけでは出来ないこと。そして仕事だけでも出来ないこと。WOWで培った高度な表現と、個人的なアイデアの境界から生まれるインスピレーションを具体化する。それは利益追求と自己主張のすき間にある純粋な表現の実験でもあります。はじめて映像を作ったときの興奮。「考える」と「作る」が一つになった表現。それを実現するために私たちは、様々な情報を集めて、考えて、共有していきたいと考えています。

最後にメッセージをお願いします。

数十年後に振り返ったときに、今の時代がとても面白い表現に満ちているような、そんな時代になったら良いなと考えています。ですからこれからも多くの作品を見てみたいですし、私たちも作っていきたい。全員が時代の共同制作社になると良いですね。

WOW
仙台オフィス:仙台市青葉区一番町3-3-5 仙台青葉通りビル6F
東京オフィス:東京都港区南青山3-7-18
info@w0w.co.jp
http://www.w0w.co.jp

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE