NIKE 公式オンラインストア

クリスチャン・ホソイ

PEOPLEText: Christopher Lenz

『ヤツはロックスターだったよ!』 トニー・アルバ
『クリスチャンこそ俺の打ち負かす相手だった。』 トニー・ホーク

僕のように80年代のスケートボードブームを通ってきた人なら、クリスチャン・ホソイという名前は警報をならしてまたその時代の記憶をいくつも運んでくるだろう。

彼は天性の才能を持ち、力強いスタイルと流れるような動きで限界を押しやったスケートボーダーだった。率直な反逆児で、おしゃれで、女たらし。要するに“伊達男”である。多くの人にとっての彼は単なるロックスターで、選ばれた何人かにとってヤツは獰猛な競争相手だった。トニー・ホークとクリスチャン・ホソイは80年代のヴァートコンペティション(ハーフパイプを使用して競う)を支配していた。クリスチャンのパワフルでむちゃなスタイルとトニーの技術的熟練のスリリングなガチンコ勝負だ。

その夜、僕は「ライジング・サン」のワールドプレミアをハンティントンビーチを下ったところにあるクイックシルバーの本拠地で観ることができるラッキーな者のうちの一人だった。会場の全てのエリアを出入りできるリストバンドを装着した後で、ポップコーンのバックとビールを手に取り、俺はその夜にむけて準備万端だった。ほんの数分後、俺はすでにトニー・ホークとジェフ・ホー(あの伝説のチーム「ゼファー・サーフ・チーム」通称ゼット・ボーイズのボードを作った男)にいきあたった。

セレブたちとのおしゃべりの他にも、映画上映の前に沢山の若い才能をスケートボールの中で観ることもできた。スケートボールが全世代のスケートボーダーを結びつけた。この堀の上のへりを「ゼアー・イズ・ノー・トゥモロー」みたいにきりさいて滑る写真の若者のように。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE