ニコラス・クラウズ

PEOPLE


Portrait of Nicolas Clauss © Nicolas Clauss


2004年、デジタルアートの関する論文の調べ物をしていたとき偶然にニコラス・クラウズのウェブサイトを見つけた。私は一瞬にして彼の作品に虜になり、すぐにでも本人にそれを伝えたいと思った。今思うとちょっと異常かもしれないが、これが私たちの友情の始まりだった。

それから連絡をとるようになり、今や彼の作品は私にとって切っても切り離せない存在になっている。今回はシフトの読者のために彼をインタビューしてきた。

De l’Art si je veux(求めればアート)」という作品は私が最初に知ったプロジェクトだが、この30ちょっとの作品は彼が15歳から描いているものだ。ニコラスは学業に関してあまり得意ではなく、まず社会学を学んだ。これは人と人とのつながりの可能性や、自分が生きる現代について向かうべきところなど影響を受けた。大学を卒業後、彼は数年かけてオーストラリア、インド、韓国を旅をし、その間たくさんの絵を描いた。『僕は自分の思い描いているアートを実現したくて、インターネットで出来る可能なことに挑戦したかったんだ。今思うと80年代から「NO5」というかなり初期のコンピューターを使っていたよ。あの時はコンピューターをよく知ることができたし、想像力もかなり広がった時期だった。』

コンピューターアートを学んだ数年後、2000年にイメージフォーラムでジャン・ジャックス・バージの「Le Ciel est Bleu(空は青い)」プロジェクトにニコラスは出会った。


Le Ciel est Bleu © Nicolas Clauss

展覧会後、2人は主に「De l’Art si je Veux」や、他いくつかのプロジェクトを一緒に手がけた。また「De l’Art si je veux」は私が一番心に残った作品でもある。ニコラスは言う、『僕はラ・マン市(パリから南に一時間行ったところ)に許可をもらって、10歳から15歳の5人の子供たちと一緒にアーマン、フランシスコ・ベーコン、ベン、クリスチャン・ボルタンスキー、マウリツィオ・カテラン、ジェイク・ディノス・シャンパン、マルセル・デュシャン、エドワルド・ムンクのような現代アーティスト達の作品を感じ取り、デジタルシリーズとして作品制作をしたんだ。』


De l’Art si je veux © Nicolas Clauss

『一番最近の展示会はパリにある「リカルド・ポール・ギャラリー」で行われ、 「ネモ音楽フェステバル」の開催中に「Les Portes(ドア)」を紹介したんだよ。これはこれでとても凄い良い経験になったんだけど、子供たちや色んな人たちと一緒に作品を作り、もっと社会的なプロジェクトの広がりを見せることが僕のやりたいアートワークだってことがわかったんだ』


Les Portes © Nicolas Clauss

多くのニコラスのプロジェクトはインターネット上で見ることができる。作品のいくつかが後に展示物として企画されるのも、美術館関係者がインターネットを見て展示をしたいと思ってくれるのがほとんどなので、彼は最初にネットで作品を紹介するということを大事にしている。

目を輝かせながらニコラスは前回のプロジェクト「L’Ardoise(記録)」についてアニメーションを使いながら話してくれた。『いま南フランスに住んでいるアーティストを注目しているんだ。その人は南フランスに住居をかまえ、11歳から15歳の300人の子供達と一緒に作品制作しているんだよ。その描かれた200をもの作品を僕がインターネットプロジェクトで使わせてもらったんだ。』これらの絵は一色または二色の墨汁しか使わない。『このアートプロジェクト全体の一番重要な部分を理解したかったし、また子供達の反応を強調したかったんだ。「Ici et maintenant, enfer ou paradis(ここで今、天国か地獄か)」。“記録”はフランス語で“恩義”という意味もあるんだよ。これは僕たちが子供たちへ残すものだよね。』

最後の展示会は2006年4月にベジエで開催され、訪れた人は私たちの世界観、子供たちのメッセージに触れることができた。


L’Ardoise © Quentin Groosman

彼は型にはまったアーティストではないことは確かなので、最後に私はニコラスに何に一番影響されたか聞くと、ミシェル・ポルタル、イヴ・ローベルやスティーブ・ライシュのような時代の先端を行っているミュージシャン達や、かたや旅先で出会った韓国や日本の古典的な音楽がほとんどのインスピレーション源になっていると説明してくれた。

ニコラスはタピエス、ラッセンバーグ、デブッフェのような絵描きやアーティストと時々息抜きをしている。またドゥ・ゼンジュや「Oculart.com」、ホーゲル・ブルゲらのデジタルアーティストもニコラスに注目されているのも確かだ。

私はパリから一時間弱のカントリーサイドにあるニコラスの家で2時間以上過ごし、彼がこのような素敵な環境のもとで活動していることを知れたのは大きな収穫だった。今後も彼の活動から目が離すことはできない。

Text: Sarah Boisson
Translation: Chiyoko Jinba

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE