ピーター・サザーランド

PEOPLE


Peter Sutherland, photos from “Sightings” series


1998年にコロラドからニューヨークシティーに移り、ニューヨークを拠点に活動しているアーティスト、ピーター・サザーランド。この都市にたどり着き、ベジタリアンのレストランで働いていた彼には、ここで本当にすべき大きな野望はまだ見えていなかった。それが明確になったのは、街を徘徊するスケートボーダー達のドキュメンタリー映画を実験的に撮影した後である。ピーターはそれ以来、最近もその勢いをますます増し続ける写真とドキュメンタリー映画の両方を含む、無数の個人プロジェクトに取り組み始めた。


Peter Sutherland, photos from “Sightings” series

最初のプロジェクト「ペダル」は、ピーターがニューヨークシティーに移って来て間もなく撮ったドキュメンタリーであり、ニューヨークシティーのサイクルメッセンジャー達の説得力のある描写、この危険な仕事に存在する魅惑的な文化である。2001年に、南部の「サウスウエスト映画祭」、ニューヨークの「バイセクル映画祭」にて初上映となり、後に「サンダンス・チャンネル」(インディーズ映画のケーブルチャンネル)にて2004年まで放映された。映画製作中は200人ものメッセンジャーに働きかけ、そのうちニューヨーカー達がよく目にするがこれまでに実態を何も知られてこなかった人生の部分を最も立証する者をフィーチャーしたのだ、とピーターは僕に説明してくれる。映画に関して正式なトレーニングも受けず、ピーターはカメラを持って出かけ、80時間近くもの映像を撮った。その多くが彼のスケートボード上から、仕事に出かけるライダー達を激しく追跡したものだ。


Stills from ‘Pedal’. Photographs and Film Directed by Peter Sutherland, Film Produced by Ana Lombardo. Published by powerHouse Books. Distributed in Japan by Shimada.

ピーターが、メッセンジャーが繰り広げる人生や物語の多くを捉え、示すことができたのは明らかである。そしてその理由は計画的には行かない数々の場面をおさめていることにもある。例えば、ある若い女性メッセンジャーが混雑した交差点を乗り切ろうとした際に、車に強くぶつけられた場面。彼女は無傷で立ち上がり、壊れた自転車を調べるだけだった。

そういったエキセントリックなキャラクターが、この作品「ペダル」を魅惑的にし、多くの人々から隠れたところにあるサブカルチャーのスナップを見る者に提供しているのは明らかだ。ピーターは、彼が描きたいと感じるありとあらゆる種類の人々を捕らえるコツを持っているように見え、数々のプロジェクトでそれを示してきた。作品「オートグラフ」もそのうちの1つだ。これはピーターがニューヨークの最も悪名高いグラフィティ・アーティスト達を捕らえた写真集のタイトルで、ニューヨークシティを背景としながらも、57のポートレイトそれぞれが異なったロケ地で撮影されている。さらに、それぞれの写真では個々のアーティストが本物のタギングを行っている。ピーターと対象者たちとのこのコラボレーションは、通常“立ち入り禁止”である部分に立ち入っていた。多くの人々がアートとして見るデリケートなバランスを考慮し、ピーターはこれら多くのグラフィティ・アーティストたちを匿名で撮影したが、不法な公共物の崩壊という人もいるだろう。ニューヨークは9月11日のテロ以来、ストリートやそれらをカンバスとして利用する人々を「クリーンアップ」しようとする傾向にシフトしていて、寛容さをなくしている。しかし彼らの名を隠しながら、この本もまた「ペダル」のフィルムのように、存在していることは知っているが直接体験できないものに対する興味深い一瞥を読者に与えるのだ。


Photos from the book ‘Autograf’. Published by powerHouse Books

ピーターが過去3年かけて取り組んで来た別のドキュメンタリー「ザ・マザー・プロジェクト」は、今年の「トライベッカ映画祭」にて世界初上映が決まり、僕がピーターにインタビューを以来した時、彼はこのイベントのプレスキットの準備に忙しくしていた。3年に渡る撮影で、この換気的で啓発的なドキュメンタリーは、活動的で議論を呼ぶ個性的なアート・フォトグラファー、ティアニー・ギアーロンが精神分裂病患者の母親と彼女の非常に個人的な関係を分析するという、新しい一連の作品を完成するまでを追う。ティアニー・ギアーロンは、当時6歳と4歳であった2人の子供、エミリーとマイケルが動物マスク以外は完全に裸でカメラに向かった写真で、イギリスにて激しい議論を呼んだ。この作品もまた、難しい状況にアクセスし、対象に対する大いなる敬意と理解をもって背後にある無視できないストーリーを捕らえるという、ピーターの能力を示す例である。


Peter Sutherland, photos from “Deer” series

ピーターは写真作品に関して、それはフィルム撮影の際に気にしなければならないサウンドや重たい機材について気にすることなく楽しめる、より個人的なアートフォームである、と言う。コントロールしながら能力を自由に発揮できることが、どうしてか写真を、より簡単でより楽しめるものにすると。


Peter Sutherland, photos from “Deer” series

彼が選ぶ撮影の対象は、彼が常に記録しようとアイディアを得ているものであり、同時に少しずつ培われる過程におけるアイディアもあるだろう。最新の冒険である「バックショッツ」というタイトルの鹿についての本は、彼が育ったコロラドで、ダイレクトに鹿の自然の生息地やそれらを追うハンターたちに迫ったもの。『僕はいつも動物を飼うということ、犬や猫を所有するという事実を気にしてきました。鹿は、犬や猫のように飼うことができない家庭内環境に住んでいて、だから鹿が好きです。』動物界に対する興味は、ピーターの作品内よく見られるテーマだ。彼が初めてカメラで捕らえた映像には、暗い夜空の中、フラッシュに反映したガの群れがまるで星のように現れるものがある。また、友人の結婚パーティーの裏庭で撮った別の映像には、遠くからピーターのレンズを真っすぐに見つめ、一瞬固まった野生の狐が映っている。この映像は、ピーターが正しい時に正しい場所にいたことによって捕らえることが出来た狐と人間の“気まずい瞬間”のほんの一例だ。

ピーターに現在の作品や今後の予定について聞くと、いくつかのプロジェクトについて教えてくれた。彼がチャイナタウンで出会った、何十匹ものペットの猫が住むライトバンに暮らす、風変わりな男性についてのフィルムがその1つ。あまり受けないだろうことをピーターは認めているのだが、『これは不気味になるよ!』と言う。それから取り組み中の本もある。ピーターのお気に入りのヒップホップアーティストの1人、ブルックリン在住のラッパーのポートレイトだ。ピーターはパフォーマンスを見て、コラボレーションに興味はないかと話しかけた。度々ある商業的な仕事に時間をやりくりしなればならないにもかかわらず、ピーターを自称ワーカホリックに駆り立てるのはこれらの個人的なプロジェクトである。彼の現在の時間は、フリーランスとしての仕事、ドキュメンタリーのアシスタントとしての仕事、マガジンの撮影に分けられる。にもかかわらず、彼が言うには現在の比率は70:30で、70%を個人のプロジェクトに費やし、残りの30%を商業的な仕事にあてているという。僕は即座にそれは健康的な比率ですね!と返しながら、羨ましく思わずにはいられない。

Text: Garry Waller
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE