リソリューション/ディソリューション

HAPPENING


本文とは直接関係ないが、3月末より「ベルリン・ビエンナーレ」が始まる。一つ面白い事に気づいたのだが、この「ベルリン・ビエンナーレ」という世界規模の展覧会に合わせて、他にも幾つかの小・中規模、かつクオリティの高い展覧会が企画されている事だった。これらにはあたかものさらに質の高い展示を見せんばかりの気迫と意気込みを感じる。

今回紹介する「Resolution/Dissolution II」は連続企画の2回目のメディアアート展で、第1回目は1月14日から2月12日に開催されており、その期間はまさに「トランスメディアーレ06」と同時期だった。この展覧会は、「NGBK」では過去数回興味深い展覧会を企画した「リアリズムスタジオ」の企画で、今回はそのメンバーでもあるベルリン在住のメディアアーティスト、フリードリケ・アンダースを中心に企画された。各国から気鋭のメディアアーティストの参加は国際経験が豊富な彼女のキャリアによるところが大きいだろうか。

しかし今から思えば、第一回目の展覧会について特に記録を取らなかった事が悔やまれる。今回はサブタイトルを「ノイズ信号」と題している。一般的なテクノロジーを普段とは違う形で用いた作品が多かったように思う。

例えば、サウンドアーティストでもあるカール・ミヒャエル・フォン・ハウスヴォルフは、漁船等に積む商用ソナーレーダーを利用して、空間に潜む知覚可能範囲外の音の検出を試みていた。アキム・モーネは、スライド投影機の明かりを用いて、観客の訪れる空間に舞い散る埃に光を当て、これをプロジェクションしていた。誰もが使える道具をアーティスティックな発想で作品へと昇華させている。

同じ様な例としては、ジム・キャンベルはニュース映像や新聞、映画といった既存のイメージをスライドフィルムに印刷しそれを絵画的な構成を以て重ねるに事により全く別の暗喩的なイメージを提示している。

またタチャーナ・マルシクは彼女の故郷である旧ユーゴスラビアの映像を映像圧縮技術でもって取り込み加工し並べて投影することで、あたかも夢の出来事であったかような新たなイメージを獲得している。

それとは対照的にキルステン・ヨハンセンは道具そのものである小型TVを作品の要素としている。これらの小型TVには帯域外にチャンネルを合わせた時に表示されるノイズに似た映像が映っており、あたかもそれが“帯域外”以外の意味を持つかのようだった。

そして最も印象に残った作品は、会場に入ってすぐ目に入る壁に投影された映像。 時速200km-300kmで高速道路を走行中のバイクのフロントにカメラをつけて撮影したマティアス・ファルドバッケンの作品。車体はほぼ常に傾斜し、トラックや乗用車の間をすり抜ける。それはあたかも映画「マトリックス・リローデッド」のごとく非日常的でスリリングな体験をもたらしていた。
その他、ヤンス・ブランド、アストリッド・ニッポルドもこの展覧会に参加していた。
ちなみに、第3回目は6月22日から8月27日まで。

Resolution/Dissolution II – RAUSCH/EN
会期:2006年2月25日〜3月26日
会場:NGBK
住所:Oranienstr. 25, 10999 Berlin
http://www.ngbk.de

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE