ジーン・トシェ

PEOPLE


「バーン・ベイビー・バーン」は最新のアメリカ行政に対する政治評論家であるベルギー生まれのアメリカ人アーティスト、ジーン・トシェによって生み出される幅広い作品を集めた展覧会。「アートアンドギャラリー」で展示されている全ての出版物はもともとトシェがデジタル方式で処理した写真の自画像のポストカードがもとになっており、それらは新聞、テレビの一連の画面や個人的な観察から引用されたものだ。
彼の家があるニューヨークシティ、スタテン島から彼は1日に50枚を基準としてポストカードをアーティスト、報道記者それから公的な人々を含む選ばれた住所録へと送っているのだ。

ジーン・トシェはジョン・ヘンドリックスとポピー・ジョンソンと共に「GAAG」(Guerrillla Action Art Group)を設立した年である70年代から活動を始めている。
1974年3月FBIは彼をアメリカン美術館にて乱暴に警察の批評をしたものが彼の作品の中にあるとして逮捕し、その結果彼には禁固刑が科された。しかしそこで300を越すアーティストによる彼の釈放を要請する署名があつまったのだった。彼が直面した問題は刑務所だけではなかった。とういうのは、彼が精神的抑制を経験したメトロポリタン美術館で開催された社交界の催しの際に虫を食卓テーブルの上に置いた後も、医者によって全く問題がないと診断されてしまったことだ。

「バーン・ベイビー・バーン」で展示した作品は、アーティストの政治に対するひたむきな動機が外界との連続的で強制的なコミュニケーションとなる推移を映し出している。扇情的な批評家のための視覚のベクトルとして自身の写真のみを使うというジーン・トシェの選択は、現代のアメリカ政治に向けられており、反復と主題上におけるわずかな変動の間のバランスがこの展示を愛嬌のある経験としてひとり歩きさせるのだ。

Burn Baby Burn
会期:2006年1月17日〜2月15日
会場:Artandgallery
住所:Via Arese 5, Milano

Text: Francesco Tenaglia
Translation: Yukino Kotake

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE