ロンドン・デザイン・フェスティバル 2005

HAPPENING

ロンドンっ子だけでなく、世界中のデザインハングリーな人々にとって、2003年以来、 9月の後半は大変多望な時期といえるだろう。 なにしろ今年の「ロンドンデザインフェスティバル」のオフィシャルガイドによると、 ロンドンのあらゆるエリアにおいて、ワールドクラスな見本市から、エキシビジョン、オープンスタジオ、アーティストトークなど、 なんと170以上のイベントが同時に進行しているのだ。 バスに乗っても、チューブに乗っても、同じ黄色い表紙の「ICON」がプロデュースするガイドを持った人に巡り会い、 目があうとそっと微笑みあう2週間なのだ。


さて、その中でも全く趣も、規模も、テイストも異なる二つのエキシビジョンに足を運んでみた。
まずは、イギリス最大規模のデザイントレードショウである「100%デザイン」。 アールズコートの巨大なエキシビジョンセンターで行われる、このショウには、ヘビー級デザイナーのSCP、トム・ディクソンから、 若手のプロダクツデザイナーまで、450以上の出展ブースがある。その中でも、私の目とハートをひきつけたプロダクトをいくつか紹介しよう。

Floratube by dmbh
このラブリーなドームは、アムステルダムの女性デザイナーによって生み出された。忙しい都市生活者のためにデザインされた「フローラチューブ」は、水分がドームの中で蒸発せずに循環するため、数週間は植物に水を与える必要がなく、さらにほんの少しの日光を倍増する働きも持っているのだ。そのため、どんなにいそがしいワーキングガールでも(ボーイでも)、恋人に手料理を振る舞う際には、おしげもなくフレッシュなハーブを、大いばりで、自家栽培なの、と自慢することができるわけ。人とその人の持つ環境をつなぐデザインをしていきたいという「dmbh」、まさに理にかなったデザインだ。

Flower Power by Brand Van Egmond
鉄という素材がこんなにもセクシーに見えるというのは、いったいどうしたことだろう。 パウダーコートされたスチールプレートが、花の形に切り抜かれ、それが電球のまわりをからめとるように 配置された妖艶なブラックシャンデリア。 正直自分の部屋にはほしくない、けど、なんかもう目がはなせない、それほどまでに怪しい魅力があった。

さて、こぎれいでサクセスフルなウェストを離れ、ひとくせもふたくせもあるアーティスト地区のイーストに向かってみよう。 倉庫のようなクラブのような、雑然とした3つの建物で行われている「デザイナーズブロック」は、 先述の「100%デザイン」が、善くも悪くもグッドデザインとして完成されているのに対して、全く荒削りで、時にひとりよがりで、風変わりで、クレイジーとさえ思えるものの、カッティングエッジな若い、ほんとうに若いクリエイター達が、デザインを心から楽しんで、自らのプロダクトを心から誇りに思う様に触れることのできるエキシビジョンだ。

P*Phone by Hulger
黒電話を思わせるレトロなデザインの受話器、のみ。どうするのかと思えば、携帯電話かして、といわれ、私の携帯にワンタッチ!で、受話器が装着されたのだった。各メーカーのエンジニアが、夜を徹して携帯の小型化、軽量化を模索する中、それを完全に皮肉るような、このナンセンスで、非効率的で、不必要なデザイン。でも、このおかしさ、この笑い、絶対に好きにならずにいられない。それがなかなか発色のいい、素敵なビタミンカラーが揃っているのだ。 日本ではBEAMSなどで、入手可能とのこと。

Stuart Haygarth
打って変わって、ロマンチックな光の揺れる一室にやってきた。中心の電球を、色とりどりの物体が囲んで、それに光が反射して、夢のような光と影を作っている、のかと思い近付いて行くと、その物体のひとつひとつが、 ボトルのキャップだったり、ダーツの羽のところだったり、注射器だったり。おおよそ、この美しい光をつくり出す要素とは思えないものが、それでもまったく完全な球体を構成しているのだ。つまらないもの、捨てられて行くような、よくあるものに意味を与えてゆくことが、彼のアートのストラテジーなのだそう。

Batch by James Tooze
最後に紹介するのは、デザイナーズブロックの優等生的な印象を受けた、ブライトン発の家具&プロダクトデザインチーム。入り子式のようなサイズの異なる3つのデスクは、高さの低い二つにそれぞれ足一つ分の穴が空いていて、ここに足を通して合体させる。そういう気分でない時は、別々に。その際この穴には、花でも飾ってみるというのはどうだろう。

デザインというものと、がっぷりと向き合うこととなったこの一週間を通して、とても素敵に思えたのは、単にグッドルッキングであるということ以上に、私たちの生活に少しの微笑みや、少しの便利さ、驚きや、想像力をもたらしてくれる、そんなことがデザインというものの可能性に含まれているのだということ、そしてそれを目を輝かせながら、語ってくれた何人ものクリエイターに出会えたこと。
来年は、オフィシャルガイドブック片手に、2006年のロンドンデザインフェスティバルを歩いてみることを、是非お勧めしたい。

ロンドン・デザイン・フェスティバル
会期:2005年9月15日〜30日
http://www.londondesignfestival.com

100%デザイン
会期:2005年9月22日〜25日
http://www.100percentdesign.co.uk

デザイナーズブロック
会期:2005年9月22日〜25日
http://www.designersblock.org.uk

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE