稲葉英樹「NEWLINE2」展

HAPPENINGText: Tim Engel

リラックス」101号の表紙として掲載されていたiPodの広告と、SHIFTの表紙で使用された「バースト・ヘルベチカ」のタイプフェイス。それらが、私が初めて目にした稲葉英樹の作品だった。おそらく制作に膨大な時間を費やしたであろう、激しさと美しさの両方を持つ2つの作品。その彼がソーソー・カフェでのオープニングパーティでパフォーマンスをすると知り、私は興奮せずにはいられなかった。

2005年9月16日、金曜日の朝。ソーソー・カフェに彼の作品が到着した。「N」、「L」、そして「2」。到着したポスターには、それらの文字が描かれていた。それらは、稲葉氏とSHIFTのコラボレーションである展覧会「NEWLINE 2」の為に作られた作品だ。稲葉氏は以前に「NEWLINE」という展覧会を開催したことがあり、ソーソー・カフェでの展覧会はこれが2度目となる。

私は、到着したこれらのポスターを見た時、彼の今までの作品と違う印象を受けた。悪い意味ではなく。ポスターの文字はとても単純化されて、分かりやすいものになっていたのだ。どのアルファベットかが一目で分かる。わかりにくい場合にも、それは抽象的に良く表現されているということだ。私は、早く今夜のオープニングイベントをみたくてたまらなくなった。

午後6時、ソーソー・カフェでは稲葉氏のイベントに向けての準備が整った。6時半になり、いよいよ稲葉氏が到着した。彼はとてもスラリとしていてスタイルが良く、好印象な男性だった。少ししてから、彼は持参したパワーブックとイラストレーターを使って作業を始めた。彼は準備の合間に、ビールを飲んだり、周りの人に話しかけたり。とてもリラックスしていて、格好良かった。

イベントが幕を開け、稲葉氏のパフォーマンスが始まった。最初、プロジェクターで投射された彼の作品が何の形を表しているのか分からなかった。しかしだんだん、それらはアルファベットであることが分かってきた。それらの文字は自ら意思を持って動き、次の文字へと変わっていっているように見えた。彼は形、色、ともに自由時自在に文字を操った。線、円、四角のように文字を形作り、そしてまた、単純な文字へと戻していった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ボール・ピヤラック
MoMA STORE