エクスペリメンタ・デザイン 2005

HAPPENING

1998年、「エクスペリメンタ・デザイン」は、工業デザイナーのマルコ・ソーサ・サントスと、デザイナーでカルチャーマネージャーのグラ・モウラ・ゲジスによって設立された。リスボンにて、国際的な文化やデザインのプラットフォームをつくるというのが、彼らの主な目的だった。経済、美学、テクノロジー、社会などといった明確な分野の分析を通した、分野としてのデザイン、方法論としてのデザインは、現代社会のニーズに充分に答えることができる。1999年の初回から「エクスペリメンタ・デザイン(EXD)」は、国際的議論をあおりながら、リスボンにダイナミックなプラットフォームを築き上げてきた。EXDは、クリエイティブアーティストやデザイナー、学者など、文化やデザインが全てのレベルを向上させる重要な鍵であると考える人々の間で、触媒の役割を果たしている。


10月30日までリスボンは、「メディアは実体である」というテーマにおかれた様々なイベントプログラムの嵐に見舞われることだろう。このテーマは、時に事実がそのメッセージよりも疎かになったり、創る者と受ける者の相互関係が実際の製品になるコミュニケーションメディアや対象に向けられている。


Open Talks, Jonathan Barnbrook

デザインの核心とは何だろうか?グラフィック・デザインは、クライアントのコミュニケーションの問題を解決する機能をもったアートとして適用されている。しかしそれ以上のものがある。

この21世紀に創られたビジュアル言語は、我々の文化の一部になり、生活に刻み込まれてきた。今、その国の文化を知る最適の方法はデザインを通すことであるが、50年前の場合、ペインティングを探さなければ文化を知ることはできなかった。デザイン作品は現代の文化価値である。マックス・ブルインスマは、デザイナーは触媒であり、文化表現としてのコミュニケーション発展させる要素を”料理”する化学者のようなものだ、と言う。

グラフィック・デザインに限った展覧会について重要なのは、ビジュアル言語が我々のコミュニケーション文化に使われる方法についてのビジュアルエッセイなのだということ。もっと深いレベルでは、見る者に伝えたがっていること、そして究極的には、そのメッセージや環境や主張に見るものを引き込みたがっていることである。ジョナサン・バーンブルック(イギリス)は、我々はデザイナーとしてそれぞれ異なる姿勢を持つ必要があり、自分自身に正直に、そして正しいと思うことをするべきだと述べた。また彼は、それらを達成するためには、デザイナーとしての前に、この世界の住民として物事をみることから始めなければならない、と言う。住民として、デザイナーとして、我々にはコミュニケーションをする力がある。それを通じて世界を変えることができる。エリック・アディガード(オランダ)はそれに賛同し、デザイナーは社会価値をもつデザインを作り出す事で教育者にもなれる、と加えた。

現代の住居スペースについて批評するプロジェクトは、12の建築の提案を集め、現代のポルトガルの家族の習慣を適合させながら、住居に関するあらゆる見地を改善する。同時に、過去数十年におけるポルトガルの経済や文化の変化にも反映している。このプロジェクトの目的は、住居がライフスタイルや習慣をサポートするもの以上であるということを実践することにある。

Casa Portuguesa

4人の先任デザイナー、マーティン・ルイズ・デ・アズア、フェレナンド・ブリジオ、アルバーロ・ソブリオ、アントニオ・シルベイラのもと、ポルトガルとスペインの12の大学からプロダクトデザインやコミュニケーションデザインの生徒40人が、「ピン・ポン」というタイトルの集中的なワークショップに参加した。今年のEXDのテーマ「S*Cool Iberica」と共に、才能を鍛え上げ、ポルトガルと国際施設間の関係を発展させる目的で行われた。


S*Cool Iberica

これは、クラフトの方法を取り入れたコンテンポラリーデザインを取り上げたエッセー。工業化やデジタルデザインの標準化に対抗し、個性やアイデンティティの感覚を取り戻そうとするデザイナー達に向けられている。独創性の欠けた大量生産とは対称的に、デザインの対象は、その範囲やユニークで確立された特徴を拡大している。どれもユニークで、手づくりのような細かな違いがあり、クリエイターをも反映している。


My World, New Crafts

最新のポルトガルの工業やコミュニケーションデザインの概要は、ダシアノ・コスタ、シーザ・ヴィエイラ、ミゲル・ヴィエイラ・バプティスタ、ソウト・モウラ、R2DESIGNSILVA!DESIGNERSRMAC、マリオ・フェリシアーノ、ジョージ・レイスなど、80人のデザイナーの作品を披露した。また、国際的な認識を広げるポルトガルデザインの新しいエネルギーがイラストに描かれた。


Miguel Branco, Krukurva

このエキシビジョンは、現代のポルトガルデザインを分析する。ポルトガルの工業デザインの歴史は、比較的浅い。また、コミュニケーションデザイン、政治、経済、テクノロジーの話題についても、1975年に国際シーンに追い付こうと独裁政治を克服してから、やっと力を延ばしてきたばかりだ。

他の様々な分野と同様に、デザインシーンからリスボンに卓越した形をもたらした、ステファン・サグマイスター、ルディ・ヴァンダーランズ(エミグレ)、レニー・ラマーカースマッシミリアーノ・フクサス、エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ、フィリップ・スタルクが、彼らの作品やコンテンポラリーカルチャーにおけるデザインの効果について語った。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE