NIKE 公式オンラインストア

バックジャンプス #2 展

HAPPENING


とある最新の犯罪研究によれば、落書きが多かったり、物が壊されたままになっているような場所では、犯罪が起こりやすい。裏を返せば、落書き/破壊行為が容易に行われない様その場所が管理されていることを示すことにより、犯罪は減るらしい。
そのような理論を背景に、ストリートアートの広がりについて思案してみると、なるほどどうして日本ではストリートアートが盛んではないのか、ということの理由のうちの一つをかいま見た様な気もしてきて興味深い。

今回紹介する「バックジャンプス — ザ・ライブ・イシュー#2」は、2年前の成功を受け再び企画されたストリートアートの現在を伝える展覧会である。ベルリンはもちろんの事、ニューヨーク、サンパウロ、ストックホルム、コペンハーゲンをはじめ世界各国より20人以上ものストリートを舞台としたアーティスト達を招待し、クンストラウム・クロイツベルグ/ベタニエンを中心会場とし催された。

その中のいくつかアーティストと展示作品を紹介しよう。

ナグ&パイク(ストックホルム):壁にスプレーで線を書き続け、走り続けるパフォーマンスをビデオに収め、さらにそのパフォーマンスの跡をインスタレーションとして残した。

ダウニー&ダリウス・ジョーンズ(ニューヨーク):町中にウィットあふれるシグナルやサイン、街灯などを模造しこっそり設置、それらをドキュメンタリーとして展示した。

スゥーン(ニューヨーク):とても印象に残るドローイングを紙の上に起こし、それを直接、またはダンボールの上等に張り、切り絵などを効果的にあわせてインスタレーションとした。

イーペ(ロッテルダム/ベルリン):駅前の大きな木の下にだけ突然雨が降る、というインスタレーションを施し、それをドキュメンタリーとして映像に収めた。

ネオン(ベルリン):いわゆるグラフティに良くあるダイナミックな文字の筆跡を立体化したオブジェとペインティング。

その他会場にはオリジナルの地図を作ってベルリンのストリートアートを紹介するツアーが企画されていた。またこの企画の一環としてパーティやダンスショウ、ワークショップなどが催された。

そしてその一角とても興味を引くプロジェクトがあった。その名も「ギャラリー・オートマティック」。比較的小さめの赤いガチャガチャ—いわゆるカプセルトイベンダーの中に大きめのカプセルが入っており、ひとつひとつに作家それぞれの作品が収納されており、鑑賞者は1ユーロを投入し、レバーをひねるまで何を手にするか分からない仕組みになっている。いわばアートの玉手箱というわけである。

私が1ユーロを投入して手に入れたカプセルには、4等分された小さな写真(カラーコピー印刷)と、アーティストの名前とメールアドレスの書かれた紙切れだった。どうやら基本的に作品とキャプション二つがセットで入っているようだった。

この他、私が目撃した限りでは、ゲハルト・リヒターの絵葉書から192色のサンプルをパンチ機で取り出してそれをカプセルにつめた作品や、アーティストが既に撮影したフィルムを包装紙でつつみ現像が必要とかいてある作品などがあった。

Backjump Issue #2 展
会期:2005年年8月20日〜10月16日
会場: Kunstraum Kreuzberg/Bethanien
住所:Mariannenplatz 2, 10997 Berlin
http://www.backjumps.org

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE