トロークバック

PEOPLEText: Garry Waller

今月ニューヨークからは、クリエイティブ・デザイン・ハウス、トロークバックに焦点をあててみる。僕が最近入った(現在3ヶ月目に突入)東海岸と西海岸の両方にあるクリエイティブ・スタジオだ。手掛けるデザインの分野は幅広く、映画のタイトルや予告編からテレビCM、環境や建築のインスタレーション、ネットワーク・ブランディング、アウトドア広告、雑誌や本のデザインなどがあるが、得意の作品はモーション・グラフィックスである。


The design area of the New York office

本当に最近まで僕は、R/GAで働いていた。トロークバックの設立者、ヤコブ・トロールバックが約6年前まで働いていた会社だ。つまり、僕は多少なりとも彼のやり方を心得ていた。R/GAで働いていた5年の間、ヤコブは梯子を登るように成功し、ジュニア・デザイナーとしてスタートするも、最後にはクリエイティブ・ディレクターとして、モーション・グラフィックスのデザイン界をリードする一員として全盛期を迎えた。

彼らは「スーパーマン」「エイリアン」「ミッション・インポッシブル」「セブン」などの映画タイトルを手掛け、コマーシャルやスペシャル効果などの仕事も同時にこなした。しかし、R/GAがインタラクティブ・デザインに集中するために映画界への扉を閉じると、ヤコブは早速1999年に自身の会社を設立した。モーション・デザインという、彼が最も得意とするものを続けるためだ。


Menu designs for Turner Movie Channel

6年が経ちトロークバックは成功の一途をたどっている。様々な分野のとても印象的な作品ポートフォリオが沢山でき、数々の賞も受賞し、良い出版社を右にも左にも抱え、街の中心マンハッタンにデザイン・スタジオとするペントハウスを持つ。さらに、会社によりクリエイティブなパンチを利かせるため、最近ロサンゼルスのベニス・ビーチにセカンド・オフィスをオープンさせた。


TV spot for Jaguar XJ8L

トロークバックが関わる仕事のタイプはとても広く見えるが、最近力を入れているのは「CourtTV」に限ったある特定の仕事である。「CourtTV」はケーブルチャンネルの一つで、イメージを活性化させるために、完璧にブランド化したパッケージを必要としていた。他からの沢山のオファーにも関わらず、少なくとも僕が入ってからというもの、その仕事をするためにこれ以上ない程の集中力を会社をあげて注ぎ、専門的知識を育てている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ステファン・マークス
MoMA STORE