ジョシー・サイクス

PEOPLE


アムステルダムはしばし、大都市というよりも、小さな町として形容される。事実として、種々のイベントにいったとしても、同じような顔に出会うのだ。写真家のジョシー・サイクス (31歳) もそのような人々のうちの一人だ。私は彼を紹介され、それから顔を合わせるようになったのだ。幸運にも話題はたくさんあり、さらに私は、デイズド・アンド・コンフューズド誌、ザ・フェイス誌、パルプ誌、スティック誌、ブルヴァード誌、デ・フォルクスクラント・マガジン誌、そして最近ではレイルズ誌で取り上げられたジョシーの作品を非常に気に入っていた。

とうとう私は、このシフトの取材を口実に使ってジョシーと会い、正式な会話を交わそうと、ジョシーのオフィスがある、ウェスター公園の隣の古い学校の建物にもぐりこんだ。そのビルは吹き抜けと廊下がある古く、だだっぴろい建物で、幅広く集まったクリエイティブな人たちと、そのオフィスで満ちていた。

ジョシーはもともと英国のブライトン出で、90年代半ばからアムステルダムに移住した。英国のウェストミンスター大学インタラクティブデザイン・アンド・メディア科から卒業して、そこでデザイン、映画、映像、写真を学んだ。その先駆的なコースで、彼女の同窓生たちはいち早くロンドンのクリエイティブシーンに影響を与えはじめていたが、彼女はオランダのデザインシーンに影響され、アムステルダムに活動の場を移した。

彼女はまた、デジタル・スタッド・アムステルダムという、1994年に立ち上げられたソーシャル・プロジェクトに深く影響されていた。そのプロジェクトはインターネットを使って、自由にメッセージを広めるというもので、しかし当時はまだほとんどの人がインターネットという言葉すら知らなかった時代であり、アクセスは彼女たちのものだけだった。だんだん寒くなって、彼女の友達の友達が彼女を哀れに思うまでの最初の三ヶ月、ジョシーは北アムステルダムのキャンプ場で生活していた。そして彼女が借りる部屋を見つけるまで、慈悲深くも、寝るためのソファを差し出したのである。

ジョシーは専攻であった写真に依然として情熱を感じていたのだが、彼女はインタラクション・デザインの方を勉強し始めた。偶然にもデジタル・レタッチでほかのコースを受けて、結局ジョシーは自分の天職が、初恋の人でもある「写真」だと分かり、追い求めることにした。

写真家の撮影助手、そしてレタッチ・スタジオでスキャン・オペレータとして活躍したのち、彼女は仲間のイギリス人のガイと「UziPartB(ガイのニックネームである「ベンパート」とジョシーのニックネームである「ウジ」を組み合わせた名前である)」という素晴しくクリエイティブなコンビを組んだ。彼らは多様な経験を元に、レタッチとインタラクティビティといった要素を組み合わせ、大きな効果を生み出した。がちょうど昨年の九月に、彼らは解散することになった。「私たちが別々に仕事をしようと決めた背景には、何か恐ろしい問題があった、というようなことなんてないわ。何か新しいものがほしいと互いにそう思っただけよ、ただそれだけ。」とジョシーは言う。

近年、ジョシーは写真業界で自分の名前を確立させることに努めている。オランダではすでに彼女の名はよく知られている。彼女は最近代理人に依頼してロンドンやニューヨークで評判を広めている。彼女の作品の大部分は論説的なものであり、英国の出版社でより足場を広げることを切望している。幸運にも、ジョシーは非常にこのことを楽しんでいる。「多くの私の作品には映画的な品質が備わっていて、私が大学時代に学んだようなテーマに由来している。そして論説的なプロジェクトにはもってこいなのだ。論説はまた私のほしいままに自由をくれるのだ。」

ジョシーはまた音楽の広告写真の方面へもその活動を広げようと強く望んでいる。音楽は彼女のもうひとつの情熱であり、また、しばしば特定のポートレートをつくり、そして彼女のキャリア上、ごく自然な方向性として、それらを音楽業界に配給している。だが、これらの新たなプランは彼女をアムステルダムから連れ去るのだろうか?「まさか。私はここにいるつもりだわ。私はここで素晴らしい日々を送っているの。実に素晴らしい生活をね。一体どうしてここを離れるというのかしら?」。実に分別のある言葉である。

ジョシー・サイクスはオランダのサバービアの代表である。


Josie Sykes

josie@josiesykes.com
TEL: +31 (0) 624 807 553
http://www.suburbia.nl

Text: Ania Markham from Post Panic
Photo of Josie: Mark Visser from Post Panic
Additional Photos: Courtesy of Josie Sykes
Translation: Yuhei Kikuchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE