HORT

PEOPLE

今月のSHIFTカバーを手がけたのは、ドイツのフランクフルトにあるデザインスタジオ「HORT」の二人、エイクとマーティン。ドイツのミュージック業界では言わずと知れた彼らのデザインは、独特で、ユーモアのセンスが至る所で見え隠れする。現在は、この7月にリリースとなるオリジナルブックの出版に向けて大忙しだ。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

エイクとマーティンです。二人で「HORT」です。

まず、エイク・クーニッヒは、1968年にドイツのフランクフルトの近く、ハーナウという町で生まれました。ダルムシュタットの応用科学大学でグラフィックデザインを学びましたが、「ロジック・レコーズ」よりアートディレクターとしての仕事の依頼を受けたことをきっかけに退学します。「Eikesgrafischerhort」という独自のスタジオをオープンしたのは、その一年半後、1994年のことでした。そして2001年から、マーティン・ロレンツと共に「HORT」を運営しています。

一方、マーティンは、1977年にドイツのハノーヴァーに生まれました。1996年、グラフィックデザインを学ぶために、フランクフルトの側にある小さな町、ダルムシュタットに移ります。3年後、ドイツのデザインに飽き、卒業することなくオランダに行きました。2000年に、自ら開始したアートプロジェクトのための商業的な独立の足場として「Twopoints.Net」を設立します。一年後にオランダ、ハーグの「ロイヤル・アカデミー・オブ・アート」を卒業し、「Eikesgrafischerhort」にてアートディレクターとして働き始めました。2001年より、エイク・クーニッヒと共に、グラフィック・デザイン・スタジオ「HORT」の運営を開始しました。

「HORT」とは、 ドイツのフランクフルトにあるグラフィック・デザインのためのオフィスです。エイクとマーティンは、特に会社やバンド、ロゴ、ウェブサイト、フォト、イラストなどのビジュアルの仕事を専門としています。アートやグラフィックデザインも同時に行っており、カルチャー、ファッション、ミュージック、マガジン、その他彼らが繋がりを感じるもの全てに対しての制作をしています。

最近の活動について教えてください。

主には、これまでやってきたドイツのミュージック業界のための仕事を続けていますが、最近は「プロジェクトFOX」にも参加し、ホテルの3つの部屋のデザインを手がけました。また、今年始めまでは、特別なイマジネーションを必要とする他のプロジェクトにも関わっていました。パリの側にある「メルセデス・ベンツ・センター」に6mもの高さのイラストを数点制作するというプロジェクトで、正規の建築エージェンシーに雇われていたのです。突然自分の作品がそんなに大きくなって、歩いて通る場所に現れるというのは、感動的ですよ。

「プロジェクトFOX」に参加した時の様子はどうでしたか?

初めて、完成したホテルを訪れた時、それはもう完全に圧倒されました。全ての部屋が全く違って、それぞれ印象的で。部屋の全てを鑑賞しきることができるまで、3、4度はホテルをまわらなければなりませんでした。3次元のスペースのための作業はとても面白かったです。今までも展覧会などで作品を作ったことがありますが、こんなに自由ではありませんでした。ゲシュタルテンと「プロジェクトFOX」のキュレーターは、とてもいい仕事をしましたよね。みんなで集まって作品をつくるというのも、とても楽しい経験でした。

ミュージック業界の仕事と「プロジェクトFOX」など、その他の仕事に違いはありますか?

違いはそんなにありません。違うのは、ターゲットが誰であるかということと、どんなメディアを使うかということでしょう。例えば、レコードジャケットのためのデザインが他のプロジェクトのために使われることもあり得ますし、逆に他のプロジェクトのためのデザインがレコードジャケットに使われることもあります。どちらにも、同じデザインのアプローチをしているということです。

新しい作品集がゲシュタルテンからリリースとなりますが、どのような内容でしょうか?

今まで手がけてきたレコードジャケットの傑作を、その背景にあるアイディアや、今後の発展などを含めて紹介したいと思いました。まずこの本を開くと、それぞれ全てのプロジェクトの最初にダブルページで、制作したアイテムの写真が載せてあります。このページを僕たちは“分割ページ”と呼んでいるのですが、そのあとに3つのダブルページが続いていて、そこでオリジナルのレコードジャケットの背後にあるビジュアル・アイディアを、改良したり進化させたりしています。この本を買うことになる人は、必ずお気に入りが見つかると思います。

現在のドイツのデザイン事情をどう思いますか?

僕たちが正しいかはわかりませんが、今ドイツであまり面白いことは起こっていないようです。ドイツ人はプロフェッショナルであることを意識し過ぎだと思います。もっと、勝手の悪いアイディアでもどんどん出して討論し合うべきではないでしょうか。自分がつまらなくなったり、誰かを飽きさせるということほど残念なことはありません。

今回のカバーデザインのコンセプトを教えてください。

僕たちはそこまでプログラミングに精通していないので、なにか小さくて可愛い、プログラミングを必要としないもの、それでいて見て楽しめるものをつくろうと心がけました。すると偶然にも、メモリーに格好のデザインが入っていたのです。最初は、僕たちの本のカバーになる予定のものでした。実はそれを使い、SHIFTカバー用に改善しました。とても気に入っています。

今後チャレンジしていきたいことは何ですか?

本が出版されたら、晴れたビーチでお昼寝したくてたまりません。晴れたビーチで良いお昼寝を!

HORT
住所:Egenolffstrasse 29, 60316 Frankfurt, Germany
TEL:+49 69 944 198 20
contact@hort.org.uk
http://www.hort.org.uk

Text and Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE