第52回シドニー映画祭

HAPPENING


シドニー映画祭が帰ってきた!6月10日〜25日まで開催されていたシドニー映画祭では、最新の長編、ドキュメンタリー、ショートフィルムを含む170作品が、延べ39カ国から出品された。

ロンドンからは、ワールド・プレミア・デジタルフィルムフェスティバルとして名高い「ワンドットゼロ」が「Wow+Flutter」を伴ってシドニーに。「Wow+Flutter」は動画グラフィックやアニメーション、完成度の高いデジタル作品、前衛的な短編作品といった新しい創造表現の為のパイオニア的プロジェクトである。ワンドットゼロはデジタル技術による新しい映画を製作し展示するアイディア実験所として9年前に立ち上げられた。イラストレーション、グラフィックデザイン、アニメーションのバックグラウンドをもった従来とは異なったフィルムメーカーが動画製作に参入し始め、アイディアとパソコンがあれば誰でも映画制作ができるようになった。

6月17日の夜。最新の、小規模でくつろげる雰囲気のシドニーオペラハウス内ザ・スタジオでの「Wow+Flatter」上映会の模様。

主要作品の中の一つが、ステューディオもしくは、グラント・オーチャードとして知られているアニメーターによって手がけられた、シンプルだが、強烈に印象に残るアニメーション「Park Foot Ball」。オーチャードはとても風変わりなキャラクターデザインで評判になった人物である。この短編作品は元々「アフター・エフェクツ」のために製作されたものだが、フェスティバルの成功を祝うミニ映画へと再編された。ドットで形作られた素敵なキャラクターは、最小画素のアニメーションで表現されている。シンプルなグラフィックスタイルで物語りは進められ、本物の人間さながらのキャラクターの感情表現は観客を笑わせ続けた。

その他の目玉作品は、見かけは理想的なアメリカ中流階級の生活を描いた、エドワード・サリエリによる「エンパイアー」で、武器や潜水艦、戦車、ヘリコプターといった軍事機器の映像が頻繁に映し出される。この映画の結末は断片的であり、強固で快適で保証されたアメリカ支配による平和はとても脆いものへと変わる。

「Into Pieces」は、ロボを製作したギルハーメ・マーコンデスによる奇特な短編映画だ。この映画は、たとえあなたが答えを聞こうとしなくても、パズルの解答を教えてくれる男の考えを表現した純粋に楽しめるアニメーションである。特記すべきこととしては、主人公の顔面表現の巧妙な変化とパブロ・ベトによる絶妙なペース感覚と音響効果であろう。私がとくに好きだったのは、予想外の観客の拍手の挿入と物語の意味の真実性だ。

小山譲二監督による、「スイカの愛」はアジアで育った四角のスイカによる実話によってインスパイアされた話である。「欠点はあるが見る価値はある」と小山監督はこの完璧なアニメーションを表現する。不思議なことに、見た人は、植物を栽培し、完熟で真っ赤なスイカを食したくなること受け合いである。

シドニー映画祭
会期:2005年6月10日〜25日
会場:The State Theatre, Dendy Opera Quays, The Studio
info@sydneyfilmfestival.org
http://www.sydneyfilmfestival.org

Text and Photos: River Yin from Boqinana
Translation: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE