シュリンキング・チャイルドフッズ

HAPPENING

2004年11月、テイト・モダンの敷地内に、ひっそりと現れたのが、シュリンキング・チャイルドフッズ展。開催当初は案内板が地味で見つけにくかったが、マスコミで話題を呼ぶに従い、数回を経て人目を引くものに置き換えられた。


幼い時分に性的虐待を受けた子供や、薬物中毒の両親に子育てを放棄されて成長した子供は、結果として、精神的に深い傷跡が残り、問題行動に走ることが多い。チャリティ団体「キッズ・カンパニー」ではこうして傷つきやすく、孤独な子供たちにカウンセリングやアドバイスによる心のケアのほか、教育や金銭面など実際的な援助を行っている。本展は、彼らとテイト・モダンによる共同プロジェクトである。
紫色の壁の建造物は、子供たちの家庭を再現している。それぞれの空間のなかで、子供たち1,000人以上が作ったインスタレーションをテーマごとに展示している。

少女RCは、幼い頃、想像を絶する虐待を受けた。周囲の人間に自分の苦悩を話すことが出来ず、繰り返し蘇る恐怖を鎮めるため、薬物やアルコールに手を出した。堪え切れなくなると自分を切りつけ、血を流して癒しを求めた。

教室のように机と椅子が並んだインスタレーションの一つ。机のフタを上げた中には、ベッドに子どもが胎児のように丸くなり、隣の部屋では床にコンドームが散らばる。その上の絵には、「MY MOTHER IS A (W)HORE (お母さんは売春婦)」と文字が並ぶ。

暗く、湿った臭いがするこの部屋は、床にゴミが散らばり、窓に黒ビニールが張ってある。薬物中毒で崩壊した家庭の生活環境について嫌でも考えさせられる、衝撃的な展示。写真では父親像がマットに突っ伏しているが、部屋の隅には誰にも相手にされない子供が1人。こんな生活をする子供の心の風景は、どんなものだろうか。壁には、ある少年の文章「この展示は僕が育ってきた家そのものだ。お金がないから食べ物もなく、お風呂も皆同じ水を使っていた。こんな生活は誰にでも起こりうるもの。ドラッグは生活を崩壊する。」と張ってあった。

性的虐待を受けた子供たちによるグループ作品。最年少の被害者は7歳だった。多くの場合、身内から被害を受け、深い精神的なダメージを負って成長する。大人になると、無抵抗だった子供時代を葬り去るためか、性的に奔放になり無意識のうちに自分が受けた虐待と同じ状況を再現したり、家出し売春で生活したりするようになる。人間不信になり、他の人間と有意義な人間関係を築くことが出来なくなる。

一見するとかわいらしいドールハウスの中では、人形たちがおぞましい行為に及んでいる。どれもビジュアル的にインパクトが強く、訪れた人達は、展示物の生々しさに、ショックが隠しきれない様子だった。

これまでテレビや新聞で報道されることはあっても、実際にはタブー扱いされ、具体的に見る機会がなかった「社会の見えざる部分」に日の目を当てたことが、大きな反響を呼んだ。私は計3回足を運んだが、回を重ねるごとに会場内に設置された掲示版に、「政治家連中に見せたい」「(子供がこうした環境に置かれることに)とにかく怒りを感じる」など人々のメッセージが増えていった。

「キッズ・カンパニー」ではダンスや演劇など芸術全般を通じて、子供たちの心のケアを行っている。普段の生活を送っている者には想像がつかない虐待や生活環境の中で成長した子供も、感情を自在に表現する場を与えることで、非常にクリエイティブな作品作りをする。カンパニーは、周囲の大人が役割を充分に果たさずに子供が成長した場合、それは子供たちの責任ではなく、傷つきやすい彼らを犯罪者扱いするのは不当だと主張している。

シュリンキング・チャイルドフッズ
会期:2004年11月18日〜2005年3月9日
会場:テイト・モダン
http://www.tate.org.uk/modern/

Text and Photos: Sari Uchida

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE