NIKE 公式オンラインストア

エヴォリューション・カフェ

HAPPENING

ガラス張りのエントランスに面したラウンジ。外には早春の突き抜けるような青空に港の景色が広がる。「えっ、これやばい」彼女は言った。「貴方の声が心地よい震えになって感じる」と。港湾倉庫を改造したムーディーな空間で、彼女の当惑しながらの微笑が照らし出される。照らすランプは、妖しくその声に反応して収縮し、より一層のムードを引き出すのだった。


情事の一コマは、一つの作品によって引き出された。相手の声を認識して心地よい振動を与えるソファ。その環境を察知して妖しく収縮するランプ。周囲の環境から得られる感動を増幅させることを意図した作品「Surroundings」は、その企みを十二分に発揮した。カップルにとって話の種になるアートは今まで存在しただろうが、物理的に密かに働きかけて親密にさせるアートなど今まであっただろうか。
「Surroundings」は最新のIT実用化の賜物として、日本最先端のIT研究を行っている慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC) の知財支援機関を通じて、特許の申請が行われたという。そう、ITとクリエイティビティーが結びついたアートは、私たちのライフスタイルを豊かにする新しいスパイスを与えているのだ。

IT革命と呼ばれて久しい。このように記事を世界中で読み、グローバルなデザインコミュニティーを共有できるのもIT革命のお陰である。しかし、五感でそれを実感したことはあるだろうか?時代の先を行くクリエイティビティーを持つからこそ、強度を持ったアートになる芸術家から、それを感じたことがあるだろうか?
ファミコンが生まれて20年、アップルがこの世に現われ、PCも手に出来るようになって四半世紀がたった今、それに慣れ親しんだ「ビット・ジェネレーション」が、作品を生み出せるようになって初めて、それが実感できる作品が生み出されている。

実感できる作品を実感し、21世紀のライフスタイルを我が物にしてもらおうという展覧会が今、東京の隣の港街、横浜で開催されている。先の作品によってカップルが親密になる瞬間は、その展覧会での一コマである。この展覧会を企画した筆者はそのタイトルを「エヴォリューション・カフェ」と名づけた。ITによるクリエイティブで進化するライフスタイルの空間をたくさんの人に経験してもらうためのパブリックな居間、すなわちカフェを展覧会の場に作ろうと考えたからだ。

美術の展覧会といったら、遠めに作品を鑑賞したり、使用方法どおりに体験しなければならないデリケートなものばかりであるだろう。ここでは、実際に座ったり、会話をしたり自然とそうなることによって魅力が出るものばかり。これらの作品が日常空間に存在し、豊かなひと時が送れることを実証している作品によって構成しているのだ。展覧会を開始して二週間、くたびれること無く作品は体感の場を提供し続けている。まさにそれはプロダクトとしても成立しうる強度を持っているのだ。

このような今までのアートの常識を覆す寛ぎの空間で、人々は新鮮な驚きを心地よさを感じながら体験している。おぼろげに白く光るカウチ。作品だから座ってもいいのだろうかと最初は誰もが思う。座ってこそ作品と促され、おそるおそる座ると、誰もが笑顔に変わる。座ったとたん、ソフトな感触とともに、おぼろげにカウチが発する光の色が変わるのだ。2人で座ると色が溶け込むように変わり、3人でまた変わる。座るところが変わるとまた変わる。この光と色の変化はおぼろげにカウチの感触と同じくソフトに変わるのだ。その包み込まれるような感覚は、特に女性が驚きとともに心地よく感じるようだ。
「Fuwa Pica」という名前のこの作品を開発したのは、八木澤優記と松山真也の東京藝大助手と技官のコンビ。光と触感の織り成す心地よさと愉しみをより多くの人に送り出すことをよろこびとし、商品やインテリアとして作品を広げようと改良を続けて、作品を発表し続ける。展示の場は、表現の場だけで無く、その感覚を味わう人々の感想を得るリサーチの場であり、実用に向けた売込みの場でもあるのだ。
それは最初に女と男を親密にさせた「Surroundings」も同じ、この感覚喚起効果とそれを誘うデザインとパッケージングは、次世代コンピュータやユビキタスの実用化を目指す最先端の研究者たちから頼られるものとなり、これら近い未来を実現するための試作や提案のためのデザインの要請に応えるために同名の会社を会場近くに構えたばかりなのだ。

ゲームが取り持つ仲もある。クワクボリョウタの名作「loopScape」。円筒型のスクリーンに、ドット絵によるシューティングゲーム。円筒をぐるぐる廻り、自分と相手を探しながら攻撃と防御をする単純だが、体を動かすゲームは、一緒に楽しむ連帯感を感じさせて、二人に笑みを与えてくれるのだ。
もう一つのクワクボによる出展作品は「ヴォモーダー IT Devolution」。世のIT革命を嘲笑するようなタイトルのこの作品は、昔懐かしい丸型テレビを髣髴させるボディーに実装された「テレビ電話」。ただし、このテレビ電話は正しい情報を与えないかもしれない。なぜなら、電話の画面にはかわいいドット絵顔文字のキャラクターがつぶらな瞳で待ってくれている。話すと相手の声に反応して、このキャラクターがおしゃべりしているように動く。怒っても泣いても、わめいても、つぶらでかわいいままの顔でおしゃべりするキャラクター。その可愛らしさの前になごむしか無くなってしまうのだ。
「デジタルだから正しく情報が伝わるべきだ。ということが無くてもいいと思う。少しくらい正しくない部分があった方が豊かな関係になることもあるのではないか」とクワクボが考えて作ったこの「テレビ電話」、幼い少女が受話器の向こうのお母さんにお話をせがんでいる。せがんだ向こうのお母さんの方のテレビには、大きく口を開けたキャラクターが同じくせがんでいる。受話器を持つお母さんの顔もまた微笑んでいる。

「エヴォリューション・カフェ」にある豊かさは、このような微笑のある豊かさ。そして、微笑みの向こうにある人も微笑む関係になる豊かさである。常套句のように「デジタルは冷たい」「デジタル世界にはリアルな関係が無い」と未だにいう人も沢山いるが、そんな人の多くも「遊べた」と言ってしまう空間なのだ。しかめっつらをするのは「アートはこうでなければ」と頑なに思い、体験もしてくれない人たちだけであった。
たくさんの微笑みを支持に変えて、微笑みのIT社会を作ることが出来る、これらビットジェネレーションのコミュニケーション中毒こうじて微笑み喚起パッケージが作れる芸術家たちが、生活の様々な部分を豊かなものにする作品や提案が広がることが始まれば、「エヴォリューション」は成功となるであろう。それが当たり前になるまで筆者は、ささやかな「レボリューション」をこれから続けなければならないのだろう。

微笑みの「エヴォリューション」の開催期間は3月15日まで。関連イベントとして、3月5日には、ロボットブームに一石を投じるバトルマシンパフォーマンス「ライブ・エヴォリューション!カイライバンチ・バトルマシンパフォーマンス」(上写真)と12日にはフラッシュの祭典「フラッシュ・エヴォリューション!」を開催。詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

エヴォリューション・カフェ
会期:2005年2月15日〜3月15日
会場:BankART Studio NYK
   みなとみらい線馬車道駅徒歩4分/JR・横浜地下鉄 桜木町駅・関内駅徒歩10分
入場料:800円 併設展覧会2展と共通入場券
主催:クリエイティブクラスター
展覧会・アーティストに関するお問い合わせ:artdemo@coolstates.com
http://coolstates.com/evolution/

Text and Photos: Tomohiro Okada from Coolstates

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
鈴木将弘
MoMA STORE