THAT DAM! マガジン

THINGS


“THIS IS NOT A MUSIC MAGAZINE”とただ書いたカバーを創刊号でやってしまうなんてかなり大胆だ。しかし「THAT DAM!」マガジンはまさにそれをやってのけるタイプの雑誌だ。アムステルダムをベースとするインデペンデントな隔月雑誌で、幅広い音楽トピックを、ストーリーや写真、アート、グラフィックデザインとおもしろく織りまぜるといった内容だ。

現在は使われていないバレースクールのスタジオに事務所を構え、バス・ジェイコブス(29歳、ミュージシャン、教師、詩人)と、バス・モルシュ(31歳、グラフィックデザイナー、ミュージシャン)の2人が制作している。「THAT DAM!」は、約1年半前に創刊した。2人はアムステルダムのペースの遅さに不満を感じ、自分達がずっと暖めていた雑誌のアイデアを動かすことにした。アムステルダムで暮らし、音楽をやってきたということもあり、アーティストやミュージシャン、一風変わった顔ぶれなどが彼等の周りには大勢いて、読者はすでに存在していた。彼等はまず最初の号を出版し、その反応を伺い、手ごたえは上々。それからはさらにやる気をだし、そのコンテンツの質、オリジナリティ、面白さで人気を得ており、次号(9月リリース)は7冊目となる。

この雑誌の特徴としては、文章でもイラストレーションでも写真でも、雑誌の中で様々なコントリビューターを起用することに力を入れているという点だ。これは2人にとって、とても重要なポイントで、連続した号での参加はできないというルールを作ろうかという話も出ているようだ。「常に新鮮でオリジナルでいることはとても大切なんです。毎回新しい人を参加させることで、常に読者をひきつけていきたいと思っています。」

しかし、彼等が作っているのはただの雑誌ではなく、音楽レーベルでもある。「あるジャンルにこだわるのではなく、音楽を“つくる側”にスポットを当てています。」雑誌に付属のコンピレーションCDのほかに、「THAT DAM!」と契約を結んだアーティストのシングルCDもリリースしている。レーベルの一番最初のリリースは「PFAFF」による10インチのレコードで、「DRESS」や「SYKOSONICS」などのアーティストのCDがそれに続いた。それでも一番の人気を得ているは、雑誌に付属のコンピレーションのほうだ。「定期的にリリースされるので、バンドの良い作品発表の場となっています。」

発表の場ということで言えば、「THAT DAM!」は雑誌のリリースパーティである「KRAWATTENKLUP」も運営している。このイベントでは、詩や映画、クラシック音楽、マジックなど様々なパフォーマンスと共にいろいろなバンドが登場する。

もっと広くてアクセスも便利な建物に引っ越そうという計画もあり、今とても順調な2人だが、現在制作中のジェイコブの詩をベースにした本を含め、「THAT DAM!」のブランドをさらに広げようとしている。「その本には、詩にイラストレーションと音楽もCDという形でつけようと考えています。この本は、THAT DAM!と同じ販売経路でプロモーションしていきたいと考えています。ディストリビューションは、レコードショップが主となっているので、アート系の本屋に集まる客層に限らず、広くアピールしていきます。」

「THAT DAM!」マガジンの次号リリースは9月末予定。また11月11日〜15日にデン・ハーグで開催される「クロッシングボーダー・フェスティバル」にも参加予定。「THAT DAM!」の購読や、最新のリリース情報はウェブサイトでチェック。

That Dam! magazine
住所:Tweede Weteringwarsstraat 27, 1017 SR Amsterdam, The Netherland
magazine@thatdam.nl
http://www.thatdam.nl

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser from Post Panic
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE