FAILE

PEOPLE

世界のどこかの国のストリートで彼等の作品をいつのまにか目にしている人も少なくはないと思う。ストリートアートに留まらず幅広い分野でニューヨークを拠点に活動するア−ト集団「FAILE」が、今月のカバーデザインを手掛けてくれた。生まれた国がばらばらで、男性2人に女性1人というメンバー構成の3人は出会うべくして会った。かれらを知るうえで“コラボレーション”はまず外せないキーワードだろう。FAILEの過去、現在、そしてこれからをじっくり伺った。



2004 POW exhibition at Diesel denim gallery, NYC

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ミラー:メンバーは、パトリック・マクネイル(カナダ)、ナカガワ・アイコ(日本)、パトリック・ミラー(アメリカ)の3人です。

3人はどのようにして出会ったのですか?

マクネイル:僕とミラーはアリゾナの高校からのつき合いで、お互いに出会ってから、いつもスケッチブックを交換したり、コラボレーションしたり、何かプロジェクトを始めることについて語ったりなどしていました。一緒にスタジオを始めたいというようなこともいつも話していて、それが今実現しているのがすごい。2人がミネアポリスとニューヨークのアートスクールに通っていた頃、マクネイルが当時グラッド・スクールで学んでいたアイコにニューヨークのクラブで出会った。彼女はそのクラブでモーショングラフィックをやっていて、マクネイルはそこでペインティングを展示していた。クラブだけの仕事に限界を感じていたアイコは、マクネイルに出会ってストリートアートという新しい世界に足を踏み入れる。彼女はアーティストのコミュニティと当時の作品のクオリティを気に入り、新たな情熱が湧き出てくるのを感じました。

こうして3人が出会い、大判のスクリーンプリントにしたイラストレーションを軸にしたアイデアが、2002年の初め頃に次第にまとまっていった。僕達は常にビジュアルアーティストとして、バンドに似たような、“アートグループ”という概念に興味がありました。全員の努力がつながり、ある結果が生まれるというプロセスで作品ができあがる。そのプロセスでお互いを刺激しあうことができる。僕とパトリックはそういう風に成長してきたし、そういう考え方が固まって来た頃にアイコが現れて、すべてがつながったような気がしました。


2004 Berlin

ストリートを表現場所にしたのは、活動当初からですか?なぜストリートを選んだのでしょうか?

アイコ:ストリートアートとの出会いは、FAILEをはじめる大きなきっかけの一つでした。当時仲間と入り浸っていたナイトクラブの位置するMeat Packing Districtには、OBEY、REVS、BAST、WKといったアーチストのステンシルやポスターがストリートに多くあって、エリアそのものがストリートアートのギャラリーみたいになっていたの。クラブからの帰り道、パトリックと一緒に歩きながら一つ一つの作品がもっと詳しくわかるようになると、もちろん私もやってみたいっていう気持ちになった。有名無名問わず、毎日誰かが何かを貼ったりペイントしたりするからどんどん変化する街を歩くだけでもとても楽しかったのを覚えている。アートを表現する場所はギャラリーだけじゃない、生きたアートが毎日生まれるのがストリート。それでパトリック達が大きなシルクスクリーンのポスターを学校で製作していて、女の子のヌードのポスターを100枚近く、マンハッタンのダウンタウンに貼ったのが私達の最初のストリートアートでした。面白いのはいつものスポットに他のアーチストがタグを書き足したり、ポスターやステッカーがどんどん重なっていくから、そこで見えないアーチスト同士のコミュニケーションが言葉でない特殊な言語で行われていて、偶然だけど必然のようにストリートの表現者たちが繋がって、自然と仲間ができて一緒に夜中繰り出すようになったり。例えば、BASTは今では兄弟みたいに一緒にボミングに行くけど、初めは何処の誰かも知らなかった。

マクネイル:OBEYで思い出したけど、そもそも最初は街中にペーストして名前をできる限り広げて自分達の跡を残すのが目的だった。ストリートで起こっていることを純粋に楽しんでもいたし、そこに参加したかったというのもあります。しかし僕達の考え方はそれを始めた頃とはちょっと変わってきています。公共の場の目に触れることは少なくなっていると思います。昔ほど数には執着していないし、ここ1年ペーストはしていません。いくつか良い場所を見つけて、そこで本当に良いものをやりたいと思っています。最近ストリートでの作品はすべて、ブラシを使ってペイントしたものかステンシルです。その方が、よりパーソナルでアーティスティックですよね。ペイントには、ポスターにはない永続性があります。ポスターを貼付けていると時々、広告を貼付けているような気分になって、以前はそこから得ていた楽しさやエネルギーを感じなくなりました。ストリートでの活動は好きですが、そこで名前を広げるというより、もっと個人的なものです。ストリートで起こるばかげたもめ事は大嫌いですが、そこで活動し、そこで起こる変化を楽しんでいます。

アイコ:それから4年間、ニューヨークだけでなくロンドン、パリ、アムステルダム、ベルリン、バルセロナ、東京、多くの街を訪ねてペーストやペイントを続けているけれど、状況はマクネイルもいうように前と少し変わってきているのは確か。数量的な意味より質や気持ちが大事なんだと思う。今でも訪れた先のアーチストと夜中繰り出してペイントするのは楽しい。先月もバルセロナで、地元の人達と夜な夜な歩いてステンシルしたのはとても楽しかった。向こうは英語が話せない、こっちはスペイン語が話せない、なのにみんなとてもエキサイティングしてた。

マクネイル:でも、FAILEのルーツはデザインなので、ストリートだけではなく、ファッションも含めデザインに関わるプロジェクトには興味があります。例えばファッションなら、僕達はそれを“服のうえでのストリートアート”とは考えません。ストリートアートはストリートアート。よくストリートで使っている絵柄をファッションでも使っているけれど、ファッションのプロジェクトを手掛ける時はほとんどそのプロジェクトのためにデザインしています。ストリートのものとは全く別のものです。


2003 Berlin

作品のインスピレーションはどのようなものから得ますか?

マクネイル:才能ある人達とファッション、ペインティング、靴のデザイン、おもちゃなど、いろいろな分野でのチャレンジ的なプロジェクトに関わることで、インスピレーションを得ますね。何か1つに留まってそれしか知らずに続けていくというのは、恐ろしいこととさえ感じます。最近、新しいデュラン・デュランのアルバムで、TOMATOのジョン・ウォーウィッカーと仕事をする機会がありました。僕達はいつもTOMATOが手掛けてきた仕事にはとても刺激されていて、彼と一緒に仕事をする機会に恵まれ、ものすごく刺激を受けたし、エキサイティングでした。

FAILE の作品には、例えば、ヘルメットをかぶった男の人や、ウサギのぬいぐるみを持った少年/少女の作品には、ピンク色が使われていたり、小花、リボンなどかわいらしいイメージのものがありながら、陰うつな表情、破壊的な雰囲気が組み合わさっているのが印象的ですが、このような作品で表現したいこと、伝えたいメッセージはどのようなものでしょうか?

ミラー:僕達は常にそのように対極した概念を作品に取り入れようとしてきました。愛/憎しみ、平和/戦争、暴力/美。このような概念を示すビジュアルや言葉、シンボルが並べられ、作品の中で生きています。


2003 FAILE BAST show at Neurotitan, Berlin

ゲシュタルテンからリリースしたコンピレーション本「LAVENDER」の編集を手掛けたそうですが、この本について教えて頂けますか?

ミラー:僕達はこれまでに、「ORANGE」、「DEATH」、「BOREDOM」と3冊の本をリリースしており、今回の「LAVENDER」は4作目となります。「ORANGE」と「DEATH」は手作りで、それぞれ80部しか存在しません。「BOREDOM」と「LAVENDER」も前の2冊と同様に、数量限定で出版されました。これらの本は、自分達にとって2つの役目をもっていて、1つは、インスピレーションを与えてくれるような人達と一緒に何かを作るきっかけであり、もう1つは、僕達の年鑑のようなものになっています。僕達はツアーが多いので、その行程でたくさんの才能ある人達に出会います。本がきっかけとなり、ある1つのテーマのもと、そのような人達とつながり、そしてそこで何かが起きる。僕達が選ぶテーマはほとんど行き当たりばったりです。それぞれの本で、音楽、文章、美術、ストリートアート、写真、デザインとあらゆるバックグラウンを持った世界中の人々を集めて、ミックスしようとしています。本という手段は、コラボレーションという考え方に基づいて始めたプロジェクトの1つです。


2004 Lavender Book show at Transplant Gallery, NYC

2004年も半分が終わりましたが、今年上半期のFAILEにとってのビッグニュースは何ですか?

ミラー:毎年、1年が始まる時に、この1年、自分達が成し遂げたいこと、自分達に起こるようなことなどをいつも考えて楽しんでいます。2004年はこれまですごく順調で、素晴らしい人達や企業と共に仕事をする機会に恵まれ、とてもついていると思います。アシックスのオニツカタイガーや、デュラン・デュラン、トマトのジョン・ウォーウィッカー、トロントのWALRUSマガジンとの仕事、様々なショー、そして僕達の4冊目の本「LAVENDER」が主な出来事でした。その中でも今年のFAILEにとって一番の出来事は、メンバーが全員同じ都市(ニューヨーク)に10月に住みはじめるということ。これでもう、遠く離れた場所で夜遅くまで作業することはなくなります。秋には、FAILEの5冊目の本と一緒に、マガジンもスタートさせる予定です。今年のFAILEの活動はここから見ることができます。

今月手掛けて頂いたカバーデザインのコンセプトを教えてください。

ミラー:アイデアはとてもシンプルでした。カードを“シフト”するたびにイメージが次々と変わる3Dカードです。シフトすることでまったく新しい何かを見ることができます。


2004 FAILE painting exhibition at ONE EYE SPACE, LA

これからの予定を教えてください。

アイコ:予定している一番大きなプロジェクトは現在水面下で活動中なのでまだはっきりした事は言えません。その他では、8月26日より X−girl NYCにてマスクショーがあります。これはファッションデザイナーのNAMさんと一緒に製作したFAILEスペシャルレスリングマスクを7点発表。またこの秋FAILEのウェブサイトが新しくなります。さっきミラーが話していた、デュラン・デュランのニューアルバムカバーのデザイン、リリース間近。来年夏には、オニツカタイガーよりFAILEシューズ(オモチャ付き)がリリースされます。

最後にシフトの読者にメッセージをお願いします。

ミラー:信じているものが何であれ、最も可能性がありそうなものに向かって、1つ1つのステップを確実に咀嚼していきましょう。

FAILE
faile@faile.net
www.faile.net

Text: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE