NIKE 公式オンラインストア

BOOK 246

PLACE

 
CAFE246


青山に、本を扱うショップが2つオープンした。本を扱うといっても、片方は本屋で、もう一方はいわゆるセレクトショップに本のフロアがあるカタチ。共通しているのは、ブックのセレクトに力を入れているところと、そのバイヤーが同じ人だということ。ショップの雰囲気も、コンセプトもまったく異なるけれど、最近では独自のセレクトに付加価値を見出し、本だけでなく(あるいはファッションだけでなく)グッズなどを置くショップが増えているように思う。
そこで今回は、その2店のバイヤーを務め、自らも「ユトレヒト」という本屋のオーナーである、江口宏志氏に話をうかがった。

 BOOK246

まずは5月にオープンした「BOOK246」。独自のスタンスを持つ旅雑誌『PAPER SKY』がプロデュースしており、当然テーマは「旅」。
「旅といっても、直接的に旅がテーマのもの、イメージをわかせるものなど、結果として来た人が“旅っていいな”と思ってくれるようなものを選んでいます」。
『PAPER SKY』という雑誌があったからこそ、そのコンセプトはとてもイメージしやすかったのだと言う。
特に新刊、古書にこだわることなく、「旅」というテーマを掲げているからにはガイドブックなどの基本的なものはフォローしつつ、こんな本があるんだ、という新しい発見をしてもらいたいというのがねらい。その中での古書の存在は、幅とか深さとかを出すという意味ではとても有効なのだと言う。新刊であれば、手間も時間もかかるけれど、大型書店をで探せば見つかる可能性は高い。しかし、古書や本以外のグッズなどをセレクトして一緒に置くことで、時間を奥へさかのぼることができたり、また来る人の興味をひろげることもできる。
「普通の1冊の新刊であっても、いろんなつながりが見えてくることで、違った見え方ができると思うんです」。
“古本じゃないとないもの”というのが第一条件であり、新刊が安く買えるというだけの古書では意味がない。古書に求められるのは、プラクティカルな情報ではなく、どちらかというとイメージをわかせることだ。単になつかしいだけの懐古趣味的なものじゃなくて、今見てもすぐに行きたくなるようなものがいい古書なのだと言う。
ただし、古書は「出会い」が大事。まずいい本に出会わないことには始まらない。

 LOVELESS

一方、「ハイエンド」「カッティングエッジ」をテーマに、新進デザイナー、アーテイスト、ブランドを世界中から召集したセレクトショップ「LOVELESS」。
「世界観を見せたいというのはあると思うんです。だからこそ、その店の洋服が載ってる本を置くよりも、イメージを刺激するようなものをセレクトしたいと考えました」。
セレクトショップでは、ディレクターの世界観をいかに本でサポートするかが大事だと考える。ここでは「ロック」と「ファッション」という2つのテーマでセレクトにあたっている。一見したところ、「BODY」をテーマにした写真集が多いのは「ロックでグラマラス」というイメージから。しかしそのイメージは単に内容だけでなく、本自体のグラマラスさ(過剰な装丁とか)へとひろがっていき、今のセレクトになった。
今後は「ロック」と「ファッション」というテーマに関する本をもっと増やし、テーマに沿った本がアーカイブ化されている、という空間を目指す。新刊を引き立たせるための古書だったり、逆も然り。ここでもまた、新刊、古書の区別はない。
LOVELESSは立地も良いので、もう少しゼネラルにしてもいいかもしれないと、もう一人のディレクターとも話している。「今月のあの雑誌出てたよね」とふらっと立ち寄ってくれるような、ファッションというジャンルに特化したスペースにするという手もある。それはそれで可能性はけっこうあると考えている。

 LOVELESS

ここまで聞いて思うのは、セレクトされた「本」にはどんな意味があるのかということ。本屋であれば、他店と同じものを同じ値段で売っているとしたら、あとはどう並べるかが勝負となる。またファッションのセレクトショップであれば、そのお店が誰に向けられたものなのか、どんな世界観を演出したいのかという、ショップ自体のコンセプトを補うものでなければならない。そして両者に共通するのは「ショップが考えてることを伝えやすい」という点に尽きる。
「昔は本のセレクトショップと言うと“おしゃれな洋書”というジャンルしかなかったように思いますが、今はもう少し、そのお店との関わりみたいなものを考えて本を選んでいる気がします」。
ここに、大型書店とはまったく異なる、本のセレクトショップが増えている理由があるように思える。

最後に、自店との目線の違いについて聞いた。
「セレクトショップには独自の世界観があるわけだから、そこに自分の感覚を足していけばいいと思います。ユトレヒトは逆に、恥の展示場みたいなものなので、自分の好きなものしか置いていません。恥ずかしいですけど、ストレスはないです」
他店に携わるようになって、自店に関しては、売れることよりも自分の興味ある方向に狭まっていっていると言う。ただ興味はその時々で変わってくるし、その都度そういうものをストックしていける場所になっていけばいいと考えているのだそう。


BOOK246

住所:東京都港区南青山1-2-6 Lattice青山1F
TEL:03-5771-6899
営業時間:11:00〜23:00
http://www.book246.com
「BOOK246」は、38年前の建築をコンバージョンしたビルに、カフェに併設するカタチでオープン。旅をテーマに、ライフスタイルを提案する本・雑貨ショップ。

CAFE246
TEL:03-5771-6886
営業時間:平日10:00〜26:00、土11:30〜26:00、日祝11:30〜23:30

LOVELESS
住所:東京都港区南青山3-17-11
TEL:03-3401-2301
営業時間:12:00〜22:00(日祝12:00〜20:00)不定休
「LOVELESS」は7月にオープンした、真の意味での「ハイエンド」「カッティングエッジ」をテーマにしたセレクトショップ。同時に過去の優れた作品にも目を向け、常に一つのストアー内で過去・現在・未来における才能のシンクロを目指す。雑貨、アクセサリー、CD&BOOKコーナーもある。

Text: Yuki Ishida from Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE