NIKE 公式オンラインストア

DAF東京 2004

HAPPENING


夏休みでにぎわうお台場に程近い、有明のパナソニックセンターにて、NHK BSで放送中の番組「デジタル・スタジアム」によるデジタルアートのお祭りが開催された。
デジタルアートと言っても、実はこれまであまりピンとこなかった。メディアアートなんて言い換えてしまうとなおさら。でも、インタラクティブアートやムービー、ウェブ作品などなど、つまりは「コンピュータ技術を使って作られた作品」というだけのことだから、その表現手段はさまざまで、意外とフレンドリー。なにも小難しかったり、画面の中で完結してるものばかりではないのだ。

特におもしろかったのは、いろんなアイデアに彩られた「ガジェット」たち(DAF東京の中で「東京ガジェット展」を開催)。ガジェットとは「小さな機械装置・おもちゃ」とかそういう意味だけど、一見なんだかよくわからない作品も多い。でも、勇気を出して手を延ばしてみると、思いがけない感動に出会ったりする(大袈裟かな)。でも、そもそも「おもちゃ」というのは、そういう魅力を持つものだと思う。単なる「モノ」としてのおもしろさだけじゃなくて、その背後にある世界観とか、実際に触ってみて発想するなにかとか、そういうものが伴うからおもしろい(そういう意味では○ケモンカードも積み木も同じかな)。
ここで紹介するガジェットたちも、アニメキャラを模っているわけでもなく、実は高度な技術を搭載していたりもするけれど、それを感じさせないようなポップなデザインと小さな喜びを感じさせるアイデアが、手にとった人をひきつける。

なにはともあれ、いくつか作品を紹介してみよう。

まずは、フランコベルジ・デザイン(Francobelge Design)の作品、「COMMOTION」。「ブ〜ン、ブ〜ン」(※じゃなくてもいい)というプレイヤーの声で動かすミニチュアカーレースのおもちゃで、コースアウトするとヘルメットが激しく震動する。声の大きさでスピードを調整するので、ループの部分はかなりの大声を出さないとクリアできない難関だ。大人はちょっと恥ずかしい(かも)。

この作品は、イベント直前に放映されたデジタル・スタジアムで、デバイスアーティスト、クワクボリョウタ氏の高い評価を得ている。が、当初はヘルメットが重く、こどもが遊ぶには危険(?)との判断から、イベント前に軽量化され、今のカタチになったというエピソードも。ちなみにこの新しいヘルメット、「カリメロに似てる」と本人たちもお気に入りの様子(※実はカリメロはイタリア生まれのキャラクターでヨーロッパでは有名!)。会場では、常時子どもたちの叫び声が会場に響き渡り、2人も「それが一番重要なことだし、うれしかった」とこのイベントを振り返る。
彼らは、 ECAL(スイス州立ローザンヌ美術大学)の学生、アレクサンドル・アーモンとブラム・ダウからなる、注目のクリエイティブユニットだ。

次は、「ファスナーの船」(鈴木康広)。海面を進む船とその後ろに広がる波形がファスナーに見えたことから発想した作品。会場では映像でのみその様子が見られたが、ぜひ実物大の船で見てみたい。

一見なんだかよくわからない作品、「音カン」(shigend)。中に声や音を吹き込んでふたを閉じると、つぎにふたを開けるまで音をしまっておくことができるというもの。音を閉じ込めたカンにそっと耳を当ててみると、音がくりかえし聞こえてくる。

「どんぴか〜分ける火種〜」(どんぴかプロジェクト)は、小さな竹篭に包まれた、音に反応して光る火種をほかに伝えていくことができるという、なんだかあったかい気持ちになる作品。元は「花火の音で火が灯る」のをイメージして作られた作品で、学園祭で販売してみたところ速攻で売り切れたとのこと。今回は商品化が前提となる「タカラ賞」を受賞。いつか花火大会の会場で、みんながどんぴかを手に火を灯し合うシーンが見られるかもしれない。

最後に紹介するのは「音点字」(福森みか)。視覚・聴覚・触覚を使って、目の見える人に点字への興味を喚起させることを目的とした作品。たとえば、「ア」という文字を表す点字のとおりにクリアブロックをはめ込むと、「ア」という音とともに赤く光る。母音ごとに色が決まっているなどの工夫が凝らされ、知らず知らずのうちに、体系的に点字の仕組みを理解できるようになりそうだ。知育玩具として、より広く使われることを期待したいところ。

すべてを紹介することはできないし、実際に触れてみて感じたあの気持ちは、文章と写真でどこまで伝えられるかわからないけれど、どこかでガジェットに触れられる機会があったら、遠巻きに見ているだけじゃなくてとにかく遊んでみるのがオススメ!

※最終日には、来場者の投票による「TOKYO PRIZE」(東京都知事賞)も決定。
 結果はウェブサイトで。

デジタル アート フェスティバル東京 2004
会期:2004年7月23日〜27日
会場:東京有明 パナソニックセンター
http://www.daf-tokyo.jp

Text and Photos: Yuki Ishida from Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE