マイ・フェイバリット・カンファレンス

HAPPENING

IdNマイ・フェイバリット・カンファレンス2004が、5月13日から15日までシンガポールで開催された。デザインの様々な要素を融合させ、クリエイティビティに対するユニークな洞察力を見い出すという目的のもと開かれるこのカンファレンスは、クリエイティブな分野の第一線で活躍するクリエイター達を招待し、彼らが何を好み、どのようなものからインスピレーションを得るのかを共有する場を提供してくれる。


会場に到着して、最初に私の目をひいたのは、展示ホールのベルトコンベアーだった。これは「デザイン・シンガポール」による、20/20というエキシビジョンで、「ブレイズン・デザイン」のジャクソン・タンがキュレーションを担当した。ジャクソンは、デザインシーンで興味深い作品をたくさん手掛けてきた「ファンク・ステューディオ」のパートナーでもある。

ベルトコンベアーの上には、20 x 20cmというサイズの箱があり、その上には、「WORKアドバタイジング」のテーセウス・チャンから、写真家レズリー・キー 、そして「スクイーズ・デザイン」のパトリック・チアなど、シンガポールのクリエイティブシーンにおける20人のクリエイターの作品があった。

司会者の声が聞こえてきて、私は会議ホールへ向かった。

豪華な顔ぶれのスピーカーが集まるカンファレンスということで、参加者が2000人を越えるのは全く不思議ではなく、彼らのスピーチを聞くため、オーストラリア、日本およびアメリカからたくさんの人が集まった。

スピーカーの分野は様々だったが、ある1つの共通した特徴があるように感じられた。それは、“イメージメーカー”であるということだ。ここで言う“イメージ”とは、単なる視覚的な表現ではなく、人々が自分の外の世界へ見せている個人のファサードをも意味する。

このカンファレンスでのスピーカーは、アバケアラン・チャンブレスブラザーズフリーファブリカI.L.M.、ジェームズ・ジャービス、レズリー・キーマザー、ザ・スタジオ、ウェファ・デジタルワーク・イン・プログレス。また、デラウェアデビル・ロボッツによるパフォーマンスも行なわれた。

一番最初にスピーチをしたのは、アンディー・ベラス(マザーのプランナー)。彼らのインスピレーションの源に加え、マザーが大切にしている3つの教訓を語った。

1. よい仕事をする
2. 幸せになる
3. 可能な限り長く1と2を続けるために必要なお金を稼ぐ

さらにアンディーは、クリエイティブであるということは、問題を解決することであると語った。重要なのはデザインそのものではなく、まずそこにある問題が何なのかを認識することだという。彼はアメリカと旧ソ連が、宇宙でものを書く方法をどのように異なった方法で解決したかという話を例に挙げた。60年代、宇宙でペンを使うことができなく、宇宙での記録において思わぬ障害にぶつかったことがあり、アメリカ人は宇宙でも使えるペンの開発に何百万を費やし、一方、ロシア人は、別の角度から問題から考え、宇宙では鉛筆を使用するという、ほとんどコストがかからない解決法を見い出したのだという。

ブレス」からも、印象的な作品が紹介された。 パリで出会ったイネスとデズリーは、現在それぞれベルリンとパリで仕事をしている。異なる都市に住んでいるにもかかわらず、彼女達のデザインはアートの要素も上手く取り入れ、物事は世界でどのようにで存在できるかということを新鮮な視点で見せてくれる。

トーフ親子の生みの親、デビルロボッツは、演劇ような演出で、最近の仕事をいくつか紹介した。デビルロボッツの“セクシーなスタッフ”は、メインの作品である、彼らのアイコンを使用したグラフィックとキャラクターについて語り、パフォーマンスを終了した。彼らは言葉や国境を超えて、世界中の人々とコミュニケーションしていた。

1日目の終わりに、「デザイン・シンガポール」はカンファレンスのオープニングパーティーを主催し、ルージュという場所でエキシビジョンを開いた。分野を超えた様々なデザイナー4人が、20/20エキシビジョンで作品を展示し、シンガポールのセレブ、エイドリアン・パンにライブでインタビューを受けた。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE