ヤウナ・ミュジカ 2004

HAPPENING


4月15日から20日、リトアニアの首都ビルニュスの「現代アートセンター」と「イントロ・クラブ」に、ローカルやグローバルで活躍する“旬”のマルチメディア・アーチストが集まった。

リトアニアの作曲家協会によって開催されるニューミュージックのフェスティバル「JAUNA MUZIKA」は、今回で11回目を数える。このフェスティバルは当初、リトアニアで行なわれている、もう少し年代の古いミュージシャン達をフィーチャ−する別のフェスティバルの関連イベントとして始まったものだったが、ここ数年は若い世代のミュージシャンにとっては唯一、自分の作品を発表できる場となっている。

6つのコンサートと3つのクラブイベントは、エレクトロニックミュージックに始まり、オーディオビジュアルパフォーマンス、サウンドインスタレーションとつづき、出演アーチストはリトアニアからだけではなく、「ファーマーズマニュアル」、「エドウィン・ファン・デル・ハイデ」、「メルツバウ」、 「フィル・ニブロック」など、世界に名を馳せるアーチストらが登場。そこで演奏された楽曲は、ほとんどがこのフェスティバルのために作曲されたものだった。

今年は、特に若手のアーチストに焦点を当て、どこにあるのかも知らない人がほとんどであろうこのリトアニアという国は、このイベントでエレクトロニックな分野での強さを見せた。今回参加したリトアニアのマルチメディアクリエーターのほとんどは、グローバルなプロジェクトを手掛けていた。

リトアニアでは、コンテンポラリーアートや音楽の関心は「GAIDA」や「CENTRAS」のような、ニューミュージックやニューメディアのフェスティバルにも見られるように、新しい層でも高まってきており、コンサート会場はいつも観客で溢れかえる。この環境は、このフェスティバルの主催者がもう一度開催しようと決める刺激剤となった。現在、リトアニアで行なわれる国際的なニューミュージックのフェスティバルは、「GAIDA」と「JAUNA MUZIKA」の2つしかない。

様々な分野をカバーするアーチスト集団「ファーマーズマニュアル」はメディア・アートへのアナーキスティックなアプローチを見せてくれた。クールなアニメーション、奇妙でスピード感と厚みのある音は、コントロールの利かなくなったテクノロジーとも言える空間を作り出していた。

オランダ出身のクリエイター、「エドウィン・ファン・デル・ハイデ」は、映像をベースにレーザー光線で包まれた空間でパフォーマンスをした。

マルチメディアのセクションは、アメリカのクリエイター「フィル・ニブロック」が独占。彼は音楽、映画、写真、ビデオ、コンピューターを操り、彼独自の世界を作り出した。「Movement of People Working」からの4曲では、ギタリストのセス・ジョエル(アメリカ)とバイオリン奏者ミンダウガス・バッカス(リトアニア)も参加した。

フェスティバルもクライマックスに近づき、日本のエレクトロニック・アーチスト「メルツバウ」は、フェスティバルのクロージング・コンサートに相応しい音楽を奏でた。エレクトロニック・ノイズの島で、80年代から活躍する究極のサウンド・クリエイターと言える。このステージのビジュアルを担当したのは、オーディオビジュアルパフォーマンス、VJ、ウェブ、デジタル作品を中心にリトアニアで活動するアーチスト集団、そう私達「RUT RUT」。

The 11th Jauna Muzika festival
会期:2004年4月15日〜20日
会場: Contemporary Art Centre, Intro club
住所:Vokieciu 2, Vilnius, Lithuania

Text: Emanuelis Ryklys from RUT RUT
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE