NIKE 公式オンラインストア

第3回ベルリン・ビエンナーレ

HAPPENING


BB3 – 第三回目となる今年のベルリン・ビエンナーレ、 約50名のアーティストが、ビジュアルアート、建築、映像、ソニックアート等で参加する。壁が落ちて 15 年目を迎えるベルリン、多くの参加アーティストの居住でもあるこの都市にビエンナーレは、根ざしている。都市改革を背景に、ベルリンの異種性、過去、新しい首都としての未来、そしてそれらから生まれるサブカルチャーが、二つのベニュー、ミッテ地区のエッジーな元マーガリン工場、クンストヴェルクと、クロイツベルグ地区のクラシカルなマーチン・グロピアス・バウで展示される。ポツダマー・プラッツのアーセナル映画館では30本もの映画が上映される。

今年に入って久しぶりの晴天だった。この都市に住んだ事があればわかるだろう、ベルリンは太陽にあたると大変身するのだ。クンストヴェルクの中庭も、今日は数ヶ月前とは全く別の場所と化していた。普段はダン・グレハムのガラスの建造の中に収まっているカフェが、どこからかわからないが、ガーデン・ファーニチャーを見つけ出し、6階にわたって提示されているBB3を見にきた客がサングラスをしてゆっくりとお茶をしている。その真ん中には、新聞の束が二つに山積みされている。鈴木明のイグルー型建造だ。開きから中に入る事ができるようになっている。

鈴木の建造物が関連している「アーバン・コンディションズ」のハブは、今年のビエンナーレのインスピレーションとなっている5つのテーマの内の一つ。他の4つは、マイグレーション、ソニック・ランドスケープス、ファッション・アンド・シーンズ、アザー・シネマズと名づけられている。コンピューター・ネットワークのように、これらの「ハブ」は、多様なカルチャラルとコンテクスチャルな作品を連結し、その内容と妥当性に対して疑問を問い掛ける役目を果たしている。

ベルリンの現在を理解するためには、逃れられない歴史を深く考慮するハブもある。
アーバン・コンディションズのイェスコ・フェザーとアクセル・ジョン・ヴィーダーはこう言っていた。「社会慣習、政治、社交、文化的な勢力関係は、都市の建築とその効用、そして連想される歴史、その乗り越え、それを可能にする条件、などの形に表される。 1990年以来、ベルリンを大きく影響してきた公共スペースの民営化への動向の歴史を知っている誰もが、ミッテ地区の用地を懐疑的に眺めているだろう。監視と防衛の最新技術の取り入れ計画を知っている誰もが、ポツダマー・プラッツあたりを慎重に歩いているだろう。そしてここ 10 年間共同政治の変化を追ってきた誰もが、ベルリンの共同スペースの分裂に驚くことはないだろう。」

では、残る質問は一つである。「現在のベルリンは、何?」

この質問を答えるよりは、切り開いているのが、マーチン・グロピアス・バウで展示されている世界中から集められたベルリンを特別テーマとし取り上げている多数の雑誌。興味深いのは、各雑誌の編集者が、様々なアイデンティティーをベルリンに与えているところだ。

ある雑誌によれば、クリーンなガラスとスチールの建物と空っぽのままのオフィス・スペースで溢れているベルリンは、モダン・アーキテクチャーを象徴する都市。別の雑誌にとってのベルリンは、ピュアなアルタナティブ・カルチャーを楽しめる残り数少ないアヴァン・ギャルドな都市。金融の世界を東に引っ張ることができるヨーロッパの新しい首都と期待されていたりもする。これらの意見は、大抵つやつやした高質雑誌に写真やイメージとして紹介されており、今年のビエンナーレで提示されている作品は、これらを批判しているようだ。アウラ・ローゼンベルグの偽「勝利の塔」が代表的に思えるが、この場では確かに愉快だった。

他の作品には、トーマス・ストルースが撮るドイツの普通の街路の写真、スティーベン・ウィラッツのベルリン特有のセッティングを研究したビデオとコラージュ、マーク・ルイス、アイサック・ジュリアン、宮本隆司などのビデオ・インスタレーションが含まれていた。ファッションや洋服も多く、土や汚れがまだついているきっちり折りたたまれたズボンやシャツが並べられたボーヤン・サセビッチの「workers’ favorite clothes worn while s / he worked」、ファッション・アンド・シーンズのレジーナ・モラーの色々な情報が書かれた洋服を着たマネキン、微弱な「a room of one’s own」などが提示されていた。ミカ・タアニラとエルキ・クレンニエミの共同制作やマリア・バストネスの「the girl band project: chilimango」などを含んでいたソニック・スケープは、とても印象的だったが、多くの大きなショーのように、BB3は、全体的にむらがあった気がしてならなかった。しかし、だからといって成功ではないとは言えないだろう。ベルリンの様な複雑で象徴的な都市を分析すれば、思考は必ず巡りだし、世界が急に大きく見えたりするのである。BB3
は、そのようなビエンナーレであった。

第3回ベルリン・ビエンナーレ
会期:2004年2月14日〜4月18日
会場:クンストヴェルクマーチン・グロピアス・バウアーセナル映画館
office@berlinbiennale.de
www.berlinbiennale.de

Text and Photos: Kristy Kagari Sakai

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE