トゥ・ザ・ポイント展

HAPPENING


Cartoon Logic


サブタイトル「ありふれたドローイングショーではない」。3月18日から4月10日に渡り、ステイトギャラリーで開催されている「TO THE POINT」は、ドローイングというメディアの多様性とアーティストの創造性が存分に表現されているエキシビジョンだ。ペンや色鉛筆のみならず、チューイングガムを用いてのドローイングやコラージュなどニ次元の要素に三次元的深みが加わえられている。冬から春への転換のように景色に見所たくさん!と言った感じだ。


Natasha McHardy

参加アーティストは、バンクーバーを拠点に活動するキム・ケネディ・オースティン、ナターシャ・マックハルディ、シアトルからジェフリー・ミチェル、モントリオールからカートゥーン・ロジック、そしてロサンジェルスを拠点とするヒラリー・ブリーッカー、サンディープ・ムックハージー。

淡い色鉛筆で描かれたブリーッカーの木々はカートゥーン・ロジックの細かでやや雑然的なドローイングと対称的な位置に展示されており、ムックハージーの蛍光ピンクのべラムに描かれたヒューマンフィギュアやコラージュは、オースティンのピンク&ブラックの繊細なアーキテクチャードローイングと向き合い、心地よいバランスがとられている。


Sandeep Mukherjee

そしてミチェルの中国風花瓶から散りばめられている淡い色の花のカットアウトが、上下対称的に壁に貼付けてある。またマックハルディのチューイングガム・ドローイングは、マテリアルの素質同様、腰のある作品だ。細かなテキストは、オーディエンスにパーソナルなフィーリングを与え、対照的に三次元的な作品はビューワーと作品間の空間を作り上げている。


Jeffry Mitchell

ドローイングは、考えやビジョンを直接的、即興的に描写し、ペインティングやフォトグラフにはないデリカシーをもたらす。下書きや草案として使用されてきたメディアが、淡い色合いと洗練されたラインやストロークにより、完成度の高い作品をつくりあげる。デリバレイトかつバラエティに富んだ表現可能な域に、現代アートのメディアに対する柔軟性や多様性、そして可能性が感じられる。


Sandeep Mukherjee

バンクーバーのサウスグランビルに位置するステイトギャラリーは、国内、海外の新鮮なコンテンポラリーアートを紹介するプライベートギャラリーである。カラーテープやカラフルな糸をマテリアルに描くミゲル・ダ・コンセイチオや、インクジェットカラープリントによるパノラマフォトを製作するダニー・シンガーなど、常に洗練されたアーティストの作品を紹介している注目のベニューであるといえよう。

TO THE POINT
会場:STATE gallery
住所:Upper floor, 1564 W. 6th Ave. Vancouver, BC V6J 1R2
TEL:604-632-0198
info@state-gallery.com
www.state-gallery.com

Text and Photos: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE