新矢千里「想像する物語」展

HAPPENING

シフト3月号でカバーデザインを手掛けてくれた、札幌在住のイラストレーター、新矢千里が、ソーソーカフェにて3月、「想像する物語」と題した展覧会を開催。この展覧会のコンセプトは、物語から「言葉」を無くし、イラストだけで構成した絵本で、作品を観た人がストーリーテーラーとなり見たまま感じたままに、そこに物語や言葉を想像してほしいというもの。そのオープニングイベントでは、ビジュアルクリエイター太公良、サウンドクリエイター浜里堅太郎をゲストに迎え、ファンタジックな夜をプレゼントしてくれた。


パーティーの前半は、SALマガジン/ニッポニアエレクトロニカの浜里堅太郎による音と映像のパフォーマンス。

昔、ステレオのスピーカーを購入すると、そのデモンストレーションのためのレコードがついてきたというのはご存じだろうか?まさに彼はそれを、彼の作るサウンドと映像をユーモアたっぷりにミックスしてデモンストレーションした。ステレオのしくみを説明する声は、NHKの真面目なベテランアナウンサーのような声で、音はビートのきいたエレクトロニカ、そしてスーツに身をまとい眼鏡をかけたサラリーマンが、ディスコでノリノリに踊っているシーンが印象的な、良い意味で古さを感じさせる映像との組み合わせが、今までに見たことのない新鮮さを与えていた。他にも、ニュース番組のオープニングとサウンドとのコラージュも興味深かった。おそらくその映像だけを見たら、特に気にもとめないであろう映像なのだが、彼の手にかかると特別な物に見えてくる。パフォーマンスを楽しみながら、彼の頭では、いつもこんな風に物事が映っているのかもしれないと考えてしまうほどだった。

パーティーの後半は、メインの3人のコラボレーション。太公良も、以前ソーソーカフェにて展覧会を開いたことのある、東京で活動するビジュアルクリエーター。この日は、新矢千里とのコラボレーションで、マック+プロジェクターによるライブドローイングパフォーマンスを見せてくれた。これは、2人がそれぞれその場で作品を制作し、それがプロジェクターで投影され1つの作品が完成していくというもの。浜里は、ここでもサウンドを担当。

新矢と太公良は、それぞれ自分のマックに様々な素材を準備してきており、約10分交代でプロジェクタと接続されているマックの前に座り、それぞれの素材をコラージュしていき、もう1台のマックで待っている間は、その場で部品を作ったりもしていた。側で見ていた私は、幼い頃に良く見ていた子供向け番組のお兄さんとお姉さんを思い出してしまった。目の前で、おとぎの世界に迷い込んでしまったような絵ができあがっていく様子を見ていて、とてもワクワクしてしまった。

制作を続ける2人もお互いの予想出来ない展開もあったのかもしれない。様々な表情を見せながら、創作を続けていた。観客も、完成する絵がどのようなものになるのかという期待とともに、何かストーリーが隠されているかのようにも見えるこの絵に、物語を想像していた人もきっといるはず。

ファンタジックなおとぎの世界に入り込んでしまったような感覚を与えてくれた要素として忘れてはいけないのが、浜里の音の演出だ。2人が作り上げていくイラストの展開に合わせて、かわいらしい音、ちょっとミステリアスな音、そして時には、電子辞書の発音機能を使って色の名前やカタチなどのグラフィック用語を連発したりもしていた。後で、新矢と太公良に聞いてみると、「紫は、今使いたくないけど、でも紫って言ってる!」というように、かなりその声に影響を受けたようだ。

物語のラストでは、大きな黒い魔物(?)がスクリーン上に現れ、終わりを告げた。カラフルな世界の中に現れたその魔物と共に、観客それぞれの心の中でも十人十色の物語の結末があったに違いない。

新矢千里展覧会「想像する物語」
会期:2004 年3月1日(月)〜30日(火)
会場:SOSO CAFE (ソーソー・カフェ)
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL :011-280-2240
営業時間:11:00〜21:00
入場無料

Text and Photos: Naoko Fukushi

新矢千里が挿し絵で参加した、ドイツのゲシュタルテンのグリム童話集「GRIMM」は、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE