エル・コレクティボ・デ・ジュリアン

PEOPLE


「僕は、自分の存在したところに何か跡を残したい。僕が確かにここに居たということを、誰かに知ってもらうために。」 (El Colectivo de Julian)

エル・コレクティボ・デ・ジュリアンは、ここブエノスアイレスで今、これぞ音楽と言われているバンドの1つ。彼らのファーストアルバム「Colegiales Express」を聞いてもらえば分かるのだが、ブエノスアイレスらしさや考え方を、実にうまく表現する音なのだ。もちろんこの大きな街で考え方が1つとは言わないが、土地がらで、何か共通するものがあるものだ。
このアルバムは、ブエノスアイレスの今と、バンドの作曲を手掛ける、ジュリアン・マッサルディの想いをミックスさせた作品らしい。

バンドはどのようにして、生まれたのですか?

曲を作っているうちに、バンドを組もうと思い、前に一緒にバンドをやっていたメンバーに声をかけました。最初、僕達は誕生日パーティーなので演奏をしていたのですが、しだいにコンサートをするようになりました。僕はもともと、ベースだったのですが、コンサートをするうちに、自分は実は、歌うべきだと思うようになりました。ベースを担当していたころは、前には出ずに、ベースの後ろに隠れているようなところがありました。でも、世界にチャレンジし、その保護された場所から外に出なくてはと思っていました。このバンドの初のライブは、パーティーをオーガナイズし、いくつかのバンドのためにステージを作ってくれた友人の家でした。そして2000年、サン・テルモという場所でデビューを果たしました。

バンド名の由来は?

これが、矛盾した名前なのです。もともとのコンセプトは、コンサートは毎回、何かをミックスさせたものにしようというものでした。「colectivo」という言葉は、スペイン語で2つの意味を持ちます。移動する「バス」という意味と、同じ目的に向かうグループである、「集団」という意味です。バスは、僕にとってインスピレーションをもたらしてくれる場所で、よく、詩やメロディーなどを考えるときは、バスで長い時間を過ごします。また、「集団」という意味では、普通のパフォーマンスに、何かを加えたいという思いがあったのですが、少し複雑です。僕は、ステージがあって、バンドのメンバーしか知らない曲を演奏し、曲の合間には異様な静けさ、そしてライブが終わるとバンドの友達が、アンコールをし、バンドはステージに戻ってくる。そして完全にライブが終わると、観客はミュージシャンを見送り、会場を去っていく。僕はこういう、典型的なロックコンサートが好きではないのです。最後に残るのは、空虚さだけです。そのミュージシャンと観客の間の隔たりが好きではなく、ライブを音以上のもの、ビジュアル的なものにしたいと思っています。僕達は、例えば鮮やかなブルーのバス柄のシャツを着たり、観客に混じったり、ダンスをしたりなど、比較的小さめなパフォーマンスをします。また、歌う時はマイクを使いません。観客の受け身的な概念を壊したいのです。

このバンドのジャンルは何でしょう?ロックでしょうか?

ジャンルには分けたくないです。ロックは心地よい音楽だと思いますが、興味はありません。ロックの良いところは、ある意味単純なところですが、僕は、もっとバリエーションのある音楽を目指しています。バスに乗っている時に、ウォークマンで音楽を聞いていると、リラックスでき、なんだか希望に満ちた気分になります。とても落ち着く、大好きな時間です。楽しい音楽は、明るい気分にしてくれる。音楽こそ僕の人生です。

音楽との出会いはどのように?

子供の時、僕は幼いレコードフェチだったことを覚えています。一度、レコードが太陽の熱で溶けてしまい、その姿があまりに恐ろしかったのを覚えています。木の周りで、自分がレコードになったつもりで走り廻ったこともあります。僕の兄が、家でディスコミュージックのパーティーを開いており、その当事6歳だった僕には、ワンダフルワールドでした。15歳の時、ピアノを始め、その後自分で曲を作るようになりました。

CDはどのように、販売するのですか?

多くのインデペンデントなバンドを抱える、比較的新しいレコード会社、「インデペンデント・ミュージシャン・ユニオン」と契約しています。素晴らしいアイデアを持ったレーベルです。

何か背景に隠されたメッセージはあるのですか?

コンサートでも、生活でも受動的な姿勢には反対です。本物の人生は、コンサートの外で起きている。だからこのアルバムを通して、それを伝えたいと思っています。

信じられないくらいに素直な詩と、控えめなのに深い意味をもつ言葉で表現する彼らのアルバムは、大変注目を集めている。このアルバムは、「2001年12月19日、20日の精神を持ち続ける人たち」に捧げられたものでもある。その日は、人々が通りに溢れかえり、権利を主張した、アルゼンチンに革命が起きた日。その時、ブエノスアイレスの雰囲気は普段とは全く異なる、政治的に揺れ動く都市と化した。

では具体的に、どのようにですか?

ちょっと曖昧なところがあるのですが、自分を取り巻く世界に目を向けたいとは思いますが、僕はそれほど政治的な意見を持っているわけでもありません。アートと創造を通して、世の中を批判したい。世界を変える何かを実際に作り上げる人を尊敬しています。ある曲の中で、「アートをとったら、僕には何もない」と歌っています。僕にとってのアートとは、音楽だと思っています。音楽で世界は変えられない。もし、貧しい人々と共に働いて、時間を過ごせば、可能かもしれない。そういう人たちをとても尊敬します。でも僕にできる事は、このささやかなアルバムです。あの革命は、僕は確かにこの場所にいるのだ感じさせてくれた出来事でした。それ以前は、自分は見知らぬ土地の者のように感じていました。

次のプロジェクトはどのようなものになる予定ですか?

サウンドを、ドラムを抜いた軽いものにしていこうと思っています。ゲリラライブもやりたいと思っています。音、パフォーマンス、ユーモア、ノイズなどで、実験的な事もやっていきたいです。多様性のある音楽を作りたい、それが今、僕が強く思う事です。

私は今、「Colective」のCDをウォークマンで聞いている。周りでは、世界はいつもと変わらず、めくるめくスピードで過ぎていく。ヘッドホンから流れてくる、柔らかく、希望に満ちた声に耳を傾ける。- ジュリアンのバスへようこそ。ここで僕達は、1日の終わりを待ちわびながら口笛を吹き続ける。何も語らずに。- 私はそれを聞きながら、一緒に口ずさむ。彼らの曲は、世界の明るい一面を教えてくれる。一太陽の下を歩きたい。また新しい1日がやってくるのを恐れずに、海辺の道を歩き続けたい。一と私は歌い続けた。
通りでは、まだ人が忙しく行き交っている。彼らの音は、不可能なことはないもうひとつの世界へと導いてくれるような気がした。

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE