ロベルト・バガッティ

PEOPLE


レストランでチキンカレーを一緒に食べ、ワインを飲みながら、イタリアのデザインシーンを語る。ミラノのいつもと変らぬ、晴れた日だった。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

ロベルト・バガッティ。ロンドンで1971年に生まれ、1982年にイタリアへ移りました。僕はたくさんの、コミックやテレビ、映画とともに育ちました。例えば、「Swamp Thing」や、レイモンド・ブリッグの「Fungus the Bogeyman」などは思い出深いです。グラフィックデザインの勉強は、13歳の時に始めました。未だにマンガや、奇妙でかっこいいSFも大好きです。もちろん実験的な音楽は言うまでもないです。特に、コンテンポラリークラシック、サイケデリック、日本のノイズなど。エレクトロニックミュージックやヒップホップも好きです。こういったものに、ここ数年影響を受けています。

よくネットサーフィンをして、ウェブデザインのコミュニティで何か面白いことが起こっていないかチェックしているそうですが、ウェブで見つけたものからインスピレーションを得ることは多いですか?他によくインスピレーションを得るものがあれば教えてください。

ウェブは様々なタイプの実験が繰り広げられる、興味深いメディアですが、僕はウェブだけではなく、いろいろなものからインスピレーションを得ます。ウェブはどちらかというと、インスピレーションを与えてくれるものではなく、運んでくれるものですね。僕はもっぱら、音楽です。そして、ときどき映画や、コミック、ゲーム、おもちゃからインスピレーションを得る事もあります。ホアヒオのアルバムやトレジャーの出すゲームからも影響を受けました。あまり、テレビの世界には踏み込まないようにしています。あまり作品を入り組んだものにしたくないので。ただ、ネットサ−フィンをしていて、それまで知らなかったデザイナーを知ることはあります。例えば、トリス・コーシロー、ピート・ファウラー、エリック・ソーなどです。

自身の作品は、アートだと思いますか?それとも、何かクールなもの、トレンディなものと捉えますか?

僕は自分の作品をアートだとも、クールとかトレンディとも思ってないです。僕は、デザイナーで、仕事の内容に応じてデザインをする。もし、仕事を個人的な志向で制作できるのであれば、そうしますが、僕は常にデザインする理由や目的を考えています。ただ、楽しむ事は大事だと考えています。もし楽しくなければ、たいてい良いものはできません。僕のデザインするものが、クールとかトレンディという言葉で表現されるというのは、想像もできません。僕の作るものは、僕の住んでいる世界、見るもの、読むもの、聞くものを表現しているからです。クールでもトレンディでもない僕の日常。いろいろなメディアに興味のある、1人の男の日常です。物に対しても、流行っているから、という基準で見たり聞いたりするのではなく、僕が好きか嫌いかが基準です。

最近では、ベニスで開かれたボールド・エキシビジョンでポスターを発表していましたが、作品はMTVの仕事から影響を受けていますか?

いえ、MTVからというよりは、僕の聞く音楽からと言ったほうが適切です。アシッド・マザーズ・テンプル、ルーエンズ、ハコ、ボアダムズなどの日本のノイズミュージシャンがいなければ、このプロジェクトは生まれていないです。MTVのために制作したプロジェクトは、MTVが長年作り上げてきた世界にもとづいています。なので、それにはMTVの「色」みたいなものがありますが、個人的なプロジェクトでは、コンセプトも違うし、作風も全く違います。

現在はどのような活動をしていますか?そして次はどのようなプロジェクトを考えていますか?

現在は、MTVの仕事(オープニングタイトルとショーグラフィック)と、僕の個人的なプロジェクト「バクテリア」を進めています。アイデアに行き詰まってしまい、リフレッシュさせるために、バクテリアの活動を一時ストップさせなくてはいけない時期が前にありました。「New Japanese Music Festival」を見てから、色彩を豊かにし、資本主義やグローバルブランディングに対する風刺的なアプローチを減らすという、新しい方向へとプロジェクトを進める事ができました。今は、サイケデリック的なデザインになってきています。今年はついに、バクテリアのホームペ−ジ「Beetoe.com」を更新できそうです。

Text: Simone Biffi from Troopdesign
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE