香港 アート・ビエンナーレ 2003

HAPPENING


ホンコンにも、他地域でも行われているような、未発掘のローカルなアーチストに表現の場を与え、育てるという目的のもと開かれている、展覧会がある。ホンコン・アート・ビエニアル・エキシビジョンは、誰でも参加可能なコンペティションから選ばれた作品の展覧会だ。

1975年に始まったこのエキシビジョン。 今年は、SARS の猛威の直後に開催されたため、展覧会自体にも特別な意味合いが込められ、応募作品にも、 SARSの悲劇を表現したものが多く見られた。一方でその悲劇は皮肉にも、様々な作品形態やアーチストが集まり、アイデアが交換され合う機会ともなった。

入賞作品も含めた、全ての展示作品は、国内外の審査員により選出された。審査員の顔ぶれは、国内から6人、海外から6人という構成だった。彼らは、応募作品の審査や選出以外にも、ホンコンのアートシーンについて意見を交わしあい、展覧会を訪れた人は、ホンコンの現代アートカルチャーの概要を深く知ることができたようだ。

この展覧会は、主に3つのパートに分かれている。1つは、中国の伝統的なアート作品で、中国特有の絵画やカリグラフィーの部門。他の2つでは、インスタレーション、ニューメディア、インタラクティブなどが見られた。さらに、これらの作品は、ホンコンアートシーンの最大の特徴とも言える、中国と西欧文化の融合を表現しながら、また同時にアーチスト自身の熱意が表れていた。

審査員の1人である、ピ・ダオジン(南中国ノーマル大学・美術学部教授)も同じようなコメントをしている。「“東洋と西洋文化の多様性、ダイナミズム、バイタリティの融合と統合”が、私のホンコンアートの印象です。」また、同じく審査員の、チョイ・ヤンチー(ホンコン・バプティスト大学音楽・ファインアート学科講師)は、ホンコンのアーチストの考え方について、興味深いコメントをしている。「ホンコンの都会文化が、テーマ選びに良い意味で影響するとは限りません。注意深く観察しなければ気付かないような、特別な良さ、質があってこそなのです。」

今年、この展覧会は 「第50回 ベニス・ビエンナーレ」で行なわれた、パラ・サイト・アートコレクティブによる、「ナビゲーティング・ドット」と題する、ドキュメンタリー的な展覧会を特別に取り上げた。これは、国際的なプラットフォームでホンコンを代表する展覧会の1つだ。ここでは、グローバルレベルでのアーティスティックな視点は、国や文化の境界を越え、文化やアートでの交流を深められるのだということが、上手く表現されていた。

境界がなくなり、それぞれが尊重し合い、ホンコンと世界のアート交流がもっと深まることを期待している。

さて、今年のアート・ビエンナーレの受賞者10人を紹介しよう。

ヤット・サン・ワン
Diamond Sutra in Small Regular Script 2002
ハンギングスクロール

キン・ヤット・ウー
Waywards
カラープリント

クオン・チュン・チェン
This is an orange 2003
カラープリント

ライ・クエン・ワン
Monuent / Anagama in Shigaraki 2003
陶器、磁器、セメント

スーン・ウェイ・スー
Naboon Dragonfly 2002
木材、プラスチック、モーター、ライト

スー・ティン・ツィ
Attire
磁器

シーマン・ホー
A Tree to be Found 2003
ミックスメディア

The Duo Clubs
インク、ダンボール

フュン・イ・マン
Twinkle Twinkle Little Star
木材、絹

ヘクター・ロドリゲズ
Res Extensa 2003
デジタルム−ビングイメージ


Hong Kong Art Biennial Exhibition 2003

日時:2003年11月21日〜2004年2月1日
会場: Hong Kong Museum of Art
住所:10 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
http://hk.art.museum

Text: Mlee and CC from Shellmoonsite
Photos: Courtesy of the Hong Kong Museum of Art
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE