東京ドール・ショー

HAPPENING


最近、友人のデリック・ホッドソンに勧められ、トロントのデザインエクスチェンジセンターで開催された、「東京ドールショー」を訪れてみた。

カプセル・トイの大流行にみられる、新しい動きには、気になっていた。しかし、それがエキシビジョンになるとは、思っていなかった。ここにある写真は、僕が気に入った中のほんの一部だ。木材から、いろいろなタイプのプラスチック、そしてぬいぐるみと、実に幅広い素材とスタイルの作品を見てまわるのは、非常に楽しかった。確かに、このようなアーティストたちは、人形とおもちゃの世界を再定義している。イラストレーターでありデザイナーである僕としても、古いメディアビジネスの型を壊したこのエキシビジョンで、インスピレーションを得た。

このエキシビジョンのウェブサイトをチェックしてみると、次のようなことが書かれていた。「現代の人形はその形、スタイル、日本のアンダーグラウンドなポップカルチャーという、カルチャー言語を表現する為に作られている。日本とカナダのオリジナル人形達をこのエキシビジョンでは紹介し、アート、デザイン、商品の境界線を模索する。」ウェブサイトでは、ショーで紹介された人形を見ることができる。

参加アーティストは、アンザイ・アラタ(東京)、アラカワ・ジン(東京)、アインシュタイン・モバイルカー(東京)、ホボヤード(トロント)、イノウエ・マサカズ(長崎)、キタ・ユキ(千葉)、ナカガワ・タケジ(長野)、セス・スクライバー(トロント)、セキグチ・ヒロユキ(埼玉)、ナカノ・カツトシ(愛知)、キリコミック(東京)、オオクボ・キョウコ(東京)、ヤマギワ・マツヒロ(東京)、タカハシ・ノブユキ(埼玉)、オキコキコ(東京)、ワンダーファーム(埼玉)。

東京ドールショー
会期:2003年10月8日〜10月26日
会場:デザインエクスチェンジセンター
住所:234 Bay Street, Toronto Dominion Centre, Toronto
TEL:416-363-6121
info@dx.org
www.dx.org

Text: Mikey Richardson from Amoeba Corp and Sandi Gidluck
Photo: Sandi Gidluck
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE